2016年4月12日更新

グレート・ピレニーズの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「ピレネー犬」とも呼ばれるグレート・ピレニーズ。その名の通り、昔はスペインのピレネー山脈で番犬として活躍していた犬種でした。その気高い雰囲気から、フランス貴族に愛され、「フランス王室犬」にまでなりました。

厚めの被毛が特徴的なグレート・ピレニーズですが、体重や食事で、気をつける点はあるのでしょうか?

 

グレート・ピレニーズの月齢別の体重について

グレート・ピレニーズ
グレート・ピレニーズの成犬の標準体重は、オスで45kg、メス39kgと言われています。もちろん個体差があり、大きな犬では70kgにもなる個体もいます。ここでは、あるグレート・ピレニーズ(メス)の体重推移をご紹介致します。

生後2ヶ月 5.6kg
生後3ヶ月 11.7kg
生後5ヶ月 21.2kg
生後7ヶ月 27.2kg
生後8ヶ月 27.3kg
生後11ヶ月 32.4kg

数値が飛んでいるので、あまり参考にならないかもしれません。また個体差があるので、あくまでも一例という事でご参考にしてください。グレート・ピレニーズはその体の大きさの割に食べる量が少ないですので、体重も大きさの割には、軽いといわれています。

グレート・ピレニーズの月齢別の食事について

グレート・ピレニーズ
グレート・ピレニーズのような超大型犬は、生後2~8ヶ月頃の成長期に過剰に食事を与えない方が良いのです。

食べるだけ大量に食べさせるとそれだけ大きな犬に成長すると勘違いをして沢山の食事を与える方がよくいますが、そのようにしてしまうと増えた体重で必要以上に骨や関節を圧迫してしまい、正常な成長が阻害されてしまう事があります。

胸の辺りを手で触ってあばらに触ることができるくらいがちょうど良いです。少し痩せ気味位がグレート・ピレニーズの子犬の頃は適正でしょう。

1日の食事量は生後2~3ヶ月まではドッグフードのパッケージに記載されている目安量を参考にして、1日3~4回に分けて与えます。その後、生後8~10ヶ月の間に1日2回にしていきます。

子犬にカルシウムを過剰に与えると、骨と関節の成長を阻害する、と言われています。基本的にはドッグフード以外のものは与えなくても大丈夫なのです。

実はグレート・ピレニーズは体の代謝が他の犬よりも低く、大きな体の割には食べる量は少ないのです。あまり無理に食べさせないようにしましょう。

グレート・ピレニーズはご存知のように、寒さにはとても強い犬ですが暑さには弱いです。日本の夏の暑さに参ってしまう場合もあるでしょう。もちろん夏は屋内で冷房で温度調整を行って飼う必要があります。

そして、食事もあまり摂らなくなる事がありますが、必要以上に心配する事はありません。しかし、ぐったりとしていたり何かいつもと様子が違うようでしたら、早めに受診するようにされてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード