2016年6月14日更新

【獣医師監修】犬の胃運動低下症〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の胃運動低下症は胃の機能が低下して胃の中に食べ物が長時間にわたって留まり続けている状態のことを指し、胃アトニーと呼ばれることもあります。

通常の状態であれば胃は食べたものを消化し、伸縮運動によって内容物を十二指腸へと送り届けますが、その機能が正常にはたらかなくなると胃の内容物が胃の中にとどまり続けてしまいます。これには神経や胃の筋肉の異常が関係していることがあり、場合によっては深刻な病気が引き金となっていることがあるので要注意です。

犬の胃運動低下症の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の胃運動低下症の原因

犬の胃運動低下症を引き起こす主な原因はストレス、βアドレナリン作動薬や抗コリン作動薬などの薬剤の副作用、基礎疾患などです。犬の胃運動低下症を引き起こす主な基礎疾患については以下の通りです。

  • 低カリウム血症
  • 肝性脳症
  • 尿毒症
  • 慢性胃炎
  • 胃潰瘍
  • 胃捻転
  • 甲状腺機能低下症
  • キーガスケル症候群
  • パルボウイルス感染症

犬の胃運動低下症の原因となる基礎疾患には低カリウム血症、肝性脳症、尿毒症といった命に危険が及ぶほどの重い病気が含まれます。胃運動低下症の症状を察知することによってこれらの病気を早期発見できる場合があるので、胃運動低下症の症状が見られたら、早めに動物病院に連れていってあげてください。

犬の胃運動低下症の症状

犬の胃運動低下症の主な症状は以下の通りです。

  • 嘔吐
  • 体重減少
  • 食欲不振
  • げっぷ
  • 胆汁の逆流

犬の胃運動低下症の主な症状は以上となります。特に嘔吐は頻発する傾向が強く、深刻な場合はエサを食べるたびに吐くようになることが多いので、嘔吐が頻発しているときには早急な対応が求められます。

またこれに伴う体重の減少や食欲不振が症状として表れることも大きな特徴となります。このような症状が見られたときは胃運動低下症を疑ってください。

 

犬の胃運動低下症の対策

犬の胃運動低下症の原因の中で未然に防ぐことができるものはストレスです。

犬の生活環境にストレスを溜め込む恐れがあるものがあるときは早急に原因を取り除いてください。犬はストレスを抱えているとストレスのサインを発します。主なストレスサインについては以下の通りです。

  • 無駄吠え
  • 噛みつく
  • 突然走り出す
  • 自分の尻尾を追いかける

犬がストレスを抱えていると、無駄吠えや噛みつくなどの一般的な行動をはじめ、突発的な行動や異常行動を取るようにもなります。犬の行動を観察し、少しでも違和感を覚えたときにはストレスが蓄積されている可能性を考えてください。

犬の胃運動低下症の治療

犬の胃運動低下症の主な治療法は以下の通りです。

  • 基礎疾患の治療
  • 食餌療法
  • 投薬治療
  • 応急処置

犬の胃運動低下症を引き起こしている基礎疾患が明確な場合はそれに対する治療を施し、胃の機能の回復を待ちます。胃運動低下症の症状が深刻で、脱水症状などを引き起こしている場合には輸液などによって症状を緩和するための応急処置を施し、併せて胃の機能を助けるための薬を投与する場合もあります。

また胃運動低下症によって胃に負担がかかっていることが考えられるので、消化の良いエサを与えるようにシフトし、胃への負担を軽減する食餌療法を施すこともあります。胃の機能が正常にはたらいていないと最悪の場合、命を落としてしまうことまで考えられるので、早急な治療が重要になります。

まとめ

犬の胃運動低下症の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の胃運動低下症は基礎疾患などが引き金となって胃の機能が正常にはたらかなくなって発症する病気です。症状自体は比較的見抜きやすいので、普段から犬をしっかりと観察し、犬の異変を敏感に察知できるようにしていれば問題なく気付けます。そして犬の健康を守るために、早めの対処を心がけてください。

 
 

関連カテゴリ