2016年6月13日更新

アメリカンボブテイルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

猫との生活を始めた方も、これから始める方も出来る限り一緒にいたいと考えるのは、飼い主には当然の心情でしょう。少しでも一緒にいるために、健康や高齢化にも関心が集まっています。

猫種ごとに注意すべきポイントがあるでしょう。
アメリカンボブテイルは、どんなところに留意すればよいでしょうか?

画像出典:PROtorbakhopper

アメリカンボブテイルの平均寿命は?

猫全体の平均寿命は、雑種や純血種によっても変わりますが、15歳前後と言われています。
アメリカンボブテイルの平均寿命は、12歳~15歳前後なので、猫全体と比べると同じくらいか少し短い印象でしょうか。

あくまでも平均なので、人間と同じく生活習慣によって長くも短くもなるでしょう。

長寿のポイントは?


画像出典:torbakhopper

アメリカンボブテイルのかかりやすい病気は?

アメリカンボブテイルは、慎重に交配されてきた猫種なので、遺伝的疾患なども少なくなっています。

皮膚疾患

命の危険性は少ないですが、皮膚疾患にはご注意ください。
適度なブラッシングをしてコミュニケーションをとりつつ、皮膚に異常がないか確認をしましょう。

早めに発見することで、進行を防ぐことができます。頻繁に体を掻くなどの変化があったら、獣医に相談をすると安心です。

尿路疾患

尿路疾患などの高齢になると猫全般が、かかりやすい病気にはご注意ください。

後述しますが、猫の死因は腎臓疾患がもっとも多いと言われています。
肥満などの影響が、人間や犬よりも少ないと言われている猫ですが、腎臓疾患は多いようです。

腎疾患

猫の一番多い病気は、腎臓疾患です。

メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。神前疾患の予防策として、意識的に水をたくさん取らせるようにしましょう。

そのために、室内には数カ所の水飲み場を設置してあげられると、効果的です。
容器も場所によって、変化を持たせると良いでしょう。

キャットフード

現在与えているキャットフードには、どんなものが入っているかご存知でしょうか?

キャットフードの中には、アレルギー物質が含まれていたり、信じられないようなものが入っていることもあるようです。
一度、現在与えているキャットフードの内容物を、詳しく調べてみてください。

様々なところで販売されているキャットフードですが、中には破格の物もあります。
高級だから良いとは言えませんが、あまりに破格すぎるものにはご注意ください。
負担にならない程度の価格で、栄養価の高い物を与えられると良いでしょう。

環境と水


画像出典:torbakhopper
アメリカンボブテイルは体力もあり、活発な性格です。好奇心も旺盛なので、室内でもたくさん運動ができる環境を整えてあげましょう。

また、室内飼いを徹底することも重要です。一度外へ出してしまうと、帰ってこないこともあります。
室内飼いを徹底できれば、それだけで寿命は数年延びます。

アメリカンボブテイルと長く一緒にいるために

アメリカンボブテイルは、慎重に交配が進められている猫ですが、中には心無いブリーダーなどもいます。

そういったところから購入してしまうと、何らかの疾患が出る可能性もあります。そして、遺伝的な疾患がないからこそ、高齢になってきたら排尿時にも観察をしましょう。

普段と様子が違うようなら、動物病院へ連れていけると安心です。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ベンガルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、猫ブームの影響もあり猫の健康に関心が高まっています。健康を意識しているためか、猫も高齢化となっているようです。キャットフードの種類も多様化していたり、環境も整備されているおかげか、……

キャットフード

【獣医師監修】猫はネギを食べても大丈夫?ネギは猫に与えてはいけない野菜です

猫は自分好みの食べ物かどうかを匂いで判断します。そのため野菜などを進んで口にすることは少ないといって良いでしょう。しかしながら好物の肉や魚に混じっていたら危険な野菜でも口にしてしまう可能性が……

猫に必要な栄養

日本の猫のために日本のメーカーが企画。「カントリーロード」のキャットフード

日本の猫は遊び場が狭いために運動不足になりがちですし、去勢、避妊していて太りやすいという傾向があります。「カントリーロード」はこうした日本特有の事情や環境で生きている猫のために脂肪、低カロリ……

キャットフード

バーマンの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、猫ブームとも言われ、猫の高齢化とも言われています。長い猫では、26歳まで生きることもあるようです。 健康で長生きしてもらうためには、どのようなことに気を付けると良いでしょうか? ……

キャットフード

【獣医師監修】猫はお刺身を食べても大丈夫?食べ過ぎはマイナスになるので与える場合は少しだけに

新鮮で美味しいお刺身。人間が食べている時に愛猫にねだられて一切れ上げたり、猫の誕生日やご褒美にお刺身を買ってあげる飼い主さんもいるのではないでしょうか。ところが意外なことにお刺身は猫にとって……

キャットフード