2016年6月9日更新

【獣医師監修】犬の唾液腺嚢腫〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。


犬の唾液腺嚢腫は唾液を分泌する唾液腺が風船のように膨れてしまった状態になっていることを指します。嚢腫と聞くと、腫瘍に近いものと考えてしまう方も多いかもしれませんが、実際は腫瘍とは異なります。

腫瘍は細胞増殖によってできたかたまりを指すのに対して、嚢腫は細胞以外のものを細胞が包み込んで袋状になったものを指します。犬の唾液腺嚢腫の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の唾液腺嚢腫の原因

犬の唾液腺嚢腫の原因については未だにわかっていない点が多く、原因不明のケースが少なくありません。現状でわかっている唾液腺嚢腫の主な原因は以下の通りです。

  • 遺伝的要因
  • 唾石
  • 外傷

遺伝についてはジャーマンシェパードやミニチュアプードル、ダックスフンドなどで発症率がやや高いと言われていますが、確かなことはわかっておりません。

次いで唾石についてですが、唾石とは唾液腺の内部や唾液管などに結石ができた状態になっていることを指し、それによって唾液管が閉塞してしまうことによって唾液腺に唾液がどんどん溜まっていき、唾液腺嚢腫を発症すると考えられています。また、閉塞した唾液管が破裂し、その部位に唾液が溜まって嚢腫を形成するケースもあります。

外傷によって唾液管が破裂して唾液腺嚢腫を引き起こすこともあると言われています。唾液腺嚢腫は突発的に発症する可能性があるので、特に犬の首に負担がかからないように注意してあげてください。

犬の唾液腺嚢腫の症状

唾液は複数の唾液腺で作られており、唾液腺嚢腫が形成されている部位によってその名称が変わります。その名称については以下の通りです。

  • 頸部粘液嚢腫:顎の下から首の上の部分に嚢腫ができている状態
  • 咽頭粘液嚢腫:口の奥に嚢腫ができている状態
  • 舌下粘液嚢腫:舌の下に嚢腫ができている状態
  • 頬骨粘液嚢腫:眼球の真下の部分に嚢腫ができている状態
  • 耳下腺粘液嚢腫:エラの部分に嚢腫ができている状態
  • 複合粘液嚢腫:複数の唾液腺に同時に嚢腫ができている状態

犬が唾液腺嚢腫を発症していると、人の目でも容易に確認できるほどに大きな袋状の膨らみが犬の口の周辺に発生します。またそれに伴って患部に炎症が起こっているときには痛みが出ることもあります。

 

犬の唾液腺嚢腫の対策

犬の唾液腺嚢腫の原因には未だに解明されていない点が多く、完全に予防する対策を取ることは難しいと言わざるを得ません。ただ中には予防できるものもあるので、それについては気を付けてあげると良いでしょう。

犬の唾液腺嚢腫の原因の中で予防できるものは外傷です。犬が頭を壁などにぶつけたりして頭部の周辺に外傷を追わないよう、犬の生活環境の中にあるリスクをあらかじめ取り除いておきましょう。特に首に負担がかかると唾液腺嚢腫を発症する可能性が高まると言われているので、散歩中に首輪をリードで引っ張るという行為は唾液腺嚢腫を発症させるリスクを高めてしまいます。そのため、犬の首を強く引っ張り過ぎないように配慮してあげてください。

犬の唾液腺嚢腫の治療

犬が唾液腺嚢腫を発症しているときには、溜まってしまった唾液を注射器などで抜いたとしてもすぐに再発してしまうことが多いので、場合によっては外科手術によって唾液腺を取り除くことがあります。

唾液腺は複数あるので、ひとつ取ったとしても他の唾液腺がそれを少しずつ補ってくれるので問題ないと言われています。また唾液腺嚢腫によって炎症を引き起こしている場合には抗生物質や抗菌薬を投与して炎症を抑えます。

まとめ

犬の唾液腺嚢腫の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の唾液腺嚢腫は突発的に原因不明で発症する可能性がある病気です。もし犬の口の周辺部分に袋状の膨らみが見られた時には唾液腺嚢腫の可能性を考え、獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

犬の唾液腺嚢腫は未だにわかっていない点が多く、予防することが難しい病気のひとつですが、首に負担をかけないようにするなどの予防方法で発症リスクを低下させることができます。少しでもリスクを軽減させるために配慮してあげてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード

本当に必要な犬や猫の「ペット保険」がわかる!後悔しない犬や猫のペット保険の選び方

ペット保険について徹底研究しました。ペット保険で失敗しないためには自分のニーズにあった保険を選ぶこと、保険についてきちんと理解することが大切です。

ドッグフード

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】マンチカンの飼い方、マンチカンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。マンチカンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

マンチカン

【ペットシッターが解説】メインクーンとの暮らしで注意すること

【完全保存版】メインクーンの飼い方、メインクーンとの暮らしで注意することをペットシッターが徹底解説します。メインクーンを飼っている方、これから飼おうとしている方必見です。

メインクーン

もし親がいない子猫を拾ってしまったら…子猫の育て方を獣医師が解説

もし親がいない子猫を拾ってしまったら、こちらの記事をどうぞご覧ください。子猫を育て上げるために必要な知識を獣医師が解説します。

子猫

【獣医師が解説】麻酔をかけずに犬や猫の歯周病をなんとかしたい。

こんにちは 今回のコラムは歯周病の内科的なケアです。 他の獣医師に怒られそうなタイトルではありますが、現在の獣医学ではきちんと歯周病を治療するならば麻酔をかけての口腔治療が最善です。……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】犬の歯根膿瘍〜原因・症状と対策

