2016年12月22日更新

犬を飼う前にぜひ読んでほしい『犬を飼うってステキです―か?』

多くの飼い主さんはいま、犬を飼う悦びを感じ、犬を大切にしていると思います。しかし、実際には犬の世話や犬の起こすトラブルに頭を悩ませている飼い主さんもいることでしょう。

犬を飼うのは洋服を買ったり旅行をするのとは違い、途中でやめたり捨てたりすることはできません。『犬を飼うってステキです―か?』は、犬を飼うことの難しさや大変さをあえてPRするために作られた本です。今回はその内容についてご紹介しましょう。

『犬を飼うってステキです―か?』ってどんな本?


画像出典:東京都福祉保健局
『犬を飼うってステキです―か?』は東京都福祉保健局が作成した動物愛護本の中の一冊。犬は映画や小説に登場して人々を感動させることも多く、人々の心を開かせる魅力ある動物です。

しかしながら、ペットとして家族の一員になれば、きれいごとばかりではありません。『犬を飼うってステキです―か?』は「犬を飼うことは必ずしも楽しいことばかりではない」ということを飼い主さんや犬を飼おうとしている人達に知ってもらうために作られています。

犬の世話は一生続く


誰もが犬を「わが家の子にしよう」と思った時は「しっかり世話をしよう」「何かがあっても犬を優先しよう」「最期まで面倒をみよう」と心に決めていたはずです。

しかしながら自分の生活が忙しくなってしまったり、世話に飽きたりしてしまうと、いつの間には犬の世話は他の人任せに。家族の誰かが犬の面倒を見てくれる環境であれば問題ありませんが、もし、世話をする人があなただけだったら、犬はどうなってしまうのでしょう。犬の世話を止めるということはその犬を殺すのと同じだということを、この本は示唆しています。

犬は子供を育てるのと同じ、親を介護するのと同じ

素材dog-218748_640
犬を飼うのは金魚やカブトムシを飼うのとは違います。命に差があると言っているわけではなく、犬は子供と同じように飼い主さんの愛情を必要とします。しつけをする際は根気よく何度でも続ける必要があり、病気になれば病院に連れて行き、治るまで付きっきりで看病しなければならないこともあります。そう、犬を飼うということはまるで自分の子供を育てるように時間や手間や愛情が必要なのです。

さらに犬が年を取れば不自由になった機能を補ってあげ、介護してあげる必要もあります。10年~15年に渡る一生の間に子供のように世話をし、親のように介護する必要がある…それが犬なのです。

多くの犬は期待はずれ

犬_素材
愛犬が期待はずれ…ずいぶん、酷な話ですが、『犬を飼うってステキです―か?』では、犬のしつけはそんなに簡単ではなく、しつけてもうまく行かない場合も多いと教えています。

職業について活躍している犬がいる関係で、「犬=頭の良い動物」と思っている人も多いようですが、職業犬が賢く業務をこなせるのはもともとの素質に加えて日々厳しい訓練を続けているから。一般の犬は中途半端なしつけで賢い犬になるほど頭が良いわけではありません。

さらに子犬の時には文句なく可愛かった犬が、大人になるとそれほど可愛く見えないこともある現状についてもシビアに伝えています。しつけがうまく行かなくても、思ったより可愛くなくてもそれは犬の責任ではありません。たとえどんな犬になっても飼い主さんには愛情をもって犬を飼い続ける責任があるのです。

犬の死を看取る必要がある

犬_素材
最近、犬のレスキュー団体の中には一定年齢以上の人には犬を譲渡しない団体が多くなってきています。これは飼い主が高齢の場合、犬を最期まで面倒みられないのではないかという危惧があるからです。

もし、飼い主さんが犬より先に逝ってしまい、犬が取り残されたらどうなってしまうのでしょう。飼い主さんには犬の最期を看取る責任がありますし、もしそれが難しいようなら犬を引き取って代わりに飼育してくれる人を探しておく必要があります。『犬を飼うってステキです―か?』はそのことにも触れています。

あなたがステキなら、犬を飼うのはステキです


犬を飼うデメリットばかりを並べているかのような『犬を飼うってステキです―か?』。しかしながら、10年以上犬を飼うことで犬の純粋な愛情を感じることができ、たくさんの優しい想い出が残ると物語を結んでいます。犬を飼っても途中で飼育を放棄する人がいる中で、犬を飼う前に自覚をもってもらおうと作られた『犬を飼うってステキです―か?』は少しずつ広まり始めています。この本は東京都福祉保健局のホームページでダウンロードして誰でも読むことができますので、ぜひ、一度目を通してみてください。

『犬を飼うってステキです―か?』のダウンロードサイトはこちらから

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ペットのほうが人間よりいい暮らしをしてる!?

