2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の膣脱〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の膣脱の原因
  • 犬の膣脱の症状
  • 犬の膣脱の対策
  • まとめ

メス犬だけが発症する病気に膣脱と言われる病気があります。

膣脱は言葉の通り、メス犬の生殖器の一部である膣が体の中から外に出てきてしまう病気で、命にかかわるものではありません。しかしとてもデリケートな部分が体の外に出てしまうため、愛犬にとって非常に不快な病気です。

膣が体の外に出てきてしまうと聞いてビックリする人もいるかもしれませんが、メス犬に多い病気なのでどのような病気なのか事前にしっかり把握しておきましょう。


犬の膣脱の原因

犬の膣脱の原因は基本的に女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンというホルモンのバランスが崩れてしまうことで起こるものだとされています。

発情期になるとメス犬の体ではこれらのホルモンの影響を受け、膣が厚みを増していきます。このとき膣が必要以上に厚くなりすぎることで膣の中に収まらなくなってしまいどんどん押し出されてきて外に飛び出してしまうようになります。

ホルモンバランスの乱れ

発情期にメス犬の膣が膨らむのは自然なことですが、何らかの原因でホルモンバランスが著しく崩れてしまっていることで膣が極端に肥大化してしまい膣脱を発症してしまいます。特にホルモンの分泌が盛んな若いメス犬で発症しやすい病気です。

膣脱を発症しやすい犬種

膣脱は若いメス犬で多くみられる病気で、特に3歳未満の大型犬で起こりやすい病気です。

遺伝が関係しているかどうかは研究中ですが、特に膣脱を引き起こしやすい犬として、ボクサー、ブルドッグ、セントバーナード、マスティフ、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパード、エアデールテリアなどの犬種があります。