2017年5月17日更新

森のトランぺッター!美しい鳴き声のビーグルの魅力って?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

スヌーピーのモデルにもなった特徴的な可愛らしい顔のビーグル。表情をよくあらわす大きな瞳と、長く垂れた耳がなんともいえずよい味を出していますね。猟犬らしくがっしりとした安定感のある体つきも安心感抜群です。

ビーグルの魅力は見た目だけではありません。ビーグルの魅力的な世界を少しご紹介します。

 

やっぱりスヌーピーお茶目ないたずら好きが魅力

スヌーピーといえばいつも何か冒険を探して、憎めないいたずらを仕掛けてくるのが可愛いキャラクターですよね。

ビーグルはスヌーピーのモデル犬だといわれていますが、それは見た目だけのことではないようです。ビーグルは人を微笑ましい気持ちにさせてしまうくらい、茶目っ気たっぷりでいたずら好きな性格をしています。

ビーグルのいたずらは猟犬の本能でもある、好奇心旺盛で冒険好きな性格のあらわれだといわれています。気になるもの面白そうなものをみつけると、狙った獲物をしとめるようについついちょっかいを出してしまうようです。

もともと陽気で明るい性格のビーグルなので、悪びれることもなく楽しそうにいたずらをしていると、ついつい叱るのも忘れて笑ってしまう飼い主の方も多いとか。ビーグルを飼うにはちょっとのいたずらを楽しむ余裕のある人が向いているようです。

しかし、いつも見逃していると良いこと悪いことの区別がつかなくなってしまいます。叱るときはしっかりと叱ってあげるとよいですね。

人とも犬とも仲良くなれるなつっこい性格

ビーグルは見た目の可愛らしさだけでなく、人とも犬とも仲良くなれるとてもなつっこい性格も魅力の1つです。

特に猟犬としての長い歴史を持ち人との絆の深い犬種であるためか、人見知りをせず誰にでも尻尾を振って近寄って行く犬が多いようです。犬が好きな人なら誰でも、尻尾をふってなついてくれる犬は可愛くてしかたがないものですよね。

その裏返しでとてもさみしがり屋の1面を持っていて、1人にさせると寂しさから吠え続けてしまったり、なにかをずっと噛んでしまったりと、留守番をさせることがなかなか難しい犬種のようです。特に特徴的な吠え声はよく通る声質をしているため、無駄吠えをさせてしまうとご近所の迷惑になり飼いづらくなってしまいます。小さな頃からしっかりと留守番の訓練をしておくとよいですね。

またビーグルの猟の方法は森の中で集団行うものです。そのため他の犬との協調性にも大変優れた性格をしています。小さいころからしっかりと社会性を身に付けさせてあげれば、ドッグランなどに連れていってもほかの犬とすぐ仲良くなれます。

そんな犬も人も大好きなビーグルですから、みんなに愛されるキャラクターであるスヌーピーのモデル犬に選ばれたのかもしれませんね。

 

丈夫で健康的!長く一緒に過ごすことができるかも

ビーグルは体力もあり、とても健康的で長生きな犬種だとわれています。その理由の1つは純血統の犬種に多い先天性の病気が少なく、遺伝子的にとても安定した犬種だということです。日本でも犬の年齢で19歳人間にしたら約92歳まで生きていた記録が残っているほどです。

またビーグルは日本でも長い間人気を保ってきた犬種なので、ビーグルの病気に関する知識はしっかりと蓄積されていています。そのため希少な犬種のように重篤な状態の場合断られてしまうようなことはなく、診察をしてくれる病院が多いのも飼って行く上で安心なポイントですね。

魅力溢れるビーグルの世界

いかがでしたか?

ここにご紹介したのはビーグルの魅力のほんの1部です。人にも個性があるように犬も1匹1匹違った個性を持っていますから、その魅力もまた十人十色です。

犬と生活することの楽しさは、毎日その犬の新しい魅力を見つけることにあるのかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