2016年4月12日更新

サモエドの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

昔は遊牧民族のサモエド族に飼われていた、サモエド。お察しの通り名前は産みの親のサモエド族から来ています。サモエドは寒さに強く、従順・温和で子供やお年寄りにも優しい、良い伴侶犬です。

頭が良く活発なサモエド、体重や食事で、気をつけるのはどのような点でしょうか?詳しくみていきましょう。

 

サモエドの月齢別の体重について


サモエドの成犬の標準体重は、オスで20~29kg、メスで16~23kgと言われています。

生後2ヶ月 5.0kg
生後3ヶ月 8.2kg
生後5ヶ月 12.0kg
生後6ヶ月 14.6kg

データが少なく参考にならないかもしれませんが、生後半年までは1ヶ月で3~4kg増えているのでグングンと成長する様子が分かりますね。あくまで一例ですから、ご参考程度に・・・。

サモエドの月齢別の食事について

サモエドは他の犬種よりもエネルギーの生産効率が高いので、エネルギーの必要量が20%程少ないです。そのため、ドッグフードのパッケージの目安量よりも少ない量で済む場合もあると思いますが、サモエドの様子を見て適正量は決めるようにされてください。

生後6週間までは母乳を与えますが、もしできなければ代用のミルクを与えるようにしてください。生後6週間を過ぎたら、子犬用ドッグフードを1日3~4回に分け、お湯にふやかして与えるようにします。ふやかした後は水気を切り、冷ましてから与えてください。

生後3ヶ月頃からは、ドッグフードをふやかさずにそのまま与えるようにします。急に固いまま与えてしまうと、消化器がまだ未熟な子犬は、消化不良を起こしてしまう可能性があります。少しずつふやかす時間を短くして、徐々に固くしていくようにしてください。

生後4ヶ月になると乳歯から永久歯に生え変わる時期になります。固いままのドッグフードが食べずらければ、少しふやかして与えても良いでしょう。

生後7ヶ月頃になったら、1日の食事回数を2回に減らしていきます。食事の量はドッグフードのパッケージに記載されている目安量を参考にして決めてください。また、生後8ヶ月頃から、子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えていきます。

変える際も急に成犬用にするのではなく、子犬用ドッグフードに少しずつ成犬用ドッグフードを混ぜるようにして、慣れさせていくと良いでしょう。便の様子をみながら、もしゆるくなるようでしたら合わないのかもしれませんので、他の種類のドッグフードに変えてみると良いかもしれません。

大体1~2週間位かけて完全に成犬用のドッグフードにしていきます。1歳になれば成犬ですので、1日の必要量を1~2回に分けて与えるようにします。

7歳からはシニアになりますので、シニア用ドッグフードを与えると良いでしょう。シニアになると食事が食べづらくなる場合がありますので、その場合はお湯でふやかして与えましょう。

 
 

関連カテゴリ