犬の歯根膿瘍という病気をご存知でしょうか。知らないで愛犬が発症するとびっくりしてしまうこともある歯根膿瘍は読んで字のごとく、歯根、いわゆる歯茎に発生する病気です。 犬ではしばしば見られ……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】うちの愛犬は大丈夫?大人のイヌの8割がかかっている『歯周病』の対策法。

みなさん、飼い犬の歯磨きはしたことがありますか?犬の歯のトラブルで多いのが歯周病です。犬は自分で歯磨きができないので、愛犬が大事な歯を永く健康に使えるように、飼い主さんがしっかりと歯周病のケ……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】辛くて痛い口内炎。実は犬にもできてしまうのです

一度は経験してしまう「口内炎」。痛くて勉強や仕事に集中できないし、ご飯は食べづらくなるし、良いことなんて一つもありませんよね。 実はその口内炎、犬もなってしまうことがあるのです。どうす……

犬の歯・口の病気

犬の歯周病の原因、歯垢や歯石の対処法【獣医師が解説】

犬の歯石は食べたものの残りに口の中の細菌やミネラル分が結合してできます。歯垢がまず歯に付着しだんだん歯石という状態になります。歯石は細菌の塊ともいわれ、この細菌が血流にのり腎臓や心臓の病気の……

犬の歯のチェック

【獣医師監修】犬の唾液腺嚢腫〜原因・症状と対策

犬の唾液腺嚢腫は唾液を分泌する唾液腺が風船のように膨れてしまった状態になっていることを指します。嚢腫と聞くと、腫瘍に近いものと考えてしまう方も多いかもしれませんが、実際は腫瘍とは異なります。……

犬の歯・口の病気

6/4~10は歯と口の健康週間。愛犬・愛猫のお口の健康について獣医師が解説!

6月4日〜10日は「歯と口の健康週間」です。以前は、「6月4日は虫歯予防デー」とも言われていましたよね。ところで、愛犬や愛猫の歯や口のケアは十分できていますか?犬や猫も歯磨きによる歯と口のケ……

猫の歯・口の病気

【獣医師監修】犬の乳歯が抜けない?乳歯遺残の症状や影響・予防方法について

乳歯遺残。聞きなれない言葉かもしれませんが、漢字だけでも何の事だかイメージがつく方も多いかと思います。 わんちゃんも人間と同じように、子犬の頃に乳歯だった歯が成長とともに抜けて、大人の……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】犬の食道炎〜原因・症状と対策

人でよく聞く食道炎ですが、実は犬でも起こる病気として有名です。 食道炎は口と胃をつなぐ食道と言われる道の内側で起こる炎症のことで、症状は軽度のものから犬に非常に大きなダメージを与える重……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】愛犬の歯を健康に保つための方法。手遅れになる前に対策してあげましょう。

「愛犬の口臭が気になる」「歯石がつくのを予防したい」「犬の歯磨きってどうしたらいいの?」 と思っている方へ、今回は愛犬の歯を健康に保つために、愛犬の歯磨きの方法をご紹介します。 歯石予防……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】お口のトラブルは全身トラブル!?注意したい愛犬のお口の病気の症状・予防方法をご紹介

最近、愛犬の口が臭い・・・。思わず顔を背けてしまう事ありませんか? 健康な犬の歯は白く、歯茎と舌はピンク色で、口臭もないのが普通です。歯や歯茎の病気は、食べる事に支障をきたすだけであり……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】犬の不正咬合〜原因・症状と対策

犬の不正咬合とは犬の歯が正常に噛み合わさっていない状態のことを指します。 正常な噛み合わせであれば上下の歯がぶつかるということはありませんが、一部の歯が正常ではない方向に生えていたり上……

犬の歯・口の病気

【犬の虫歯】ちゃんと歯磨きしてますか?犬だって虫歯になるんです。症状・原因・治療法について【獣医師監修】

犬って虫歯になるの? 人にとって虫歯はかなり身近な病気ですよね。実は犬も虫歯になることがあるのです。 ただし虫歯になってしまう確率はとても低いでしょう。なぜかというと 犬の唾……

犬の雑学

【獣医師監修】犬のエナメル質形成不全〜原因・症状と対策

愛犬の歯が明るい黄色になっている場合はエナメル質形成不全の疑いがあります。エナメル質形成不全とは何らかの原因によって歯の表面の層を形成しているエナメル質が十分に発達しない状態のことを指します……

犬の歯・口の病気

【必見!】愛犬の口臭ケア・対策グッズ10選

愛犬の息、口がにおう……気になったことはありませんか?口腔内は、細菌が繁殖しやすい場所です。 愛犬の口臭は内臓からきている(消化不良、胃腸の不具合、肝臓や腎臓の病気など)場合もあり、歯……

犬の歯・口の病気

【獣医師監修】犬の口唇炎〜原因・症状と対策

犬の皮膚病の中でも特に唇あたりから顎にかけての口回りで炎症が起こる病気を口唇炎といいます。口唇炎は私たち人間でいう口唇ヘルペスのようなもので、炎症が起こることで犬は口の周りに違和感を感じるよ……

犬の歯・口の病気

犬の口臭やよだれを改善する事ができるのか?よだれが止まらない理由をご紹介します!

犬のよだれや口臭、どうにかしたい!と思われている犬の飼い主さんは多いと思います。 しかし、そんなよだれや口臭を改善する方法なんてあるのでしょうか? 室内で犬を飼われている場合、ソ……

犬の歯・口の病気