2016年6月13日更新

コラットの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最近では、猫ブームの影響もあり猫との生活を始める方も多いのではないでしょうか。それに伴い、キャットフードも健康志向のものが販売されています。

どんなことに気を付ければ、長生きをしてくれるでしょうか?
また、コラットがかかりやすい病気はあるのでしょうか?

 

コラットの平均寿命は?


猫全体の平均寿命は、雑種、純血種含めて15歳前後と言われています。
それに対して、コラットの平均寿命は、11歳~15歳前後と言われています。全体平均とほぼ変わらない数字でしょうか。

しかし、中には20歳以上も長生きをする猫も存在します。
では、どんなことに気を配れば、長生きをしてくれるのでしょうか?

長寿のポイント

コラットのかかりやすい病気は?

コラットは、タイ原産で寒さや暑さにもそこまで弱くはありません。コラットだからかかりやすいという病気もほとんどなく、体は丈夫と言えるかもしれません。

しかし、人とのコミュニケーションを取らないと、ストレスを感じてしまう可能性が高いでしょう。
ブラッシングをするときなど、意識的にコミュニケーションをとってあげましょう。

環境

室内飼いと室外飼いでは、数年寿命が変わることをご存知ですか?
閉じ込めておいてはかわいそうと思うかもしれませんが、完全室内飼いを徹底するだけでも寿命は延びます。

コラットは、体質的に太りやすい猫種のため体重管理をしっかりと行いましょう。
しっかりと運動ができるように猫タワーがあると良いかもしれません。時間があれば、一緒に遊んであげましょう。

独占欲も強く甘えん坊で神経質な猫のため、多頭飼いには向きません。
多頭飼いにしてしまうと、それだけでストレスを与えてしまうのでご注意ください。

水と腎臓

コラットは体が丈夫だからと言っても、猫であることに変わりありません。
猫のもっとも多い死因は、腎臓の病気です。

人間や犬と比べると、病気が少ない猫ですが腎臓の病は深刻です。
メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。

予防策として、水を飲んでもらいましょう。水たまりやお風呂など、猫によって好みの水は異なります。
そのため、容器にも変化を持たせてあげて、1部屋に最低でも数カ所の水飲み場を設置しましょう。

他にも、しょっぱい餌をあえて与えることにより、水をたくさん飲んでもらうというようなこともあるようです。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

 

コラットと少しでも一緒にいるために


普段からたくさんコミュニケーションをとって、普段の様子を理解しておきましょう。
それによって、普段と様子が違うということに気づくことができます。

気づくことができると、早期発見につながります。
違和感を感じたら、動物病院へ相談してみましょう。

 
 

関連カテゴリ