2016年6月6日更新

ブリーダーからボーダー・コリーをお迎えする時の選び方、メリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「賢い」の代名詞のようなボーダー・コリーですが、実は以外としつけが大変という噂もあります。それでも、あの頭の良さ、機敏性、能力の高さに一緒に暮らしたい、と思う方は多いでしょう。

ボーダー・コリーをブリーダーから迎える時の選び方やメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

 

ブリーダーとは?

ブリーダーを簡単に説明すると、「犬の繁殖を行ない、世話・しつけ等をし流通させる仕事」と言う事ができます。ですがもちろんそれだけではなく、優良なブリーダーはボーダー・コリーという犬種に惚れ込み、良い犬を残そうと日々努力をしています。

ボーダー・コリーのスタンダード(体重・体高・体の部分の形など)を深く理解し、それに近づけるため、そして健康な犬を生み出すために、繁殖学はもちろん、獣医学・遺伝学・行動学など様々な知識と経験を積み重ねています。

ブリーダーから子犬を迎えるメリットとしては、遺伝性疾患や感染症の心配がほとんどないこと、社会性が身に付いている子犬が手に入ること、そして中間マージンのない適正価格で購入できること、などが挙げられます。

購入後もボーダー・コリーの専門家であるブリーダーに困った時は相談が出来ますし、良いことずくめと言えばその通りでしょう。是非この機会に、ブリーダーから子犬をお迎えする事もご検討されてみてはいかがですか?

ボーダー・コリーをブリーダーから迎える時の注意点


まず、子犬を決める前に、信頼できるブリーダー探しからされると良いでしょう。世の中の大半は誇りを持った優良ブリーダーですが、中には「パピーミル」と呼ばれるような子犬をとにかく量産している悪徳なブリーダーも存在しています

そのような悪徳ブリーダーの元で産まれた子犬は遺伝性疾患や感染症の管理がきちんと行われているか疑わしいですし、繁殖期ごとに出産させられている母犬が多く、多大な負担が母犬に掛かっている為、モラル的な面でも問題があります。

ですから、ブリーダーを見つけたらまずは見学に行かれる事を強くオススメ致します。犬舎を実際に見学して、衛生管理や犬の扱いはどうかなどを確認します。

繁殖計画についても聞いてみると、そのブリーダーが優良なのかそうでないのかを知る事が出来ます。優良なブリーダーはしっかりとした考えの基、計画的に繁殖計画を立てています。そうでないブリーダーは前述したように繁殖期ごとに産ませるなど、無謀な計画を立てているでしょう。

 

ボーダー・コリーのブリーダーの探し方


それでは、優良ブリーダーへ辿り着く手段は、どのようなものがあるのでしょうか?やはりネット検索をしてみるのが一番効率的でしょう。ここでは、ボーダー・コリーの優良なブリーダーばかりを集めた専門サイトをご紹介致します。

愛犬の友ブリーダーズサイト

1952年創刊の「愛犬の友」が運営しているブリーダー紹介サイトです。なんと言っても運営母体が信頼がおける歴史ある雑誌社ですし、紹介しているブリーダーも独自の基準で選別している優良ブリーダーばかりです。

このサイト経由で成約した場合には、様々な特典もついていますし、オススメです!是非、ご覧になってみてください。

ブリーダー以外の探し方

ここまでブリーダーからボーダー・コリーを迎えるメリットなどをお伝えしてきました。愛情たっぷりにブリーダーに育てられ、また良い飼い主と出会える子犬は本当に幸せだと思います。

ですが、その一方で明日の命をも知れないボーダー・コリー達がいる事も頭に留めておいて頂きたいのです。ワケあって捨てられてしまった犬、保健所にいて処分まで時間がない犬、災害でさまよっている犬など、命の憂き目にあっているボーダー・コリーは沢山います。

そのようなボーダー・コリー達を救うためにも「里親」という選択肢を入れて頂きたいのです。

ボーダー・コリーの里親になる方法は下記リンクに記してあります。

ボーダー・コリーの里親になるには?

里子のボーダー・コリーは子犬ではないかもしれません。ですが、生体代がかからなかったり、人慣れしていて扱いやすい犬もいます。どうか「里親」という方法もご検討ください。

 
 

関連カテゴリ