2016年6月20日更新

ラガマフィンをお迎えしたい人に知ってほしい、ラガマフィンのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ラガマフィンは、ラグドールとよく似ていてとても可愛らしい見た目をしています。ラグドールよりもカラーが豊富のため、選択の幅も広がります。性格も、ラグドールと同じく穏やかで大人しいために飼いやすいようです。

そんなラガマフィンをブリーダーからお迎えするには、どんなことに注意が必要なのでしょうか?

 

ブリーダーについて


画像出典:Takashi Hososhima
ブリーダーのメリットは、心身ともに健康な子猫をお迎えできることでしょう。

ペットショップで販売されている子猫も、元々はブリーダーで産まれた子猫です。何が異なるかというと、生後数ヵ月の過ごす環境です。
ペットショップの子猫は、生後間もなくに競りやペットショップの展示で過ごします。母猫や兄弟猫に関わることがほとんどありません。

ブリーダーのところで過ごす場合には、ブリーダー家族と母猫、兄弟たちと一緒です。そこで、社会性を学んだり家庭での過ごし方を学ぶことができるでしょう。
この数か月の差は、成猫になってから大きく影響します。

ブリーダーからお迎えする時の注意点


画像出典:Chris Dlugosz
ただブリーダーを探すだけではなく、信用できるブリーダーを探さなくてはいけません。

まずは、動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか確認してみましょう。日本では、繁殖販売をするには以上2点の登録が必須となっています。
それから、見学の際には猫の生活環境も確認しましょう。母猫は元気でしょうか?兄弟たちも子猫らしく過ごしているでしょうか?水は常に飲める環境でしょうか?

信頼のできるブリーダーさんを見極めてから購入するようにしましょう。

 

ラガマフィンのブリーダーを探すには?

ラガマフィンのブリーダーは、多くはありません。数少ないブリーダーでも、常に子猫がいるわけではないでしょう。
信用できるブリーダーを探したら、子猫がいなくても問い合わせをして次回出産などを確認してみましょう。

下記サイトでは、全国のブリーダーを紹介しています。
自身の都道府県にブリーダーがいないかもしれません。遠方に見学へ行くことも考慮してください。
みんなのラガマフィン子猫ブリーダー

ブリーダー以外のお迎え方法

猫をお迎えする方法は、ブリーダーやペットショップだけではありません。
里親という方法もあります。

ブリーダーと同じく、探すまでに時間がかかるかもしれません。
しかし、今でもたくさんの猫が飼い主を探していることを忘れないようにしてください。

ラガマフィンの里親について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
ラガマフィンの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

トップ画像出典:dee & tula monstah