2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症〜原因・症状と対策

犬の子宮蓄膿症とはメス犬の生殖器に膿が溜まった状態のことを指します。

子宮蓄膿症は進行すると腎不全や尿毒症といった重篤な症状を示す重い病気を引き起こすことがあります。場合によっては命に関わることもあるので、いち早く子宮蓄膿症の症状を察知し、早めに対処してあげてください。また子宮蓄膿症は適切な対策を取ることによって未然に防げる可能性がある病気でもあります。

犬の子宮蓄膿症の原因や症状、対策についてご紹介します。

犬の子宮蓄膿症の原因

犬の子宮蓄膿症の主な原因は細菌感染です。

普段はメス犬の子宮は閉じていますが、発情期になると子宮の入り口が開き、それに伴って細菌が子宮内部に侵入してしまうことがあります。そうして子宮内部に炎症が起き、膿が溜まった状態になると子宮蓄膿症を発症します。

子宮蓄膿症の原因となるのは大腸菌などのありふれた細菌です。そのような細菌は生殖器の周辺に常在しているので、ある日突然子宮蓄膿症を発症したとしてもおかしくありません。特に老犬は体の免疫力が低下してきている可能性があり、細菌感染によって子宮に炎症が起きてしまうリスクが高くなると言われています。

発情期を迎えたメス犬や老犬の体調には十分に注意してあげましょう。

犬の子宮蓄膿症の症状

犬の子宮蓄膿症の主な症状は以下の通りです。

  • 下痢
  • 嘔吐
  • 発熱
  • 多飲多尿
  • お腹の膨れ
  • 元気がなくなる
  • メス犬の生殖器から膿が出る

また犬の子宮蓄膿症が原因で引き起こされる主な病気は以下の通りです。

  • 腎不全
  • 尿毒症

子宮内部に細菌が侵入し、細菌感染すると子宮に炎症が起こり、子宮内膜症を発症することがあります。その状態が長期に渡って続き、膿が溜まると子宮蓄膿症となります。

つまり子宮蓄膿症は子宮内膜症が悪化した状態ということです。もしも犬の体に異変が起き、子宮蓄膿症を発症していると思われる症状が見られたときには早めに獣医さんの診察を受けさせてあげてください。

子宮蓄膿症がさらに悪化してしまうと腎不全や尿毒症を発症してしまう恐れがあります。そうなってしまうと生命活動に支障を来たすことまで考えられるので、そうならないために十分に注意してあげてください。

犬の子宮蓄膿症の対策

犬の子宮蓄膿症は細菌感染が原因で引き起こされるものですが、常在菌が引き金となって発症することがあるので細菌が子宮内部に侵入することを防ぐことは難しいと言わざるを得ません。

ただ子宮蓄膿症を予防するために効果的な方法はあります。それは避妊手術です。避妊手術によって卵巣と共に子宮を取り除いておけば子宮蓄膿症を発症するリスクを無くせます。もしも繁殖させる予定がないという場合には避妊手術を検討してみてください。

犬の子宮蓄膿症の治療

犬の子宮蓄膿症の主な治療方法としてはホルモン剤の投与や外科手術、内科治療などが考えられます。

子宮蓄膿症の症状が比較的軽度な場合には内科治療によって膿を取り除き、またホルモン剤を投与して黄体ホルモンを減らすための治療を施すことになると言われています。ただ子宮蓄膿症の症状が重症化しており、子宮の摘出が必要な場合には子宮を完全に摘出する外科治療を施すことがあります。

まとめ

犬の子宮蓄膿症の原因や症状、対策についてご紹介しました。

犬の子宮蓄膿症は子宮内部に細菌が侵入することによって炎症が起き、膿が溜まった状態のことです。子宮蓄膿症の症状は一般的な体調不良の症状がほとんどとなるので、それらから直接的に子宮蓄膿症の可能性を見出すことは簡単ではありません。子宮蓄膿症は発見が遅れてしまいがちな病気のひとつと言えます。避妊手術を含め、適切な対策を取りながら犬の健康を守るために行動してあげてください。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【獣医師監修】犬の子宮蓄膿症〜原因・症状と対策

犬の子宮蓄膿症とはメス犬の生殖器に膿が溜まった状態のことを指します。 子宮蓄膿症は進行すると腎不全や尿毒症といった重篤な症状を示す重い病気を引き起こすことがあります。場合によっては命に……

犬の子宮蓄膿症