2016年3月1日更新

【獣医師監修】犬の口が臭い原因と対策、予防法。

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

犬を飼っていると様々な問題や悩みが生まれると思います。誰もが愛犬にはいつでも元気でいてほしいと思っているでしょうが、病気になってしまったり骨折や捻挫などのけがをしてしまったりするかもしれません。また、老化による病気や運動機能の低下に直面することもあるでしょう。

犬は私たち人間のように、言葉で具合が悪い!と訴えることができません。我慢をしてしまい、病気が酷くなる事もあるのです。

そうならない為にも飼い主さんが愛犬の調子を気にかけて、健康に過ごさせてあげましょう。

今回は多くの犬が抱える問題の一つ、「口の臭さと口内環境」について、臭くなる原因と対策、その予防方法をご紹介します。

 

口が臭くなる原因

犬の口が臭くなると、吠えた時に臭いがするだけでなく、酷い場合は部屋中に臭いが充満したりしてしまいます。また、犬自身も体調が悪くなったり機嫌が悪くなったりする原因にもなります。

口が臭くなる原因としては、歯垢や歯石が溜まってしまっている事、歯肉炎や歯周病などが挙げられます。

口内環境が悪いと、歯がぐらぐらしてしまったり、歯茎が腫れてしまったりすることもあり、ご飯が美味しく上手く食べられなくなってしまうので犬にとって、とても辛いのです。

対策

においが気になる場合はまず獣医さんに診てもらいましょう。そこで歯垢や歯石をキレイに取り除いてもらうと臭いがなくなります。

歯周病の場合はしっかり治療してもらいましょう。その後も、放置してはまた臭くなってしまうのでこまめにケアが必要です。ケア方法としては、食事後の歯磨きや飲み水を常にキレイな状態にしておくことなどです。

においの元となる細菌が繁殖しないように気をつけてあげましょう。

 

臭くならないための予防方法

歯磨き

口臭の予防のためには、口内環境をキレイに清潔にしておくことが大事です。

まずは、歯磨きです。朝食と夕食の後に歯磨きをしてあげましょう。嫌がる子が多いので、もし嫌がる場合は、唾液を出す効果もある歯磨きガムをあげるのも良いです。

パピー(子犬)の場合は小さい時に歯磨きに慣れてしまえば、成犬になっても嫌がることなく飼い主さんも楽に歯磨きができますので子犬の時から歯磨きをしてあげましょう。

こまめに飲み水を交換する

次に、飲み水を常にキレイにしておく事です。飲み水がお皿などに入っている場合は、飲んでいるときに唾液が入ってしまったりゴミが入ってしまったりします。

そんな状態の水を飲ませていては、口内環境は良くなりません。気がついたら水が減っていなくても取り替えてあげましょう。

定期的な口内チェック

最後に、定期的に口内チェックを行うことです。日頃からお口の中を確認して異常がないかをチェックしましょう。歯や歯茎、口臭、舌などを見て少しでも異常があったら獣医さんに診てもらいましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード