2017年5月17日更新

獅子のたてがみのような飾り毛!ペキニーズの魅力4選

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ぺちゃっとつぶれた鼻と大きな黒い瞳、獅子のたてがみのような立派な被毛が特徴的なペキニーズ。その見た目から獅子犬といわれ、古くは中国の唐の時代から王族の一員として寵愛を受けてきた気品溢れる犬です。でもペキニーズ の魅力は見た目だけではありません。ペキニーズ の魅力的な世界を少しご紹介します。

 

猫みたいな犬?マイペースなところが魅力的

ペキニーズの性格を調べると多くの場合、猫のような犬と書かれています。猫のような犬ってどんなことなのでしょう?

なでて欲しそうに甘えてくるかと思うと、自分が夢中になって遊んで時は名前を呼んでも無視したり、ちょっと駆け引きをしているような距離感を保つところがあるようですね。人のペースにあわせてともに行動することを好む犬種が多いなか、自分のペースを貫くマイペースさが猫のようだといわれるのかもしれません。

基本的には温厚な性格なので、見知らぬ人に威圧的になることはあまりないようですが、警戒心が強いので誰にでも愛想を振りまくようなことはしません。1度見知った相手には友好的ですが、常に愛想よく尻尾を振って飛びつくような感じではないようですね。

こんなツンデレなところに虜になってしまう飼い主の方も多いようです。

王宮仕込みのプライドの高さ

ペキニーズは長い間王宮や宮廷などで高貴な方々の間で寵愛されてきました。そのためなのか、はたまたもともとの性格なのか、とてもプライドが高く人に媚びない頑固なところがあるといわれています。

自分が気に入らないと散歩の途中でも座り込んでしまったり、自分より下だと思った人のいうことは全く聞かなかったり、ちょっと困った性格ではあるのですが、小さな体でがんとして聞かない素振りが可愛らしいようですね。なかなか振り向かない人を振り向かせたいような気持と同じで、何が何でもいうことを聞かせたいと躍起になってしまうような魅力があるようです。

そんなペキニーズですからしつけには少々時間と手間がかかることが多いようです。

ペキニーズを飼う人は根気強く接してあげることができて、ペキニーズの頑固さを面白がれるような人が向いているかもしれません。

 

独占欲も人一倍!

ペキニーズは飼い主対する独占欲が強いところがあるようです。

普段はいつもべったりというわけではないようですが、飼い主が他の人と話しているような時は間に入ってきたりするようで、普段がマイペースなだけにそんな姿を見るとたまらなく可愛く感じてしまうとか。

だからといって抱き上げようとすると嫌がって逃げてしまったりするようで、振り向かせようと思うとするりと逃げるような感じです。恋愛が上手な人のように飼い主の心を独占してしまうのが上手なようですね。

歩く姿も愛らしい

ペキニーズはローリング歩行という独特の歩き方をします。

短い前足を回ながら体を左右に揺らして歩く歩き方で、優雅で上品な歩き方だといわれています。

やや胴長短足な体型をしていて、顔が埋もれてしまうくらい豊かな被毛をしているペキニーズですから、お尻をふりふり歩く姿はまるで毛糸玉が転がっていくようで、なんとも愛嬌のある姿です。

ペキニーズはあまり活発な犬種ではなく運動量もあまり必要としません。気分転換のための毎日10分程度の散歩で十分だといわれています。時間がなかなか取れない方や、ご高齢の方でも飼いやすいのも魅力の1つですね。

魅力溢れるペキニーズ の世界

いかがでしたか?

ここにご紹介したのはペキニーズ の魅力のほんの1部です。人にも個性があるように犬も1匹1匹違った個性を持っていますから、その魅力もまた十人十色です。

犬と生活することの楽しさは、毎日その犬の新しい魅力を見つけることにあるのかもしれませんね。

ペキニーズについて詳しく知りたい方はこちら
ペキニーズの基礎知識まとめ