2016年6月13日更新

キムリックの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームの影響もあり、猫の生活を始めている方も増えています。

そんな中、健康や長寿について関心が集まっています。
どんなことに気を付ければ、良いのでしょうか?

画像出典: Jumpinjim

キムリックの平均寿命は?

猫全体の平均寿命は、雑種、純血種含めて、15歳前後と言われています。
キムリックの平均寿命は、10歳~13歳前後と言われています。全体と比べると少し短い印象でしょうか。

あくまでも平均なので、それ以上に長生きをしてくれる可能性も十分にあります。

キムリックは、気難しい性格をしていてあまり人間に懐きにくいそうです。
あまりストレスを与えないように、見守ってあげましょう。

長寿のポイントは?


画像出典:Stanton McCandlish

キムリックがかかりやすい病気は?

猫ジステンバー

キムリックは猫ジステンパーにかかりやすいと言われています。
これは、糞尿からのウイルス感染で発症します。症状は発熱、嘔吐、脱水症状などが見られます。

予防策としては、ワクチンを接種しておくことが一番に挙げられます。

次に、完全室内飼いを徹底することができれば、安心でしょう。
他の猫との接触を避けることができるので、感染の機会を減らすことができます。

環境

室内飼いと室外飼いでは、数年寿命が異なることをご存知ですか?

完全室内飼いを徹底することができれば、感染症や事故などを防ぐことができます。
ワクチンなども確実に接種すると、安心です。

環境の中では、日常の家具配置などにもご注意ください。思わぬところで、ケガにつながる可能性はありませんか?
猫の目線で部屋作りができると、思わぬ事故を防ぐこともできます。

他にも、あまり意識はしないかもしれませんが、ひもやおもちゃにもご注意ください。

特に、ひもは口にしやすい身近な物です。誤って食べてしまい、腸に絡んでしまったり、誤って排泄時に引っ張ってしまうと、腸が捻じれてしまうことも考えられます。

犬に比べて、誤飲は少ない猫ですが、ひもなどは遊びたがるので、誤飲しやすいでしょう。
想像以上に、大変なことになってしまいます。

水と腎臓

猫の一番多い死因は、腎臓の病です。メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。

予防策としては、清潔な水を飲ませることです。生活圏内の部屋に、最低でも数カ所の水飲み場を設置してあげましょう。
容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど変化を付けると良いかもしれません。

他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうというようなこともあるようです。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

キムリックと一緒にいるために

普段からしっかりと様子を観察して、異変に気付くことが重要です。早期発見によっては、治療が間に合う場合も多々あります。

普段から触れ合う時間を取りましょう。
何か異変を感じたら、すぐに動物病院へ相談をしましょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

キムリックの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

最近では、キャットフードの種類がたくさんあったり、環境が整備されているおかげか、長寿の猫が増えているようです。猫ブームの影響もあり、猫の生活を始めている方も増えています。 そんな中、健……

猫白血病ウイルス感染症

避妊/去勢手術の時にFIV/FeLVの検査もしてもらおう【獣医師が解説】

猫には怖い感染症がいくつかあります。そんな中でも、根本的な治療ができないFeLVやFIVは猫の代表的な感染症です。検査方法も確立されており、しっかり予防すれば感染が防げるFeLVやFIVにつ……

猫白血病ウイルス感染症