2016年12月22日更新

ペットは8週齢まで親元に!「8週齢規制」札幌市で全国初めて条例化

子犬や子猫の成長には母親の存在は不可欠です。特に生後8週間は、人間との生活に無理なく馴染める社会性を身につけ、健康な体を作るためにも親兄弟と一緒に過ごすことが望ましいとされています。2013年9月1日には動物愛護法の改定により、子犬、子猫を56日間親元で過ごさせる「8週齢規制」が定められました。しかしながら、この措置には緩和条件が付帯しており、実際には8週より短い45日程度でも売り買いができると解釈されてきました。そんな中、札幌市が全国で初めて「8週齢規制」を条例に盛り込み話題を呼んでいます。今回は、「8週齢規制」と札幌市の取り組みについてご紹介しましょう。

「8週齢規制」とはどんな規則?


人間と同様、犬や猫の場合も生まれてからすぐに、親元から離れてしまうとその後の成長に大きな影響があると言われています。子犬や子猫は生後8週間の間に親や兄弟と過ごすことで攻撃する際の手加減や仲間との共生などの社会性を身につけていきます。

また、医学的にも生後すぐに母親から飲ませてもらう母乳には幼い動物を病原菌から守る免疫力があると言われていますが、この効果は約8週間続くと言われています。こうした具体的見地から定められたのが、動物保護法の「8週齢規制」です。「犬猫等販売業者(販売の用に供する犬又は猫の繁殖を行う者に限る。)は、その繁殖を行った犬又は猫であって出生後56日を経過しないものについて、販売のため又(また)は販売の用に供するために引渡し又は展示をしてはならない」という法律でした。

せっかくの法律に実は抜け穴が!

しかしながら、この法律にはブリーダーやペットショップに配慮した抜け穴がありました。同じ動物愛護法の中には別に「法施行後3年間は45日、その後法律に定める日までの間は49日と読み替えて適用する。」という条項が設けられています。この条項に従えば2016年8月までは45日、それ以降でも暫定的に49日になったら子犬、子猫を販売しても良いということになり、せっかくの「8週齢規制」は実は絵に描いた餅になってしまっていたのです。

ちなみに欧米では「生後8週間はペットを親元で育てること」という規制が常識として守られており、8週齢前に子犬や子猫が売られることはありません。

札幌市が条例で塞いだ抜け穴

あやふやな状況が続く中で注目されたのが、北海道札幌市の議会に提案された条例案。この条例では、「犬と猫の飼い主(ブリーダーやペットショップ含む)に対して生後8週間は、親子を共に使用するように努めることを義務付ける」と一歩突っ込んだ表現になっています。

現在、札幌市ではブリーダーやペットショップに「犬猫等健康安全計画」の提出を義務付けていて、そこに生後何日まで飼養したのかを記入するように指導していますが、条例施行後はその日数が「8週間以上」になるようさらに指導するとのこと。8週に満たない子犬や子猫を売る業者には一層厳しい目が向けられるようになるでしょう。この条例については自民党、民主党・市民連合、公明党が党派を超えて賛成の意向を示していますので、条例施行の可能性は非常に高いと言えるのではないでしょうか。

「8週齢規制」は他の自治体にも広がるか?

「8週齢規制」を現実的に意味のあるものにしようとする動きは過去に他の自治体にもありました。例えば東京都では一部の都議や動物愛護団体が2013年~2014年にかけて都条例による「8週齢規制」の実施を試みましたが、「地方自治体の条例を国の法律を上回る内容にすることはできない」という理由で実現しませんでした。

大阪府でも同様に「8週齢規制」を条例化することを模索していますが、国の法律が49日ルールを認めていることが壁となって条例化が進んでいない現状があります。国の法律に一歩先んじた札幌市の動きはこうした状況に影響を及ぼす可能性がある事例として、今後注目を集めるでしょう。

何よりも生まれてくる子犬、子猫のために


「8週齢規制」の必要性についてはその真偽を問う声もあがっていますが、子犬や子猫にとって生後しばらくは親と一緒にいた方が良いことは多くの獣医師が認める事実です。幼い方が売れるからと、2ヶ月足らずでショーケースに入れられ、売りに出されてしまう現状はやはり再考しなければならないでしょう。長い目で見れば飼い主さんにとっても社会性があって健康に育った犬や猫の方が良いはずです。札幌市の動きが今後どのように発展していくのか見守りたいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ペットそっくりの人形が作れる! 羊毛アートの始め方・作り方、オーダー方法について

羊毛アート…何だか聞きなれない言葉ですが、今この羊毛アートが、ペットの飼い主さんの間で密かに話題をよんでいます。 羊毛アートとは、羊毛フェルトを使って本物そっくりの動物の人形やキャラク……

犬のニュース

【楽しいボーナス】ペットのためにちょっと贅沢品をいかがですか?

そろそろボーナスの季節。使い方は決まっていますか?今回はペットのためにボーナスを使おうと思っている方へ、普段は買わないちょっと贅沢グッズをご紹介します! いつもより豪華なおやつ! い……

犬のニュース

犬たちが最期まで幸せに暮らせることを願って。老犬ホーム情報サイト「老犬ケア」の提携ホームが国内最多の30施設に!

飼い犬の寿命が延びたことで、浮き彫りとなっているのが愛犬の介護問題です。愛犬が長生きしてくれること自体は嬉しいことですが、認知症になったり、足腰が弱くなったりした犬を介護する負担が飼い主さん……

犬のニュース

【難問!?】あなたは見分けられる??ミニチュア・ピンシャーとトイマンチェスター・テリアの違い。

小さなドーベルマンのような見た目のミニチュア・ピンシャーとトイマンチェスター・テリア。 どちらの犬種にもブラックアンドタンと呼ばれる、黒と茶色の毛色を持った子がいて、とてもよく似た姿を……

犬のニュース

犬好きのパートナーを見つけたいなら参加してみて!今話題の犬コンとは?