ペット大国日本! 日本で飼われている犬や猫の数は、なんと2,000万頭を超えるそう。ペットにかける費用を調査している団体によると、犬にかける費用は年間約36万円、猫は約18万円で、増加……

犬のニュース

迷い猫、迷い犬と出会ったら・届け出る時に知っておいて欲しい事

突然ですが、本日ワタクシ迷い犬を保護してしまいました。写真の通り可愛い狆、メス犬です。 毎日散歩がてら近くの公園で息子と一緒にラジオ体操をしているワタクシ。そこで毎朝出会う犬仲間、猫仲……

犬のニュース

似ているようでかなり違う!?猫と犬の足の構造の違いって何?

ペットの中でも人気が高く東と西の横綱ともいえる犬と猫。比較されることが多いペットですが、犬はオオカミなどと同じイヌ科、猫はライオンやトラと同じネコ科で生活様式が違うため、実は体のつくりや機能……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】好意で分けたおやつに飼い主さんが大激怒!その理由とは?

犬を飼い始めて半年ぐらいの頃、沢山の飼い主さんと知り合いになりたくて、毎週公園に散歩に行っていたそうです。 マナーなど何も知らず、トレーニングのご褒美用に持参したおやつを、和まりのワンちゃ……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】舌が青い犬種って知ってますか?

ワンちゃんの舌といえば。 暑い時にでていたり、お腹が空いた時にペロッとする仕草が可愛いですね。 そんなワンちゃんの舌は、私たち人間と同じピンク色です。 しかし、中には例外もあります……

犬のニュース

毎日5000いいね以上!美人白柴、さなの写真集がついにリリース

画像出典:@Press:アットプレス 名古屋在住、B56・W41・H48。色白の美人女子。これ、何のプロフィールだかおわかりですか? 正解は、6歳の白柴犬「さな」。インスタグラムのフォロ……

犬のニュース

大切な愛犬の健康のために!スキンシップにもなる特別なマッサージ♪

「ペット」から「家族」として生活をするようになった犬たち。お留守番、運動不足など犬たちもストレスを感じていることも少なくありません。大好きな家族が行うマッサージ(ホディタッチ)は体をほぐすだ……

犬のニュース

愛犬の老後に新たな選択肢。老犬ホームが増えている!

高齢化が進み介護問題が深刻になっているのは人間だけではありません。最近ではドッグフードの質の向上や飼い主さんの飼育意識の変化、獣医療の進歩によって犬の平均寿命が伸びています。 犬の寿命……

犬のニュース

夏の犬の散歩「5秒ルール」。犬にとって地面が熱すぎないか調べる方法とは

アメリカ・カリフォルニア州の犬のトレーニングセンター【Moon Valley Canine Training】が 「犬が散歩する際にアスファルトが熱すぎないかどうか簡単に調べる方法」 を……

犬のニュース

愛犬や愛猫の写真をスマホで上手に整理するiPhone・androidおすすめアプリ

ペットを飼っているあなた、スマホのフォトギャラリーが可愛いペットの写真でいっぱいになっていませんか?ついつい撮りためてしまうペットの写真、意外に撮りっぱなしになっている人が多いようです。 ……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】犬に優しくない日本は2020年東京オリンピックまでに何か変わるのか?

日本は本当に犬に優しくない国です。 特に電車で移動する際には強く感じます。 電車の規制が厳しいのでケージに入れて運べる小型犬じゃないとまず無理です。それに心なしか周りの目が冷ややかだ……

犬のニュース

ペットにも花粉症があるのを知ってる?いまや人間だけじゃないペットのアレルギー事情

一昔前まで、アレルギー症状で獣医に行っても「ペットはアレルギーにならない」と言われることが少なくありませんでした。ペットが人間のアレルギーの元になることはあっても、ペット自身が花粉症になった……

犬のニュース

毎月第2、第4火曜日 アニーマどうぶつ病院 パピークラス withドッグトレーナーSUNNY

生後5ヶ月までのワンちゃんとご家族が参加いただける、パピーのためのクラスです。 4回1クールですが、どの会からでも参加が出来ます。 年の近いパピー同士で、犬同士のコミュニケーションを学ん……

犬のニュース

あなたの愛犬の名前は何位に入ってる?犬の名前人気ランキング2015をチェック!

2016年の人間の名づけランキングNO.1は「ひろと/はると」(男の子)、「あおい」(女の子)なのだとか。それでは犬の名前は一体どうなっているのでしょうか。ペット保険のアニコム損害保険株式会……

犬のニュース

ふわふわ、もこもこ!毛糸玉から作る「動物ぽんぽん」の続編は犬オンリーの「犬ぽんぽん」

画像出典:PRTIMES 最近、手芸女子の間で流行っている「動物ぽんぽん」ってご存知でしょうか?毛糸を丸めて作ったぽんぽん玉をシロクマ、リス、フクロウなどさまざまな動物に変身させるハンドメ……

犬のニュース