2017年3月1日更新

ペットにも花粉症があるのを知ってる?いまや人間だけじゃないペットのアレルギー事情

一昔前まで、アレルギー症状で獣医に行っても「ペットはアレルギーにならない」と言われることが少なくありませんでした。ペットが人間のアレルギーの元になることはあっても、ペット自身が花粉症になったりアレルギー性の皮膚炎になることはないと信じられていたのです。しかしながら最近ではペットがアレルギーにかかることは一般の飼い主さんの間でも認識されるようになってきています。今回は、「ハートのペット保険」でおなじみのアイペット損害保険株式会社のアンケートデータを参考にペットの花粉症について探ってみましょう。

「ペットも花粉症になること」を知っている飼い主さんは約半分

いまや国民病とも言われる花粉症ですが、ペットも花粉症になることを知っている飼い主さんは48.3%(データ1)、約半数でした。

画像出典:PR TIMES
さらに飼い主さん自身に花粉症の症状があるかどうかのクロス集計では、自身に花粉症の症状がある飼い主さんの場合は56.3%が「ペットが花粉症に罹る事実を知っている」と答え、平均を上回りました。

これに対して、花粉症の症状のない飼い主さんの場合、「ペットが花粉症になる事実」について知っている割合は37.1%とぐっと下がり、花粉症に罹っているかどうかわからない飼い主さんに至っては知っている割合はわずか16.0%でした(データ2)。
やはり、自分が花粉症だと、花粉症に関する興味や知識が高まるため、ペットの花粉症にも気付きやすいということなのでしょう。

画像出典:PR TIMES

ペットが花粉症の場合、どんな症状が出る?

それではペットが花粉症になった場合、どんな症状が出るのでしょうか?飼い主さんに「春秋の花粉シーズンにペットに見られる症状」を尋ねたところ、一番多かったのがくしゃみ。
44.1%の飼い主さんが花粉シーズンのペットのくしゃみに気付いています。その次は鼻水で26%、涙、目が赤いなど目の症状が13.8%と続きます。アンケートは複数回答ですので、複数の症状を発症するペットもいることでしょう。

くしゃみや鼻水のような症状がないと答えた飼い主さん42.8%だということから考えると、ペットの約半分が花粉シーズンに何らかのアレルギー症状を起こしていることになります。これは人間と比べてもかなり多いと言えるのではないでしょうか。(データ3)

画像出典:PR TIMES

散歩時間は花粉の飛散量に影響する?

花粉の飛散量が多い日と少ない日の散歩時間について飼い主さんに質問した結果を見てみましょう。まず、自身が花粉症の飼い主さんの場合、飛散量が少ない日には10分~30分未満、30分~1時間未満と比較的長めに散歩する割合が多かったのに対し、飛散量の多い日には散歩を10分以内にする、もしくは散歩をやめるという割合が増えているのがわかります(データ4)。自分が花粉症の場合、散歩する飼い主さんが辛い思いをしなければなりませんので、これは当然のことでしょう。

画像出典:PR TIMES
面白いのは、自身に花粉症の症状がない飼い主さんの場合、飛散量の多い日の方が、長い時間散歩する割合が多いこと。例えば、花粉の飛散が少ない日に10分~30分未満散歩する飼い主さんが46.0%であるのに比べ、多い日には50.0%に増えています。30分~1時間未満の散歩をする割合も、飛散量が少ない日に比べて多い日の方が増えているのです(データ5)。これは花粉症のない飼い主さんは花粉を気にしないため、飛散量の多い日、つまり天気の良い日により散歩を楽しんでいるといえるのではないでしょうか。

画像出典:PR TIMES

ペットが花粉症の場合、どんな対処をしている?

ペットが花粉症だと認識している飼い主さんは一体、どんな対処をしているのでしょうか。飼い主さんにペットの花粉症対策を聞いたアンケートでは、最も多かったのが「家に入る前にブラッシングや体を拭く」(54.2%)という答え。その後は「空気清浄機を使う」(45.8%)、
「ペットとの外出時間を短くする」(36.7%)と続きます(データ7)。

家に入る前に花粉を落とす、空気清浄機を使う、外に出る時間を減らす、花粉に触れないようにするなどの基本的な対処方法は、人間の花粉症の場合とほとんど変わりません。ペットの暮らしが人間に近づいている昨今ですが、花粉症のような分野でもペットと人間との共通項が増えているのですね。

画像出典:PR TIMES

ペットの花粉症はこれから当たり前になる


人間の場合、5人に1人は花粉症だと言われ、いまや花粉症を知らない人はいません。ペットの場合も人間と同じように清潔な室内で生活し、食べ物が贅沢になったことは花粉症と無関係ではないでしょう。大切なのは、飼い主さんが「ペットにも花粉症がある」という認識をもつこと。そして、ペットに花粉症を疑う症状が出たら、獣医さんで診てもらうことでしょう。人間と同様、花粉症を予防する策を講じればペットの花粉症も少しは楽になるのではないでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

動物愛護に真摯に取り組む企業の様々な活動をご紹介します。

動物愛護に力を入れている企業を知る機会は少ないですが、実は多くの企業が動物愛護の活動に取り組んでいる事が分かりました。 今回は動物愛護の精神を持ち活動をしている企業にスポットを当ててご紹介……

犬のニュース

犬たちが最期まで幸せに暮らせることを願って。老犬ホーム情報サイト「老犬ケア」の提携ホームが国内最多の30施設に!