犬を飼ってしまうとどうしても犬中心の生活になってしまう飼い主さんが多いのではないでしょうか?パーティや食事の誘いがあっても家で待つ愛犬が気になって断ってしまったり、パートナーを見つけても相手……

犬のニュース

夏の犬の散歩は要注意! 猛暑で72%の犬に火傷のリスクが…?

暑い季節になると問題になるのが、愛犬の散歩の時間。 早朝でも気温が高く、夕方になってもまだ日は長い…そして、飼い主さんよりも地面に近い犬たちは地面からの熱をたくさん浴びるので、熱中症リスク……

犬のニュース

人間と動物との新しい関係。アニマルセラピーとは?

動物との触れ合いが人間に癒しを与えてくれることは、誰もが知る事実ですが、最近では実際に動物と触れ合える施設も増え、アニマルセラピーの世界が広がってきました。 今、アニマルセラピーの世界……

犬のニュース

人間が食べてもOK!? ドッグフード「DELI STYLE~愛犬のお惣菜」が全国一斉発売!

画像出典:PR TIMES 「食べたものが体を作る」と言われますが、これは人間だけではありません。犬だって食べ物次第で健康にも病気にもなるのです。最近では、フードの大切さに気付いて愛犬にこ……

犬のニュース

ペットの長寿のためにぜひ、受けたい。ペット健康診断「プロミペット」がサービス充実

ペットを家族の一員として大切にし、食べ物にもこだわる飼い主が増えたことでペットの寿命はかなり伸びてきました。最近では7歳以上の老犬は全体の54.6%、シニア猫は全体の42.1%を占め、高齢化……

犬のニュース

あの有名な犬や猫に会える!2月18日と19日、ナゴヤドームで東海地区最大級のペットイベント開催

画像出典:@Press 犬や猫のイベントが数多くありますが、そのほとんどが関東地区で行われます。関東まで距離があるエリアに住んでいる人たちにとっては「行きたくてもなかなか行く機会がない」の……

犬のニュース

えっ?!思っていたのと違う!飼って初めて知った犬や猫のギャップを紹介!

犬や猫を飼う前に思っていたイメージは、飼ってみてどうなりましたか?想像通り!という方のほうが少ないのではと思います。今回は飼ってみて初めて知った、犬や猫のギャップをご紹介します! 猫に対し……

犬のニュース

【きっと選びきれない!】かわいいわんこのLINEスタンプおすすめ9選

今や幅広い年代に利用されている「LINE」。かわいいスタンプがあるのは知ってるけど、なかなか探せないと少し残念ですよね。うちのペットに似たスタンプなんてないのかしらと思うことも!今回は愛犬の……

犬のニュース

【犬×企業】株式会社グッドパッチのCDOビスケさんに会ってきた

株式会社エウレカの役員犬ジョブさんにご紹介いただき、株式会社グッドパッチで同じくCDO(チーフドッグオフィサー)という役職を持つ犬『ビスケ』に会いに行ってみました!! ★ジョブさんの記事は……

ニュース

ドッグカフェやドッグランなどワンちゃんと遊べる『那須ハイランドパーク』

画像出典:PR TIMES 那須高原の大自然に囲まれた遊園地「那須ハイランドパーク」は、ワンちゃんが大事な家族の一員となっていることを受け、休日に家族全員が一緒に楽しんで頂ける日本一の……

犬のニュース

レシピもコラムも♪2015年ペット生活人気記事ランキングを一挙公開!

ペット生活の「2015年 年間人気記事ランキング」を一挙大公開します!!まずはコラム記事のTOP10をご紹介! 第1位 ◆野良猫を飼うことはできる?病気の心配は?野良猫を飼うときの注意点……

犬のニュース

【散歩を楽しく】とっておきのおすすめリード10選

犬が万一、事故などにあわないように大変大切なリード。散歩など、するときには絶対に必要なものの一つとなっています。頻繁に使うものなので、いいものを選んであげたいものです。今回は、そのリードのな……

犬のニュース

【#熊本ペット】熊本地震での「ペットの迷子」が相次いでいます。見かけた方は飼い主さんへご連絡を。

2016年4月14日(木)に発生した熊本地震で、多くのペットが迷子になっている模様です。 ペットと離れ離れになってしまっている飼い主さんは大変不安な気持ちでいらっしゃることと思います。 ……

犬のニュース

実際に飼ってみると違う?猫に対する犬の飼い主のイメージVS猫の飼い主の実感

猫を初めて飼った人から「飼ってみたら意外なことがたくさんある」という話をよく聞きます。猫は一般的にクールで気ままというイメージをもたれていますが、実際に飼ってみると必ずしもイメージ通りという……

犬のニュース

尻尾を振るのはバカにしているから?知っておきたい犬と猫の気持ち

犬と猫、大きな違いは「喜怒哀楽」のアピール力。尻尾の動きの激しい犬は気持ちがわかりやすく、あまり尻尾を動かさない猫はミステリアスだと思いませんか? 犬や猫の気持ちを表す大きな手がかりと……

犬のニュース

水遊びをするワンちゃんがすこぶる楽しそう!!

もうそろそろ夏ですね! こちらのワンちゃんはこんな水遊びの方法で楽しんでるようです! いつ水くれるの?? みたいな感じでワクワクしてるワンちゃんを見てると何度もしてあげたく……

犬のニュース