2016年6月13日更新

オリエンタルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームの影響もあり、健康や長寿にも関心が集まっています。

どんなことに気を付ければ、長生きしてくれるでしょうか?

オリエンタルの平均寿命は?

猫全体の平均寿命は、純血種も雑種も合わせて、15歳前後と言われています。

オリエンタルの平均寿命は、12歳~15歳前後と言われています。猫全体と比べると、同じくらいでしょうか。

しかし、あくまでも平均なので、生活習慣や環境に気を配ることで、平均以上に長生きをしてくれるかもしれません。

長寿のポイント

オリエンタルのかかりやすい病気は?

リンパ腫

オリエンタルは、リンパ腫にかかりやすい猫種です。
ウイルス感染が主な要因でリンパ球が癌化してしまう病気です。

予防策としては、年に一度のワクチン接種を欠かさずに行うことが挙げられます。
他にも、他の猫や動物から感染しないように、室内飼いを徹底できると更に安心です。

食べ物

人間も猫も食べたもので体が作られます。

しかし猫は人間と違って、生涯キャットフードだけを食べることが多いでしょう。飼い主も意識して変えずに、同じものを与えていませんか?

現在与えているキャットフードには、どんなものが含まれているかご存知でしょうか?
一度内容物を確認してみてください。

安すぎるキャットフードにはに、アレルギー物質がかさ増しのために、含まれている可能性もあります。
今、何も問題がなくても、今後何もないとは言い切れません。

高級フードだから安心ということでもありません。安全であっても、飼い主の負担になってしまっては意味がありません。
自身と猫に合った餌を探してみましょう。

水と排尿

猫の死因でもっとも多い病気が、腎臓の病気です。

オリエンタルは特に尿毒症にかかるリスクがあるようです。
腎不全などで腎臓機能の低下が始まり、体内の毒素を尿から排出出来なくなってしまう病気です。

腎臓全体に対する予防策として、まずは清潔な水を飲ませてあげましょう。
生活圏内に、必ず数カ所程度の水飲み場を設置してあげましょう。

容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなどで、変化を付けてあげると良いかもしれません。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

そして、排尿時にもご注意ください。痛みを感じていたりしませんか?

色や臭いにも注目してみてください。普段と様子が違うようなら、一度相談をしてみてください。

オリエンタルと一緒にいるためには


オリエンタルは甘えん坊な性格をしています。

しっかりとコミュニケーションのお時間を作ってあげましょう。
コミュニケーションが取れていると、異変にも気付くことができます。

異変を感じたら、すぐに動物病院へ相談をしましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】アビシニアンは要注意!猫のアミロイドーシスの症状・原因から治療法・予防まで

猫のアミロイドーシスはこんな病気 アミロイドーシスとは「アミロイド」という水に溶けない性質を持つたんぱく質が、細胞と細胞の隙間に沈着してしまうことにより発症してしまう病気です。 発症……

猫の感染症

サイアミーズの親戚。オリエンタルショートヘアのルーツ、特徴、飼い方。

スレンダーな体躯に細長い顔。オリエンタルショートヘアはアメリカで品種確立された猫ですが、耳や尻尾などにポイントのあるサイアミーズからポイントのない単色の猫を作ろうと試みた結果生まれた品種です……

猫の健康と病気

オリエンタルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームの影響もあり、健康や長寿にも関心が集まっています。 どんなことに気……

オリエンタル

オリエンタルをお迎えしたい人に知ってほしい、オリエンタルのブリーダーについて

オリエンタルという猫は、元々はシャム猫からきているそうです。性格は、優しく甘えたがりな子が多いようです。でもやきもち焼きな一面もあるようで、長期間放っておかれるとスネてしまうようです。そんな……

猫を迎える際の注意