2016年4月29日更新

ペットシッター直伝!簡単にできるトイレ掃除の方法

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

 

ペットシッターが行うサービスとして、トイレ掃除は基本になりますが、日頃からこまめに掃除しているトイレの場合はあっという間に終わります。また、いつもキレイなトイレの場合、ペットも安心して排泄できますし、異常にも気づきやすいものです。

簡単にトイレ掃除を行うことができるよう、トイレの選び方から工夫し、日頃からこまめに掃除しておきましょう。

 

トイレ掃除のポイント【犬編】


犬の排泄物のにおいというのは、思っているよりもかなり強烈です。ペットシーツからはみ出してしまったおしっこのにおいや、お留守番中長時間使ったペットシーツのにおいというのは予想以上に悪臭の原因になってしまうのです。

ペットシーツの工夫

普段から、犬が排泄したらこまめにペットシーツを交換し、掃除を行います。シーツを交換する際に簡単に拭き掃除も行いましょう。ペットにも使用できる除菌スプレーなどを使えば安心です。

日頃は簡単な掃除にする為にも、ペットシーツ自体の選び方にも工夫してみましょう。日常はすぐ交換できる1回ごと使い捨てタイプ、長時間留守にする時は、吸収率がよいものや脱臭効果がついているものを選ぶとよいでしょう。

また、トイレの中に一枚は大きなタイプを敷き詰め、その上に小さなタイプのペットシーツを敷き詰めておくと、汚れた部分だけを交換すればよいので、お掃除は簡単になります。

週に一度は殺菌

トイレを衛生的に保つ為にも、週に一度は水洗いをして、塩素系漂白剤などで殺菌をしましょう。また、メッシュタイプのトイレを使っている場合は、ブラシを使ってメッシュ部分も洗うことが必要です。

トイレ掃除のポイント 猫編


猫のトイレは、様々なタイプがあり、お掃除方法も異なります。また、猫は泌尿器系の病気にかかりやすく、ストレスに弱かったり、においに敏感な猫もいます。生活スタイルだけでなく、愛猫にあわせて、トイレは選ぶことが大切です。

システムトイレの場合

一番掃除が簡単なものは、システムトイレのタイプでうんちを取り除けば、下のシートは1週間に1回ほどの交換でよいというものです。専用のシートや消臭チップが必要になりますが、初めからシステムトイレを設置すると、お掃除自体はとても簡単になります。

猫砂タイプの場合

排泄物をこまめに掃除する場合は、猫砂タイプが便利ですが、砂もトイレに流せるタイプやゴミに出すタイプがあります。トイレに流せるタイプはゴミも少ないので便利ですが、たくさん流してしまうと、人間のトイレがつまってしまうこともあるので、注意が必要です。

鉱物系の砂は、おしっこの部分がギュッと固まるのでゴミの量は比較的少なめになります。スコップで取るのが大変な場合、二重構造でざるのように固まった部分だけを取り除くことができるタイプもあります。また、砂が飛び散らないように、ドーム型、屋根つきのトイレを初めに選ぶことも掃除を簡単に行うポイントです。

 

ペットのトイレ掃除はこまめに


ペットのトイレ掃除は、こまめに行うことと同時に除菌をしっかり行うことが大切になります。排泄物からの悪臭や、ウイルス感染は、ペットと飼い主さんの健康を害してしまいます。

日々やることと週単位にやること

基本的には、その都度こまめに掃除することが大切ですが、難しい場合は週に一回お湯や水洗いをする際に、塩素系漂白剤や中性洗剤などを使って洗ってあげましょう。

塩素系は、においがきついという場合は、中性洗剤でも汚れは落ちます。あとは、可能であれば、天日干しにしてあげるとよいでしょう。

トイレ選びがポイント

ペットのトイレは、犬猫共に、様々なタイプが販売されています。普段からこまめに拭き掃除も行ってしまえば、汚れがひどくなることもありません。

悪臭は排泄物がこびりついた状態になるとますますひどくなるばかりです。こまめに掃除すると共に掃除が簡単に行えるトイレを事前に選ぶことも大切なのです。

まとめ

素材_shutterstock_214626949
ペットのトイレ掃除は、日頃からこまめに行うことが大切ですが、拭き掃除と共に定期的な除菌を行いましょう。

また掃除を簡単にするには掃除しやすいトイレを選ぶということも大切です。犬であれば、ペットシーツの選び方や敷き方、猫であれば、トイレの形状や砂の種類など、生活環境にあわせた物を選ぶことが、掃除自体を簡単にするひとつのポイントなのです。