2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の包皮炎〜原因・症状と対策

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬の包皮炎はオス犬の生殖器を包む皮膚に炎症が起こっている状態のことを指します。

包皮に炎症が起きると患部に膿が溜まることがあります。包皮炎の発症には犬の皮膚に常在している細菌が大きく関わっています。包皮炎が重症化すると痛みを感じるようになることがあるので要注意です。犬の包皮炎の原因や症状、対策についてご紹介します。

 

犬の包皮炎の原因

犬の包皮炎の主な原因は細菌感染となります。

オス犬の包皮周囲には様々な菌が常在しており、その中には病原性のある細菌とそうではない細菌がいます。そのうちの病原性のある細菌に感染すると包皮炎を発症することがあります。

ただ包皮炎の原因となる細菌は常在菌に限りません。たとえば散歩中などにオス犬の生殖器の周辺に生えている体毛が地面と接触し、その際に病原性のある細菌が付着することによって包皮炎を発症する可能性があります。

特に足の短さが特徴である種類の犬を飼っている方や、背の高い植物などの上を歩かせる際には注意してあげてください。

犬の包皮炎の症状

犬の包皮炎の主な症状は以下の通りです。

  • オス犬の生殖器に膿が溜まっている
  • 排尿時に痛みを感じている素振りを見せる
  • 生殖器の周辺をしきりに舐める

オス犬の生殖器は皮を被っていることが正常な状態となります。そのため包皮の内部は細菌が繁殖しやすい環境となっているので、軽度な包皮炎を発症することがよくあると言われています。ただ病原性の高い細菌に感染し、包皮炎が重症化してしまうと痛みを伴うことがあります。そのような状態になっていると排尿時に痛みを感じるようになるので一気に排尿しようとせず、尿を細切れに出すという素振りを見せることがあります。そのような仕草が見られたときには動物病院に連れていき、獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

 

犬の包皮炎の対策

犬の包皮炎は病原性の高い細菌への感染が引き金となって発症する可能性が高い病気です。

そのためオス犬の生殖器の周辺に細菌が付着しないように配慮してあげることが大事になります。特に犬を屋外に出して外界と触れさせると細菌が付着する可能性が著しく高まるため注意が必要です。汚染された場所に足を踏み入れさせないように気を付け、もしも汚れてしまった場合には清潔なタオルできれいに拭いてあげたり入浴させたりといった方法で清潔な状態に戻してあげましょう。

犬の包皮炎の治療

犬の包皮炎の主な治療方法は細菌を殺菌するための抗生物質の投与や患部の洗浄などとなります。抗生物質の投与によって炎症を抑え、それと同時に患部を生理食塩水や消毒液などで洗浄します。それによって症状が治まればいいのですが、それでも症状が緩和しないときや、すぐにまた再発してしまうときには去勢手術を検討することが必要になる場合があると言われています。

いずれにしても早めの治療が大事になるので、痛みを伴うような状態にまで悪化してしまう前に治療を施してあげてください。

まとめ

犬の包皮炎の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の包皮炎は細菌感染によって発症することが多い病気です。症状が軽度であれば自然に治ることがありますが、そうでない場合は重症化して痛みを伴うことがあります。症状が自然に治まることなく長期に渡って膿がでてしまっているようなときは包皮炎が重症化している可能性があるので、早めに対処してあげてください。

犬の包皮炎はそれ自体が原因で重篤な症状を引き起こすことは考えにくい病気ではありますが、軽んじていい病気でもありません。生殖器は非常に重要な器官です。包皮炎で愛犬が苦しむことのないようにしてあげてください。

 
 

関連カテゴリ