2016年6月17日更新

ブリーダーからマルチーズを迎える時の選び方・メリット

マルチーズはかなり昔からヨーロッパで愛玩犬として飼われていた犬種です。その小柄な体から、上流階級の人たちからは「抱き犬」として可愛がられました。今でこそ純白の被毛がトレードマークとなっていますが、昔は白以外の毛色のマルチーズもいたようです。

マルチーズをブリーダーから迎える時の選び方やメリットはあるのでしょうか?

ブリーダーとは?

マルチーズのブリーダーというのは、マルチーズを専門として繁殖させ、産まれた子犬の世話やしつけなどを行って流通させる人たちの事を言います。優良なブリーダーであれば、マルチーズという犬種に惚れ込み、スタンダードと言われるマルチーズの基準となる体高や体重、体の部分部分の特徴などを深く理解してスタンダードなマルチーズを生み出そうと日々努力しています。

そのため、お金の為にやっている、というよりかは、本当に良いマルチーズを残したい、という思いでやられている方がほとんどです。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


前の項目で書いたように、優良なブリーダーはマルチーズの繁殖に対して真剣に取り組んでいます。ですが、お金儲けが最優先の悪徳ブリーダーも世の中には存在し、彼らはとにかく子犬を産ませようと、繁殖期ごとに繁殖させ、子犬を「パピーミル」まるで子犬製造工場のように増やしています。

こういったブリーダーの元で産まれた子犬は遺伝性疾患や感染症がきちんと管理されているとは言いがたく、母犬への負担を考えるとモラル的にも決して良いとは言えませんので、お付き合いしない事をオススメします。

子犬を決める時には必ずブリーダーを訪れて犬舎の衛生管理や犬の扱い方、繁殖計画などをチェックすると良いでしょう。長いお付き合いとなる子犬の様子も直接見られますから、一度はブリーダーを訪問されてみてください。

信頼出来るブリーダーなのかそうではないかも、一度訪れてみれば分かるでしょう。是非、ご面倒でも足を運んでみる事を強くオススメ致します。

フレンチ・ブルドッグのブリーダーの探し方


優良なブリーダーを探すには、やはりネット検索がオススメでしょう。一番効率が多く、情報量も多いです。多過ぎて探せない・・・という方には信頼出来るサイトをご紹介致します。

みんなのマルチーズブリーダー

こちらのサイトは厳しい基準を通ったブリーダーしか登録する事が出来ません。成約した際の特典も用意されているようですので、一度ご覧になってみると良い情報が得られるかもしれません。

ブリーダー以外の探し方

お伝えしてきたように、ブリーダーでマルチーズを購入するのはメリットが多く、オススメです。ですが、世の中には飼い主がいなくて明日の命をも知れない、というマルチーズもいる事を忘れないでいて欲しいのです。

ワケあって捨てられてしまったマルチーズや飼い主が亡くなってしまったマルチーズ、保健所で殺処分を待つマルチーズなど、不幸な境遇にあるマルチーズは沢山います。

ですから子犬ではないかもしれませんが、「里親」という選択肢も頭に入れておいて頂けると幸いです。恵まれないマルチーズを助けられるのはあなたです。

マルチーズの里親になる方法は下記に記載致しますので、是非ご参照ください。不幸なマルチーズを減らすためにも、宜しくお願いします。

マルチーズの里親になる方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

東京で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないことが……

犬の心臓の病気

マルチーズの里親になる方法・マルチーズの里親を探す方法

ふわふわの真っ白い絹糸のような被毛に覆われた、まるでぬいぐるみのようなマルチーズ。長い被毛をリボンで結わき、真っ黒な瞳で見つめられると、思わず抱きしめたくなりますよね。そんなマルチーズの里親……

犬・小犬の里親になる

マルチーズの平均体重や、年齢による食事の目安

昔からヨーロッパで愛玩犬として人気を博していたマルチーズですが、とても古い歴史を持っています。なんと紀元前から、マルチーズに関する記述があるという事です。今では真っ白な被毛が特徴となっていま……

マルチーズ

輝く白い毛が魅力!マルチーズブログ 6選

マルチーズと言えば美しく輝く白い被毛でしょう。紀元前の昔から愛玩犬として可愛がられており、美しい被毛が魅力として数千ドルの値がつく高級犬だった時代もあるとか。今でも明るく活発で利口な性格から……

マルチーズ

神奈川で犬の心臓病に強い動物病院おすすめ10選

犬の寿命が延びたことで、心臓病のリスクが高くなっていくと言われています。シニアとなった犬や、小型犬はより心臓病に注意する必要があります。 心臓病は悪くなる前に早期発見し、悪化させないこ……

犬の心臓の病気