2016年4月4日更新

ロシアンブルーをお迎えしたい人に知ってほしい、ロシアンブルーのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ロシアンブルーは、単色でその美しい被毛が特徴的です。性格も穏やかですが、少し神経質な面があるようです。あまり鳴かないので、集合住宅でも飼いやすいでしょう。

そんなロシアンブルーをブリーダーからお迎えするには、どんなことに注意したら良いのでしょう?

 

ブリーダーについて

ブリーダーのメリットは、心身ともに健康な子猫をお迎えできるところでしょう。ペットショップで販売されている子猫も、元々はブリーダーで産まれた子猫です。

しかし、生後間もなく母猫と離されていたり、長距離を移動していることもあるかもしれません。生後数か月は、母猫や兄弟と社会性を学んだり、精神的な安定を得る期間です。

その大切な数か月をブリーダーのところで過ごしている子猫は、将来的に心身ともに健康な猫に育つでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


ロシアンブルーは知名度もあり、人気もある猫です。ブリーダーも数多くいるでしょう。
しかし、中にはお金だけを目的に繁殖をしているブリーダーもいます。

注意しなければいけないことは、まず動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているかです。
日本でブリーダーは上記の登録が義務化されています。

また、ロシアンブルーについて知識があるかどうかも、確認をしましょう。
何かあったとき、お迎え前の心配事などどんなことでも不安に思ったら、質問をしてみましょう。

他にも、問い合わせの段階で、見学を勧めてくれたでしょうか?購入者の家族構成や環境について興味を持って質問をしてきましたか?

ロシアンブルーを大切に思うからこそ、自然と生活環境にも話が及ぶかもしれません。
最後に、ロシアンブルーに愛情を持って繁殖させているかどうかも、重要な注意点です。

 

ロシアンブルーのブリーダーを探すには?

ブリーダーを探す方法も、最近ではすっかりインターネットが主になっています。

その中でも下記サイトでは、全国のブリーダーをまとめて掲載してくれているので、地域のブリーダーを探すことができるでしょう。ブリーダーごとに口コミも閲覧できるので、口コミから探すことも可能です。
みんなのロシアンブルー子猫ブリーダー

下記サイトでは、信頼のできるブリーダーを紹介してもらうことができるようです。
ブリーダーも行っていますが、人気のため掲載前に家族が決まってしまうことが多いようです。
ロシアンブルー専門サイト・ロシアンブルーBeginners-cafe

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダー以外にも、お迎えする方法はあります。

ペットショップはもちろんですが、最近では里親という選択をする方も増えています。
以前は、保健所に問い合わせたりする必要があったかもしれませんが、インターネットでの募集も増えています。

里親募集のサイトなどがあり、ブリーダーを探すことと大差ありません。ぜひ一度検索をしてみてはいかがでしょうか?

ロシアンブルーの里親についてもっと知りたい方はこちらも合わせてお読みください。
ロシアンブルーの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ロシアンブルーをお迎えするために


ロシアンブルーをお迎えしようと考えた時に、いきなり里親としてお迎えするという選択肢は浮かばないでしょう。

しかし、一度詳しいことを調べてみてください。そうすることで、里親に対するイメージが湧くかもしれません。
一度検討してみてください。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード