2016年11月11日更新

【ペットシッターが解説】トイプードルとの暮らしで注意すること

 
 

トイプードルの性格と性質

性格


トイプードルは、そのかわいらしい見た目からとても人気のある犬種です。さらに、元気いっぱいで、人とも他のペットとも仲良くなれるフレンドリーさを持っています。

また非常に賢いので、人間の言葉もよく理解し、家族だけでなくたくさんの人と楽しく過ごすことができます。しつけやコミュニケーションも、楽しみながら覚えることができるでしょう。

一方、その元気が有り余って、ジャンプをして飛びかかってしまったり、いたずらもあっという間に覚えてしまうという賢さまで持っています。運動量の多さやジャンプ力は目を見張るものがあります。

うっかり、テーブルの上に置いておいた物を取られてしまうということも注意しなくてはいけません。とても頭がよい犬種だからこそ、悪いことまで覚えてしまうスピードの速さがあるのです。その為、トイプードルは、飼い始めた段階から楽しみながらもしつけをしっかり行うことが大切になります。

性質

素材_poodle-380934_640
トイプードルは、シングルコートで抜け毛も少なく、とても飼い易いと言われている犬種です。ブラック、ホワイト、レッド、ブラウン、アプリコットなどカラーのバリエーションも多いのですが、カラーによって性格も異なる特徴があります。なかには2色以上のカラーをもつトイプードルもいます。特徴的なフワフワのカールした毛を保つ為に、日頃のブラッシングと定期的なトリミングが必要になります。

トイプードルは、毛色による性格の違いもありますが、オスとメスでも違いがあると言われています。個体差はありますが、どちらかというと、オスのほうがやんちゃな場合が多く、愛嬌をふりまいてくれるようです。


飼育の注意点

室内環境

素材_shutterstock_181328066
トイプードルの被毛はシングルコートの為、実は、寒さに弱い犬種です。さらに体自体も小さいということがあり、冬になると、洋服を着せていても、ずっとストーブの前から動かないということもあります。

まず、冬の寒さ対策は徹底して行うようにしましょう。室温は26~28℃ほどに設定しておくようにしましょう。暖房を使いながら、適度に湿度を保つことも大切です。乾燥してしまうと、ウイルスが蔓延しやすくなったり、トイプードルの巻き毛がどんどん乾燥してしまいます。

湿度は50~60%ほどにしておくとよいでしょう。また、夜はペットヒーターをベッド周りに入れてあげたり、オイルヒーターをケージ横に置くなどして体が冷えないように工夫をしてあげることもよいでしょう。

夏は熱中症に注意するため、室温は23~25℃ほどに設定しておきましょう。また、万が一、停電などで、冷房が消えてしまった時の為にも、冷感マットなどを利用して、涼める場所を作っておくことが大切になります。熱中症は命に関わります。十分注意しましょう。

トイプードルは、足が細く関節も弱いため、ジャンプが関節の病気を誘引したり、骨折の原因になってしまうことがあります。フローリングは、特に滑りやすく、体に負担をかけてしまうものです。

カーペットを敷く、ペット専用の滑り止めつきマットを敷く、コルクマットを敷くなどして、関節に負担をかけないようにしましょう。ただし、素材によっては、犬が糸や綿、コルクを誤飲してしまうこともあります。愛犬の様子を見ながら、素材は選ぶようにしましょう。

ソファなどを置く際も、そこから飛び降りて骨折をしないように、ステップをつけてあげたり、抱っこをする、低めのソファを選ぶ、初めから上らせないしつけをして習慣にするなど、日頃から注意することが大切です。

家具の配置

素材dog-879600_640
トイプードルは、非常に頭がよい犬種です。その為、飼い主さんとの関係も非常に大切になります。お部屋自体が広い縄張りだと感じるようになると、たちまち飼い主さんとの関係が逆転してしまうこともあるのです。

本来、犬は体を休めるときは巣穴で休んでいました。トイプードルと暮らす際も、犬のパーソナルスペースを確保する為、ケージやサークルで過ごす習慣を作るとよいでしょう。サークルを置き、その中にベッドやトイレ、食事場所を作っておくと、留守番の際や来客時なども安心してその中で過ごさせることができます。

