2016年6月20日更新

マンチカンをお迎えしたい人に知ってほしい、マンチカンのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

マンチカンは、その短い足が特徴的でとても愛らしい猫です。
最近では、ペットショップでの取り扱いも増えていますが、入手方法はそれだけではありません。
ブリーダーという方法もあります。
では、ブリーダーの際にはどんなことに注意が必要でしょうか?

 

ブリーダーについて

まず、ブリーダーとは、猫の繁殖を行っている方のことを指します。
ブリーダーのところで産まれた子猫が、オークションなどで競り落とされペットショップで販売されています。

ブリーダーのメリットは、ブリーダーから直接子猫を購入することができるため、安心してお迎えができる点です。
ペットショップで販売されている子猫の場合、生後間もない時からペットショップへ移されるため、環境の変化などでストレスを感じ免疫力も低下して、病気や感染症にもかかりやすくなってしまいます。
ブリーダーから直接お迎えする場合には、生後しばらく母猫や兄弟と過ごすことができるために、社会性を学ぶこともでき、のびのびと育つことが出来、将来的にも安定した猫になる可能性が高いでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


ブリーダーからお迎えするときには、必ず環境や母猫、人柄などをしっかりチェックしてください。
問い合わせた時の対応や、見学時の様子から判断しましょう。
中には、お金のために劣悪な環境で無理な繁殖を行っているブリーダーもいます。

マンチカンは足が短い猫種ですが、足の短い猫同士を交配してしまうと、産まれてくる子猫の死亡率が高いともいわれています。
できれば両親を確認できると安心です。

 

マンチカンのブリーダーを探すには?

マンチカンのブリーダーを探すためには、「マンチカン ブリーダー」などで検索するとブリーダー個人のHPやランキングなどがヒットします。
昔ながらの方法では、新聞に募集記事を出すこともあったようですが、最近ではインターネットで探すことが多いでしょう。
下記サイトはマンチカン専門のブリーダーです。
専門ということは、その猫種のプロでもあるので、安心してお迎えできるのではないでしょうか。

下記のサイトのように全国のマンチカンを扱っているブリーダーを、まとめて掲載しているサイトもあります。

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダーだけでなく、他にもお迎えする方法はあります。
中には、ブリーダーから購入であっても高額になってしまうこともあります。
猫にも人間にも優しい方法は、里親から引き取る方法でしょうか。

里親から引き取る場合は、必ずしも子猫ではないかもしれませんし、血統書もないかもしれません。
しかし、猫であることに変わりありません。
お迎えする方法にこだわらず、自身がこの猫だ!と思える猫をお迎えしましょう。

マンチカンをお迎えするために


マンチカンをお迎えするためには、どんな子猫にしようか、とまず考えがちです。
しかし、入手方法は様々あります。
どうか入手方法にこだわらずに、相性や直感で決めるのも良いのではないでしょうか。

【マンチカンのおすすめ記事】

【ペットシッターが解説】マンチカンとの暮らしで注意すること

 
 

関連カテゴリ