2017年5月17日更新

ペキニーズの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

昔から王族や裕福な人から可愛がられてきたペキニーズですが、今では様々な人から愛され、安定した人気を保っています。ふわふわとした被毛とクリクリとした目、子供のような童顔がたまらないのでしょう。

そんな可愛らしい外見とは裏腹に、実はとても勇敢だったりします。ペキニーズの体重や食事で気をつけた方が良いことをご紹介します。

 

ペキニーズの月齢別の体重について

ペキニーズ
ペキニーズの成犬の標準体重は、オス・メス共に、6kgと言われています。日本ケンネルクラブの定めている理想体重は、オスは5kg以下、メスは5.5kg以下です。

ここではあるペキニーズ(オス)の体重推移をご紹介致します。

生後3ヶ月 1.7kg
生後4ヶ月 3.2kg
生後5ヶ月 4.6kg
生後6ヶ月 5.5kg
生後7ヶ月 6.1kg
生後8ヶ月 6.2kg
生後9ヶ月 6.8kg
生後10ヶ月 7.5kg
1歳0ヶ月 7.6kg
1歳1ヶ月 7.8kg
1歳3ヶ月 7.7kg
1歳5ヶ月 7.6kg

このペキニーズは太っている訳ではないそうですが、胴がどんどん長くなっていきこの体重になってしまったようです。生後10ヶ月以降は体重は安定しているようです。これはあくまで一例として、ご参考にしてください。

ペキニーズの月齢別の食事について

ペキニーズ
大抵は生後2~3ヶ月で家に迎え入れる場合が多いと思いますので、迎え入れた当初は今までいたペットショップやブリーダーで食べていたものと同じドッグフードを、同じやり方(量・回数やふやかし方)で与えるのが子犬にストレスがかからないでしょう。

歯が生え揃うまではドッグフード(ドライフード)をお湯でふやかして与えますが、歯が生え揃ってきたらドッグフードをふやかさないでも食べられるように、少しずつふやかす時間を少なくして固くしていきます。

急に固くしてしまうとまだ消化器が未熟な子犬は消化不良を起こす可能性がありますので、徐々に固くしていってください。また、便の様子を良くみて、もし柔らかくなっているようでしたら元の状態に戻してしばらく様子を見てください。

食事の量は成長と共に増えていきますので、ドッグフードのパッケージの目安量を参考にして与えてください。便が柔らかければ量が多く、逆に固ければ量が少ないので、調整してください。

ただ、便が柔らかいのは食事量だけが原因ではなく、腸内細菌が関係している事もありますので食事量を調整しても便が柔らかいままの場合は受診するようにされてください。

1日の食事の回数は生後2~3ヶ月では3~4回、それから成長するに従い1回量を多く、回数を減らしていきます。1歳になる頃には1日2回にするようにします。

また、ドッグフードの種類も生後8ヶ月位から子犬用から成犬用に切り替えていきます。というのも、子犬用ドッグフードは少量でも栄養が摂れるように作られており、成犬が子犬用を食べると栄養を摂り過ぎになる事があるからです。

子犬用ドッグフードに成犬用ドッグフードを少しずつ混ぜていき、1~2週間で徐々に成犬用ドッグフードに慣らしていきましょう。

ペキニーズについて詳しく知りたい方はこちら
ペキニーズの基礎知識まとめ

 
 

関連カテゴリ