2016年4月29日更新

ブルドッグの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「顔も態度もおやじのようだ」という意見もある、シワシワ顔のブルドッグですが、そのコミカルな様子に虜になる人も多く、安定した人気を保っています。強面とはうらはらに陽気で優しい気質で、子供とも仲良くやっていけます。

愛嬌たっぷり、おちゃらけ度100%の可愛いブルドッグですが、体重や食事で気をつける事などあるのでしょうか?

 

ブルドッグの月齢別の体重について


ブルドッグの成犬の標準体重は、オスが23kg、メスが18kg、日本ケンネルクラブでの理想体重は、オス25kg、メス22.7kgと言われています。

ここでは、あるブルドッグ(オス)の子犬の頃からの体重推移をご紹介致します。

生後3ヶ月 6.2kg
生後4ヶ月 7.5kg
生後5ヶ月 9.7kg
生後6ヶ月 11.5kg
生後8ヶ月 15.8kg
生後11ヶ月 18kg

かなりの勢いで体重が増えているのが分かります。子犬でも成犬のような貫禄が出るブルドッグですが肥満には気をつけてあげたいですね。肥満にならないようにするには、どのような食事を与えるのが良いのでしょうか?

ブルドッグの月齢別の食事について


生後2~3ヶ月位の子犬には、ドッグフードをお湯でふやかして1日の食事量を4~6回に分けて与えます。家に迎え入れた当初は、元いたペットショップやブリーダーで与えていた同じ種類のドッグフードを与え、量や回数、与え方も同じにすると子犬にストレスがかからないでしょう。

生後3ヶ月位から徐々に、ふやかし方を固くしていき、ドッグフード(ドライフード)そのままの状態でも食べられるようにしていきます。急に固くするとまた消化器が未熟な子犬は消化不良を可能性がありますので、焦らずにゆっくりと固くしていってください。

生後8ヶ月位から、成犬用のドッグフードに切り替えを行っていきます。この時も急に成犬用に変えるのではなく、少しずつ今までの子犬用のドッグフードに成犬用のドッグフードを混ぜていき、切り替えていきます。

もし便の状態がゆるくなったら、元の子犬用だけに戻すか、成犬用のドッグフードを別の種類に変えてみても良いでしょう。いずれにせよ、ゆっくりで大丈夫です。

完全に切り替わったら、食事回数を1日に1~3回に減らしていきましょう。1日の給仕量は、20kgのブルドッグで約290g位です。あくまで目安になりますので、犬の便の様子を見て調整してください。

便が柔らかければ量が多く、コロコロと固いようでしたら量が少ないです。また、便が柔らかい場合には食事の量だけが原因ではなく、腸内細菌が原因の時もありますので、食事量を変えても便が柔らかいままの場合には受診された方が良いでしょう。

基本的にドッグフードは栄養のバランスが取れていますので、補助としての食品を与える必要はありません。ご褒美としてのおやつを与えても問題はないですが、その際も与え過ぎに注意しましょう。肥満の原因となります。

ブルドッグについて詳しく知りたい方はこちら
【ペットシッターが解説】ブルドッグとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