2017年5月17日更新

タキシードを着た紳士!ユニークな見た目が魅力のボストン・テリア

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ボストン・テリアといえばバットイヤーともいわれる大きな立耳が特徴ですね。ぺちゃっとつぶれた鼻と、離れ気味の大きな目も相まって、一目見たら忘れられない味のあるユニークな顔立ちをしています。

ボストン・テリア の魅力は見た目だけではありません。ボストン・テリア の魅力的な世界を少しご紹介します。

 

紳士と呼ばれるほど飼い主の気持ちに敏感

ボストン・テリアが「タキシードを着た紳士」や「アメリカの小さな紳士」などと呼ばれている理由は、ちょっとこわもての顔とは真逆の優しくて穏やかな性格にあります。飼い主の行動や仕草をよく観察していて飼い主の気持ちを察してくれる優しさが、レディーに車のドアをあけて待っている紳士のような振る舞いにみえるのかもしれませんね。

もともと闘犬のために作られた犬種なのですが、闘犬が禁止され愛玩犬として小型化される中で、その性格も穏やかで優しい家庭向きなものになっていったといわれています。

テリアといわれていますが、テリア気質が強い方ではありません。それは掛け合わせの際にフレンチ・ブルドッグの血が入ったため、ブルドッグの我慢強いところが表にあらわれた結果だろうといわれています。

小さな頃からしっかりとした社会性を身に付けておけば、我慢強い性格でもあるので、小さなお子さんが少々手荒く扱ってもじっと我慢して上手に遊んでくれます。ただしどうしても少しずつストレスがたまってしまいます。時にはお子さんとは別に、ドッグランなどで気分転換をさせてあげるとよいですね。

忠誠心にあつく賢い性格なのでしつけやすい

ボストン・テリアは優しく温厚なだけでなく、賢く忠誠心にあつい性格をしています。頭がいいということは、とてもしつけやすい犬種だということです。犬の飼育が初めての方でも犬のしつけについて基本的なことを理解していれば、比較的簡単にしつけることができるので飼いやすいといわれています。

ただし頭がいいということはずる賢いということにもつながります。ちょっとしたいたずらをして隠してみたり、やってもいないのに褒められたくてやったふりをしてみたり、茶目っ気のある可愛いずる賢さは微笑ましいものですね。しかし、甘やかしすぎるとどんどんずる賢いことを覚えてしまうので、ちょっと微笑ましいことでもずる賢いことをしたらちゃんと叱ってあげてくださいね。

 

やんちゃ?遊び好き?甘えん坊?色々な顔があるのも魅力的

ボストン・テリアはやはりテリアの血が入っていますから、やんちゃで遊び好きなところがあります。ドッグランでは他の犬と一緒に走り回ったり、ボール遊びに興じたり、家の中でも大好きなおもちゃがあればとにかく夢中になって遊びます。ちょっと夢中になり過ぎてテンションが上がり過ぎすところがありますが、しつけの中でクールダウンの方法を教えておいてあげれば安心です。

そんなやんちゃな1面もありますが飼い主にはトコトン甘える甘えん坊の1面も持っています。飼い主を喜ばせることが大好きで、飼い主の言う事を聞き逃すまいとしているのか、小首を傾げてじっと話しを聞いている姿はたまらなく可愛らしいですよね。

飼い主やその家族には人懐っこい面を見せる反面、縄張り意識が強いので見知らぬ人が家に入って来ると警戒吠えをしたり、番犬としての1面をみせてくれたりします。

毎日いろいろな顔を見られるところもボストン・テリアの魅力ですね。

魅力溢れるボストン・テリア の世界

いかがでしたか?

ここにご紹介したのはボストン・テリア の魅力のほんの1部です。人にも個性があるように犬も1匹1匹違った個性を持っていますから、その魅力もまた十人十色です。

犬と生活することの楽しさは、毎日その犬の新しい魅力を見つけることにあるのかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