2016年4月12日更新

ダルメシアンの平均体重や、年齢による食事の目安

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ダルメシアンといえばまず、独特の水玉模様を思い浮かべますが、実はあの模様はなぜそうなったのか、分かっていないという不思議な犬種です。シュッとした体型と優雅な見た目から、昔は馬車の馬を守る伴走犬として重宝されていました。

長距離を走るのが得意な持久力のあるダルメシアンですが、体重や食事で気をつけた方が良い事はあるのでしょうか?

 

ダルメシアンの月齢別の体重について


ダルメシアンの成犬の標準体重は、オス・メス共に18~27kgと言われています。日本ケンネルクラブの定める理想体重は、オス27~32kg、メス24~29kgです。

ですが、小柄なダルメシアン、大柄なダルメシアンと個体差がかなりある犬ですので、標準体重や理想体重にとらわれず、獣医に適正体重を聞くと良いでしょう。

大柄な場合は、子犬の頃に1週間で約1kg増える事があります。生後3ヶ月頃から6ヶ月にかけて急激に体重が増加しますので記録を取っておくと推移が良く分かるでしょう。

生後6ヶ月で18kg以上になった場合は、大柄と思って良いでしょう。逆に10kg前半であれば小柄な方になるでしょう。

ダルメシアンの月齢別の食事について


ダルメシアンは数ある犬種の中でも、唯一、人間と同じで尿酸を排出する動物で、尿酸を排出する事で尿道結石になり易いのです。食事管理にはミネラルバランスや水分量に気をつける事が必要です。

生後2~3ヶ月の子犬で迎え入れる事が多いと思いますが、最初は元いたペットショップやブリーダーなどで与えていたものと同じドッグフードを与えるのが良いでしょう。1日の食事回数や量、ふやかし方なども同じにすると、子犬にストレスがかかりません。

生後3ヶ月以降は、子犬用ドッグフードを固いまま食べさせるようにしていきます。といってもいきなり固いまま与えてしまうとまだ消化器の未熟な子犬は消化不良や下痢を起こしてしまう可能性がありますので、少しずつふやかす時間を短くしていき、徐々に固くするようにしていきます。

生後4ヶ月は歯が乳歯から永久歯に生え変わる時期ですので、一時的に固いドッグフードが食べづらくなるかもしれません。そんな時は多少お湯でふやかしてあげると食べやすくなるでしょう。

1日の食事量は成長と共に増えていきますので、ドッグフードのパッケージに記載されている目安量を参考にして与えます。子犬の便の様子で量を調整していきます。

便は柔らかければ食事量が多い、または固過ぎる、便が固くなれば量が少ないという事になります。しかし、便が柔らかいのは食事量だけの問題ではなく腸内細菌が関わっている場合もありますので、食事を調整しても便の状態が良くならない場合は受診する事をオススメ致します。

1日の食事回数は、生後3ヶ月~6ヶ月頃は3~4回、生後6ヶ月以降は2回位にしていきます。

また、生後8ヶ月頃から、子犬用ドッグフードから成犬用ドッグフードに切り替えを行っていきます。急に成犬用ドッグフードに切り替えるのではなく、少しずつ今までの子犬用ドッグフードに成犬用ドッグフードをまぜていき、1~2週間かけて最終的に完全に成犬用ドッグフードにするようにされてください。

 
 

関連カテゴリ