2016年6月3日更新

【獣医師監修】犬の急性肝炎〜原因・症状と対策

急性肝炎は突発的に肝臓に炎症が起こった状態のことを指します。

肝臓には様々な機能(ホルモンやビタミン、消化酵素の生成・アンモニアなどの解毒・脂質の合成と分解など)があり、急性肝炎を発症すると生命活動に支障をきたすほどの症状を表すことがあり、早急に対処してあげなければ命にかかわります。犬に表れている急性肝炎のサインを的確に読み取り、犬の健康を守るために最善の対処をしてあげてください。

犬の急性肝炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

犬の急性肝炎の原因

犬の急性肝炎には肉芽腫性肝炎と化膿性肝炎の二種類があります。その詳細については以下でお伝えします。

肉芽腫性肝炎

肉芽腫性肝炎は細菌や寄生虫といった病原体に免疫系が反応して肉芽腫ができたことによって発症する急性肝炎のことを指します。肉芽腫性肝炎を発症させる恐れのある細菌や寄生虫については以下の通りです。

  • 細菌(ミコバクテリア・ブルセラなど)
  • 真菌(ヒストプラズマ・ブラストミセス・ピシウムなど)
  • 寄生虫(フィラリア・肝吸虫など)

化膿性肝炎

化膿性肝炎は肝臓に直接的な外傷ができた際に肝臓が化膿してしまうことによって発症する急性肝炎を指します。その主な原因については以下の通りです。

  • 外傷(注射・おなかにものが刺さるなど)
  • 基礎疾患(胆管炎・クッシング症候群・糖尿病)
  • 薬剤(免疫抑制剤・グルココルチコイド)

犬の急性肝炎の症状

犬の急性肝炎の主な症状については以下の通りです。

  • 嘔吐
  • 下痢
  • 食欲不振
  • お腹の膨れ
  • 元気がなくなる
  • 黄疸
  • 痙攣
  • 昏睡

急性肝炎の症状は嘔吐や下痢といった一般的な体調不良をはじめ、黄疸や痙攣、昏睡といった重篤なものもあります。重篤な症状を引き起こしてからでは手遅れになることが考えられるので、犬の体調不良を感じたときには早急な対処を心がけてください。特に急性肝炎の症状として表れやすい黄疸は肝炎の主症状といえます。目や歯茎が黄色くなっているのを発見したときにはまず急性肝炎の可能性を疑ってください。

犬の急性肝炎の対策

急性肝炎を未然に防ぐためには目に見えない病原体を相手にしなければならないので難しいと言わざるを得ません。できる限り汚染された土壌などの上を歩かなせないように注意するなどの方法で病原体から犬を遠ざけるための配慮をしてあげるといいでしょう。

犬の急性肝炎の治療

犬の急性肝炎の主な治療方法は以下の通りです。

  • 外科手術(溜まった膿を取り除く・肝臓の一部を切除するなど)
  • 内科療法(抗生物質の投与・輸液・食餌療法・栄養補給など)

急性肝炎は症状の悪化に伴って痙攣や昏睡などの重篤な症状を示すことが考えられます。そうなってしまうと命に危険が及ぶ可能性があるので、そうならないようにするための治療を行います。頻繁に肝臓に膿が溜まるようであればカテーテルを留置し、膿を取り除きやすいようにする治療法が用いられることもあります。

まとめ

犬の急性肝炎の原因や症状、対策についてご紹介しました。犬の急性肝炎はその名の通り急に発症する可能性がある病気です。肝炎は場合によっては命に関わる可能性のある重い病気なので、その兆候が見られた時には軽んじることなく獣医さんの診察を受けさせてあげてください。そのためには日頃から犬の体調について注意深く観察することが重要です。犬の仕草から体に生じている異変を的確に察知してあげられるような態勢を整え、犬の健康を守ってあげましょう。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】愛犬の元気がない!嘔吐する!肝臓や膵臓の病気かも…早めの対策を。

食べ物の消化を助ける肝臓や膵臓。これらの臓器の病気は急激に症状が現れる場合もありますが、初期症状がはっきりせずに、進行してきてから症状が現れることもよくあります。進行性の病気であることも少な……

犬の急性肝炎

【獣医師監修】犬の急性肝炎〜原因・症状と対策

急性肝炎は突発的に肝臓に炎症が起こった状態のことを指します。 肝臓には様々な機能(ホルモンやビタミン、消化酵素の生成・アンモニアなどの解毒・脂質の合成と分解など)があり、急性肝炎を発症……

犬の急性肝炎