2016年6月13日更新

ジャパニーズボブテイルの寿命と長生きしてもらうためのポイント3選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫ブームと言われている昨今ですが、その健康に対しても意識が変わってきています。
では、健康に長生きしてもらうためには、どんなことに注意すればよいのでしょうか?

 

ジャパニーズボブテイルの平均寿命は?


猫全体の寿命は、雑種、純血種含めて15歳前後と言われています。
ジャパニーズボブテイルの平均寿命は、12歳~15歳と言われています。全体と大差ないくらいでしょうか。

しかし、生活習慣や餌に気を付けてあげることで、20歳以上生きた猫もいるようです。
できることはしてあげるようにしましょう。

長寿のポイントは?

ジャパニーズボブテイルがかかりやすい病気は?

猫パルボウイルス感染症

ジャパニーズボブテイルは、猫パルボウイルス感染症にかかりやすいと言われています。

猫パルボウイルス感染症は死亡率の非常に高い病気です。
主症状は、嘔吐や下痢などです。

初期症状は、発熱や食欲不振などで他の病気との区別がつきにくいでしょう。
感染経路も非常に幅広いため、すべてをシャットアウトするのはとても大変です。確実な予防方法は、ワクチンを徹底することでしょう。

キャットフード

キャットフードは、普段何気なく与えていて、コスパなどで決めがちではないでしょうか?
人間も猫も食べたもので体が作られます。食事は、一番重要です。

どこにでも売っているキャットフードは安価で使い勝手も良いでしょう。
しかし、メリットは人間にしかないかもしれません。

安価なキャットフードは、かさ増しのためにアレルギー物質が含まれている可能性もあります。
ぜひ一度、現在与えているキャットフードの内容物を確認してみてはいかがでしょうか?
高級なものではなくても、安全なキャットフードを探してみましょう。

水と腎臓

猫の一番多い死因は、腎臓の病です。

肥満による病は、人間や犬に比べて少ない猫ですが腎臓の病は非常に多いものとなっています。
メスよりもオスの方が腎臓に砂が溜まりやすく、中々排泄されない場合が多いようです。
長生きしている猫も、メスの方が多いので、その証拠かもしれません。

予防策は、清潔な水を確実に飲んでもらうことです。

生活圏内に数カ所の水飲み場を設置して、容器も風味を損なわないものから、ステンレス、プラスチックなど種類を変えてあげることも必要です。
個体差もありますが、飲まないことを念頭に置いて意識的に、水分をたくさん取らせるようにしましょう。

 

ジャパニーズボブテイルと長く一緒にいるために


画像出典:ようてい
普段から行動などを確認しておき、普段の様子をしっかりと理解しておきましょう。
理解しておくことで、異変に気づくことができるでしょう。

異変に気づくことができれば、早期発見につなげることができます。
早期発見が長寿にもつながるでしょう。

 
 

関連カテゴリ