トイプードルは好奇心旺盛な犬種です。リビングなど目が届くところで、直射日光やエアコンの風が直接当たらない場所、転倒のおそれのある家具やインテリアのそばに置かないなど、サークルの設置場所には十分注意するようにしましょう。

運動

imasia_13559064_S
原産国フランスのプードルは、もともと水猟犬が祖先だったといわれています。小型化され、愛玩犬の代表となったトイプードルですが、運動はとても大切になります。特にお散歩は小型犬でありながら、30分程必要です。

もちろん、1日2回に分けてお散歩をする、1日1回たっぷり歩く、雨の日は行かずにお部屋で遊ぶなど、運動に関するルールというのは、各家庭によって異なりますが、いずれにしても、運動不足は大きなストレスになってしまいます。

また、定期的にドッグランなどに行き、社会経験を積みながら思いっきり運動させることもよいでしょう。お部屋の中でも、たっぷり遊んで運動する習慣を作りましょう。特に、トイプードルは、人が大好きな為、コミュニケーションやスキンシップも大好きです。ボール投げやロープでの引っ張りっこも喜んで遊ぶことでしょう。

おもちゃで遊ぶ時もたくさん声をかけてあげ、アイコンタクトをとりながら遊ぶようにしましょう。また、コマンドなどが成功した時は、オーバーなくらいに褒めてあげることで、さらに楽しく信頼関係を深めることができるでしょう。

しつけ

imasia_8433958_S
トイプードルのしつけで大切なことは、飼い主さんがリーダーになるということです。頭がよく、物覚えもよいトイプードルだからこそ、主従関係がとても大切になるのです。しつけを行う時、まずはアイコンタクトのトレーニングから始めるようにしましょう。その後、褒めて伸ばすことを忘れずに、トイレトレーニングやクレートトレーニングにつなげていきましょう。

無駄吠えが始まったとき、遊びたいと要求する時、人の食べ物を欲しがる時、トイプードルはその賢さゆえに様々な方法で気持ちを訴えてくることがあります。しかし、リーダーがあくまでも主導権をにぎり、無視をする、怒る時は毅然とした態度や声で怒ることが大切です。

トイプードルは、定期的なトリミングなど体のケアを必要とする犬種です。普段から、リラックスした状態で体の色々な部分を触ることができるようスキンシップを取ることもしつけのひとつです。最初から嫌がる場所を触るのではなく、初めは背中や胸など犬が喜ぶところを触り、たくさん褒めながら行うことが大切です。

トイプードルのケア方法

ブラッシング


トイプードルの魅力といえば、そのフワフワの毛からできるカットスタイルです。他の犬種ではなかなかできない様々なカットスタイルを楽しむことができるのは、トイプードルと一緒に暮らすことの楽しみのひとつです。

そんなフワフワの毛を保つ為には、日頃のブラッシングがとても大切になります。トイプードルのブラッシングは、針金状になっているスリッカーブラシやコームを使うことで、毛玉を予防することができます。

スリッカーは強くにぎってしまうと、皮膚を傷つけてしまう恐れもあるので、注意しましょう。親指と人差し指で軽く持ち、手首のスナップで軽くブラッシングしてあげるようにします。ただし、毛をしっかり根元からとかないと、もつれや毛玉はできてしまいます。毛をかきわけながら、丁寧にスリッカーをかけ、仕上げにコームをかけるようにしましょう。

爪切り

imasia_7430655_S
トイプードルの爪切りはお散歩をしていても、定期的にする必要があります。アスファルトを元気に歩き、爪が削れていくことはあっても、綺麗に整っていくわけではありません。爪が引っかかって怪我をすることや、伸びた爪がそのまま肉球に刺さってしまうということもあるのです。

自宅で爪切りをする場合は、まず爪切り自体に慣らすところから始めましょう。爪を切る場合は、血管と神経を切らないように気をつけます。

 
 

ペットシッター