2016年4月12日更新

ボルゾイの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

長〜い足とスラッとした体型、優雅な身のこなしで人々を魅了するボルゾイですが、その昔はオオカミ狩りで活躍していました。今でも多くの著名人に飼われる事もあり、ショーやモデル犬としてその魅力を発揮しています。

ロシアの貴族階級に飼われていた歴史がありマナーの見本とも言えるボルゾイ。そんなボルゾイの体重や食事で、気をつけた方が良い点はあるのでしょうか?

 

ボルゾイの月齢別の体重について


ボルゾイの成犬の標準体重は、オスが34~48kg、メスが27~39kgと言われています。ここでは、あるボルゾイ(オス)の体重推移をご紹介致します。

生後50日 6.6kg
生後2ヶ月 8.4kg
生後3ヶ月 13.4kg
生後4ヶ月 17.0kg
生後5ヶ月 24.0kg
生後6ヶ月 24.0kg
生後7ヶ月 29.0kg
生後9ヶ月 31.0kg
生後10ヶ月 33.0kg
生後11ヶ月 34.3kg

さすがに体重の増え方が凄いですね。あくまで一例ですので、ご参考までに・・。

ボルゾイの月齢別の食事について


生後1ヶ月、乳歯が生えている頃から粉ミルクと乾燥フードなどをお湯で柔らかくして1日4回に分けて与えます。生後50日頃から1日3回にして量を増やしていきます。

生後2ヶ月頃から、子犬用ドッグフードをお湯でふやかしたものを与えていき徐々にふやかす時間を短くして固くしていきます。生後3ヶ月位には、固いままのドッグフードを食べられると良いでしょう。

犬によっては柔らかいものを食べなくなったので固いまま与えると食べた、という場合もありますが、子犬はまだ消化器が未発達ですので子犬の便の様子を見て徐々に固くしていく方が良いでしょう。

便が柔らかければドッグフードの量が多いか、固いためにうまく消化出来ていない可能性があります。量を調整するか固さを元に戻すなどされてみてください。調整してもまだ便が柔らかければ腸内細菌の関係かもしれませんので、受診するのが良いでしょう。逆に便が固い場合は量が少ない、という事が考えられます。

この生後2~3ヶ月位にペットショップやブリーダーから子犬を迎え入れる事が多いと思いますので、元いた所で与えていた同じ種類のドッグフードを同じ与え方(1日の回数や量、ふやかし方)で与えるようにすると、子犬にもストレスがかかりません。

ドッグフードは、パッケージに記載されている1日の量を目安に与えると良いでしょう。量の調整は、便の様子をみて行ないます。1日の回数は、3~4回位に分けましょう。

生後8ヶ月位から、子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えを行うと良いでしょう。その際も徐々に切り替えを行ないます。今までの子犬用ドッグフードに成犬用ドッグフードを少しずつまぜ、1~2週間かけて成犬用ドッグフードにしていきます。

1日の食事回数も3回位にしていくと良いでしょう。ボルゾイは胃捻転(胃の中の空気が膨張して胃がねじれる事。発症すると外科手術が必要で、最悪の場合死に至ります。)の心配がある犬種ですので、食事回数は成犬になっても1日3回以上が望ましいと言われています。

 
 

関連カテゴリ