2016年6月17日更新

ブリーダーからフレンチ・ブルドッグを迎える時の選び方・メリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

昔パリで大流行したフレンチ・ブルドッグ。元々はイギリスにいた犬なのですがあまり人気が出ず、パリに進出したとたんパリジェンヌ達の心をわしづかみにし、名前も「ブルドッグ・フランセ」と名付けられました。

フレンチ・ブルドッグをブリーダーから迎えるに当たって、選び方やメリットはあるのでしょうか?

 

ブリーダーとは?


ブリーダーとは平たく言えば、フレンチ・ブルドッグを専門として繁殖させ、世話やしつけを行ない流通させる人達、となりますが実は優良なブリーダー達はフレンチ・ブルドッグという犬種に惚れ込み、スタンダードを目指して日々努力を続けている人たちなのです。

スタンダードとは、その犬種で標準となる基準の事です。フレンチ・ブルドッグのスタンダードを深く理解し、繁殖学はもちろん、その他にも獣医学や遺伝学など幅広く学び、経験を重ねていく事で良いフレンチ・ブルドッグを残そうと情報もブラッシュアップをしています。

このような優良ブリーダーからフレンチ・ブルドッグの子犬を手に入れることは、良いフレンチ・ブルドッグを比較的安く購入出来るということであり、その他にもメリットは沢山あります。

まず、血統がしっかりと分かる事。遺伝的疾患は感染症の管理がきちんとされている為にほとんど心配がない事。購入後もブリーダーに相談が出来る事。子犬の成長に重要な「社会期」と親・兄弟と過ごしているので社会性のある犬が手に入ること、などです。

日本ではペットショップで子犬を購入するのが一般的ですが、ブリーダーから購入する方が良い点が沢山あるのです。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

フレンチ・ブルドッグの子犬を探す時はまず、信頼出来るブリーダーを見つけてください。その為には必ずブリーダーの元に足を運び、犬舎を実際にみて決めること。その際に信頼できるブリーダーなのか否を見極めます。

見極め方としては、犬舎の衛生管理がきちんとされているか、犬の扱いはどうか、繁殖計画はどんなものか、などをチェックすると良いでしょう。

特に繁殖計画については、繁殖期ごとに子犬を産ませて「パピーミル」(子犬製造工場)状態になっていないかの確認ができます。世の中の悪徳ブリーダーはとにかく子犬を産ませてお金を稼ごうとしているのが見てとれますので、そういったブリーダーからは子犬は購入しない方が良いでしょう。

 

フレンチ・ブルドッグのブリーダーの探し方

優良なブリーダーを探すには、やはりネット検索してみるのが一番効率的でしょう。ここでは、優良ブリーダーばかりを紹介しているサイトをご紹介致します。

愛犬の友 ブリーダーズサイト

こちらのサイトは信頼できるブリーダーを集めて紹介しています。1952年創刊の雑誌、「愛犬の友」が運営するサイトです。是非ご覧になってみてください。

購入特典なども充実しています。ブリーダーから購入するメリットやブリーダーとは何かなど、詳しく記載されています。そちらもご参考にして頂けるでしょう。

ブリーダー以外の探し方


これまでご紹介してきたように、優良なブリーダーからフレンチ・ブルドッグを購入する事は非常にメリットが多いです。オススメです。ですが、ですが、不幸にも飼い主がおらず、明日の命をも知れない、というフレンチ・ブルドッグも世の中には沢山いる事も忘れないでいて欲しいのです。

ワケあって捨てられてしまったフレンチ・ブルドッグ、飼い主が亡くなってしまったフレンチ・ブルドッグ、もう殺処分まで期限がないフレンチ・ブルドッグなど、こういった境遇にいるフレンチ・ブルドッグは沢山います。

ですから「里親」という選択肢も頭の中に入れて欲しいのです。フレンチ・ブルドッグの里親になる方法は、下記リンクをご参照ください。

フレンチ・ブルドッグの里親になるには?

恵まれないフレンチ・ブルドッグを助けるためにも、どうかお願い致します!

 
 

関連カテゴリ