飼い犬の寿命が延びたことで、浮き彫りとなっているのが愛犬の介護問題です。愛犬が長生きしてくれること自体は嬉しいことですが、認知症になったり、足腰が弱くなったりした犬を介護する負担が飼い主さん……

犬のニュース

犬の仕事NO.1警察犬っていつから始まったの?警察犬の歴史、資格、指定犬種について

犬の仕事で最初に頭に浮かぶのは警察犬でしょう。人間の5000倍~6000倍とも言われる嗅覚を活かした追跡調査や健脚を活かした追跡捜査などは犯罪解決に大いに役立っています。ところで警察犬とはい……

犬のニュース

人手不足の動物医療に一石を投じることができるか?動物病院の求人に特化したサイト「シグニキャリア」

犬業界に身を置いているとよく話に上がってくる人手不足。獣医師やトリマーともに人手不足は否めません。 犬業界における(特に獣医師やトリマー)課題の中で、一番重要視されているのが人材採用と……

犬のニュース

自分がもしもの時に愛犬を救いたいなら、愛犬の為の意思表示カード!【無料ダウンロード】

実際には決して起こって欲しくない事ですが、自分がもし外出中に大きな事故に巻き込まれて大怪我を負いそのまま入院、最悪の場合亡くなってしまったとしたら・・・家に残して来た大切なペットのケアをして……

犬のニュース

愛犬家には嬉しい!NYの法案がまもなく実施

世界有数の愛犬国であるアメリカ。 昨年の10月にニューヨークで愛犬家には嬉しいとある法案が可決されました。 どんな法案? 「Dining with Dogs(犬と食事)」というこの……

犬のニュース

お世話が大変?それでもやっぱり犬を飼いたい6つの理由

昔は人気ペットNO.1だった犬。最近ではワンルーム住まいやひとり暮らし、高齢の飼い主さんでも飼いやすいという理由から猫に人気が集まる傾向があり、猫の飼育数は犬の飼育数を上回る勢いです。しかし……

犬の雑学

愛犬の足腰を考えた「滑りにくいフローリング床」新登場!

画像出典:PR TIMES 愛犬を室内で飼う飼い主さんが増えたことで感染症などに罹る犬の数が減り、犬の寿命は年々延びてきています。しかしながら、その反面、室内飼いならではのトラブルもないわ……

犬のニュース

2016年6月2日(木)~6日(月) GINZA DOG & CAT LOVERS FESTA

イベント内容 【ファッションショー】 ○コレクション1 フライデーナイトコレクション 日程:6月3日 17:00~19:00 ○コレクション1 ウィークエンドコレクシ……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】犬と過ごす為の10年先を見られますか!?

飼い主として犬と接して14年。 小学生の頃に犬を飼っていた経験があり、自立をしたらどうしても犬を飼いたいと思って大阪で出会ったのが彼女! 今思えば考えられませんが生後2カ月にも満たな……

犬のニュース

【愛犬と過ごすハロウィン!】愛犬のためのワイコイン料理教室

当イベントは大好評にて終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。 当日の様子はよろしければこちらからご覧ください♪ http://pet-seikats……

犬のニュース

愛犬、愛猫の健康のために「健康日記」をつけよう

ペットを検診や病院に連れて行った時に獣医さんから細かい症状や発症の時期を聞かれて困ったことはありませんか? 近々のことなら記憶も確かですが、数か月前のことになると記憶があやふやになって……

犬のニュース

後世に名前は残るけれど、かなり気の毒。人間より先に宇宙へ行った犬、猫、猿の話

1961年にガガーリンが人類で初めて宇宙飛行に成功して以来50年以上。これまでに多くの宇宙飛行士が月に行ったり、宇宙ステーションで生活しながら実験や作業を行ってきました。 しかしながら……

犬のニュース

これなら勉強も楽しくなる?ウチのペットが学習帳の表紙になる!

画像出典:PR TIMES 大好きなペットの写真を使って愛犬、愛猫グッズをオーダーメイドできるサービスは、飼い主さんの間で根強い人気があります。トートバッグやクッション、Tシャツ、マグ……

犬のニュース

犬猫の病気や事故を事前に防ぐプロジェクト「うちの子HAPPY PROJECT」スタート!

画像出典:PRTIMES 愛犬や愛猫の身におきる不慮の事故や病気は、ペット本人だけでなく、飼い主さんにも大きなダメージがあります。多くの飼い主さんが「もっと気をつけてあげられたのに」という……

犬のニュース