2016年4月12日更新

秋田犬の平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本を発祥とする有名な犬、秋田犬ですが、なんとあのヘレンケラーが日本からアメリカへ最初に連れて行きました。以来、海外でも人気を博しています。飼い主に忠実で家族をしっかりと守ってくれますが、多少頑固な一面も持ち合わせているようです。

猟でも活躍できる秋田犬ですが、体重や食事で気をつけた方が良い事はあるのでしょうか?

 

秋田犬の月齢別の体重について

秋田犬 体重
秋田犬の成犬の標準体重は、オスで39~59kg、メスで27kg~50kgです。しかし、個体差があるため一概には言えません。オス・メスでも体重差があるのはもちろんですが、被毛の長さによっても差が出てきます。

ここでは、ある秋田犬(メス)の子犬の頃からの体重推移の一例をご紹介致します。

生後2ヶ月 5.6kg
生後3ヶ月 8.8kg
生後4ヶ月 14.1kg
生後5ヶ月 19.2kg
生後6ヶ月 22.0kg
生後7ヶ月 24.4kg
生後8ヶ月 25.2kg
生後9ヶ月 26.3kg
生後10ヶ月 26.6kg
生後11ヶ月 26.8kg
生後12ヶ月 26.3kg
2歳 約27~28kg

大体生後9ヶ月位で体重が安定してきていますね。急激に体重が増える、または減るなどがあれば、受診をおすすめします。去勢・避妊手術をすると体重が増える傾向がありますし、お腹に回虫がいると体重が増えない、減る、という事もあります。

秋田犬の月齢別の食事について

秋田犬 食事量
生後約40日位までは授乳期となりますので、母乳か代用乳を与えるようにします。大抵は、家に迎えいれるのは生後2~3ヶ月後が多いと思いますので、その頃は子犬用のドッグフード(ドライフード)をお湯でふやかして冷ましてから、1日量を3~4回に分けて与えるようにします。

元いたペットショップやブリーダーで与えていたドッグフードと同じものを与えるのが子犬にストレスがかかりません。量や回数、与え方など引き取る際に聞いておくと安心でしょう。

生後3ヶ月以降は、ドッグフードを固いまま食べられるようにしていきます。ふやかす時間を減らして、徐々に固さを増していきます。急に固くしてしまいますと、まだ消化器が未熟な子犬は消化不良を起こしてしまいますので、焦らず少しずつ固くしていくようにされてください。

生後7ヶ月頃には、1日の食事回数を2回にするようにしていきます。これも急に1回分抜くのではなく、昼食の量を徐々に減らしていき、最終的に無くすようにすると良いでしょう。

生後8ヶ月位になると、体重の増加が安定してきます。その頃になったら、子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えを行ないます。というのも、子犬用ドッグフードは非常に栄養があるので、体重増加が収まってきた子犬に与えると、栄養過多になってしまい、肥満の原因となるからです。

おやつもご褒美として与えるのは問題ありませんが、与え過ぎには注意してください。栄養はドッグフードで充分に取れていますから、おやつを与えなくても栄養的には全く問題はありません。

おやつは嗜好性を重視して作られていますので、与えすぎるとドッグフードを食べなくなる可能性もあります。

 
 

関連カテゴリ