2017年5月17日更新

ブリーダーからパピヨンを迎える時の選び方・メリット

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

華奢〜で耳が蝶・・・おフランスのかほりがたっぷりのパピヨンですが、その優雅な出で立ち通り、ヨーロッパ貴族に愛された犬なのでした。中には神経質なパピヨンもいますが、基本的には外見だけではなく性格も飼いやすい事から、今もその人気は衰えていません。

パピヨンをブリーダーから迎えるとしたら、どのように選んだら良いのか、メリットはあるのでしょうか?

 

ブリーダーとは?


ブリーダーとは平たく言えば「パピヨンの繁殖を行ない、世話・しつけ等を行ない流通させる」仕事という事になりますが、多くの優良ブリーダーはパピヨンに惚れ込み、パピヨンのスタンダート(基準となる体重・体高・体の部分の形など)を良く理解して適切な繁殖を行っています。

遺伝性疾患や感染症などの管理にも気を配っており、遺伝学・繁殖学・獣医学などの知識を持ち、経験を重ねて日々ブラッシュアップを行っています。

このような優良ブリーダーの元で育った子犬は健康で社交的であることが多く、人間の家庭に入ってもトラブルなく暮らせる犬がほとんどです。また、購入後もパピヨンの専門家であるブリーダーに相談する事もできますし、何と言っても良いパピヨンが中間マージンのない適正価格で手に入る事が大きなメリットと言えるでしょう。

ペットショップも元はこのようなブリーダーから仕入れている場合がありますが、間にいくつかの業者を通すために中間マージンがかかり、同じ子犬でも金額が跳ね上がってしまう事は否めません。

ブリーダーですと、どのような親犬の子供なのかがはっきりと分かる事も安心できますね。日本ではペットショップで子犬を購入する方が一般的ですが、ブリーダーから直接購入する手段もメリットが沢山ありますので、是非ご検討されてみてください。

パピヨンをブリーダーからお迎えする時の注意点

まずはどのブリーダーからパピヨンを迎えるかを決めるのが重要です。大半が優良なブリーダーではあるのですが、中には「パピーミル(子犬製造工場)」と言われるような繁殖期ごとに子犬を産ませて量産する、という悪徳なブリーダーも存在しています

このようなブリーダーの元で育った子犬は健康とは言い切れませんし、遺伝性疾患や感染症の管理もきちんと行われているか疑問が残る所です。何より、母犬に多大な負担をかけている事でモラル的にも良いとは言えませんので、きちんと見分けて頂けると良いですね。

子犬を決める際には必ずブリーダーの元を訪れて、犬舎を見せて貰いましょう。衛生管理はきちんとなされているのか、犬の扱いはどうか、繁殖計画など確認しましょう。特に繁殖計画に関しては、優良なブリーダーであれば母犬に負担のかからないようにしっかりと考えられていますので、繁殖期ごとに産ませる、という事はないはずです。

 

パピヨンのブリーダーの探し方

それでは、どのように優良ブリーダーを探すのが良いのでしょうか?やはりネット検索をして情報を集めるのが一番効率が良いでしょう。ここでは、優良なパピヨンのブリーダーご紹介させて頂きます。

マダムパピヨン犬舎
千葉県東金市にある、パピヨンの専門ブリーダーです。46年という長い歴史を持ったパピヨンのブリーダーですから、その子犬の質に関しても信頼がおけるでしょう。是非一度、見学に出かけてみてはいかがでしょうか?

ブリーダー以外の探し方


ここまで、ブリーダーからパピヨンを迎えるメリットをお話してきました。確かにブリーダーから子犬を購入するのは良い方法です。ですが、飼い主不在で明日の命をも知れない、というパピヨンも沢山いる事を忘れないで頂きたいのです。

ワケあって捨てられてしまった・・・飼い主が亡くなってしまった・・・保健所に収容されており、もう殺処分まで時間がない・・・など、沢山のパピヨンが飼い主を探しています

人間の都合で命の危機にさらされているパピヨンを救うためにも、「里親」という選択肢も入れてくれませんか?

里親を募集しているパピヨンは、子犬ではないかもしれません。でも、あなたの救いを待っている尊い命なのです。

パピヨンの里親になる方法は、こちらからご覧ください。
パピヨンの里親になるには?

あなたの温かなご決断をお待ちしています。

 
 

関連カテゴリ