2016年4月12日更新

獣医師に聞いた! 愛犬の脳を活性化する「においかぎ当て」トレーニングとは!?

犬と暮らしていると、うれしい、楽しい、寂しいなどの感情表現が豊かで、知能の高さに感心させられます。その能力をさらに高める方法はないものでしょうか。「犬が得意とする『においをかぐ』力を磨くことで、脳を刺激するトレーニング法があります」と話すのは、獣医師で動物病院Rire(リール。東京都渋谷区)の橋本理沙院長。詳しいお話を聞いてみました。

ペットの犬は、脳の使い方がアンバランス

橋本獣医師はまず、犬の脳の構造について、次のように説明します。

「犬にもヒトと同様に、理性、思考、判断をつかさどる『考える脳』の大脳新皮質と呼ぶ部分と、食欲、性欲、攻撃、回避、においをかぎとるなどの本能的な欲求・行動や、喜び、怒り、恐怖などの情動をつかさどる『感じる脳』の大脳辺縁(へんえん)系があります。

犬の『考える脳』は小さく、ヒトほど発達していませんが、『感じる脳』の大きさや構造には、ヒトと大きな違いがないと言われています」

犬は感情豊かだということです。「ただし、ペットの犬の場合、脳の使い方がアンバランスになりやすいんです」と橋本医師。野生動物との差について、こう続けます。

「生きるために狩りをする、敵から身を守る、においを頼りに移動するなどの必要がないペットの犬は、野生動物ほど『感じる脳』を使う機会がありません。一方で、飼い主の動向や様子を伺う、しつけのルールを学習する、OKが出るまで食べたい欲求を抑えるなど、『考える脳』を使う機会は多々あります。

『感じる脳』への刺激が少なく、本能的な欲求を十分に満たすことができない、『考える脳』を使う機会が多過ぎる、いずれの状態も犬にとってはストレスになります。犬がほえる原因は、不安、恐怖、興奮、体調不良などさまざまですが、それらのストレスからほえやすくなることもあると言われています」

脳の使い方がアンバランスになって犬がストレスをためないよう、飼い主が気を付ける必要がありそうです。

においをかぐ訓練が、ストレス解消、自信、精神の落ち着きにつながる

犬が脳をバランスよく使えるようにする方法はあるのでしょうか。

「『感じる脳』を使う機会を増やす方法があります。『ノーズワーク』と呼ばれるにおいをかぎ当てるトレーニングです。嗅覚を高めて『感じる脳』を刺激し、犬に適度な疲労、ストレス解消、達成感、自信、精神的な落ち着きをもたらすことが期待できます」と橋本獣医師。

ではここで橋本獣医師に、自宅でできる「ノーズワーク」の手順と方法を教えてもらいましょう。

(1)おやつと容器を準備する

小さくちぎったジャーキー、小さなドッグフードなどのおやつを5~6粒程度、おやつを入れる紙コップを2個以上用意します。同じ形・色で、透明でない容器であれば、弁当箱やプラスチックの植木鉢などでもかまいません。

(2)犬に、おやつのにおいを覚えさせる

犬におやつのにおいをかがせた後、「待て」をして、目の前で紙コップの中におやつを1粒入れます。紙コップを逆さにして床に伏せて置き、犬に見分けられないよう位置を入れ替えます。

(3)おやつの入った紙コップをかぎ当てさせる

「おやつはどこ?」、「探して」などと声をかけ、おやつ入りの紙コップを探させます。かぎ当てたらすぐに褒(ほ)めて、そのおやつをごほうびとして与えましょう。

全部の紙コップを引っくり返す、指示が出る前におやつを食べてしまうなど、失敗した場合は最初からやり直してください。1回につき5分程度、(2)から(3)を何度か繰り返し行います。

(4)難易度を上げる

慣れてきたら、紙コップの数を増やす、探させる範囲を広げる、おやつの代わりに、靴下や手袋など家族のにおいのついたものを使って、難易度を上げてみましょう。食べ物以外を探す場合も、見つけた後にはごほうびのおやつを与えます。

最後に橋本獣医師は、次のようにアドバイスを加えます。

「ノーズワークには、先ほどお話したように『感じる脳』を活性化させるほか、犬とヒトが絆を深められるというメリットもあります。無理強いせず、ゲーム感覚で毎日楽しく続けることがポイントです。

うまく探させるコツが分からない、より高度なトレーニング法を知りたい場合は、動物病院やしつけ教室が開催しているノーズワークのセミナーに参加してみるといいでしょう」

筆者が自宅で犬に(1)から(3)を行ったところ、初日は戸惑っていたものの、3日目からは鼻をくんくんさせながら、1回でおやつの入った紙コップをかぎ当てられるようになりました。1週間続けていますが、「かまって」と足元にまとわり付くことが減ってきたように思います。「精神が落ち着くというメリットもある」(橋本獣医師)とのことなので、ぜひ試してみてください。

記事提供:獣医師に聞いた! 愛犬の脳を活性化する「においかぎ当て」トレーニングとは!?

ペット生活 獣医師



獣医師

ペット生活編集部の獣医師アカウント。ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ただ音を出しているだけじゃない。犬が鼻を鳴らすのにはちゃんと意味があった!

犬は言葉を話すわけではありませんが、ボディランゲージでさまざまな感情を飼い主さんに伝えてきています。吠え方や尻尾の振り方に犬の気持ちが込められていることは飼い主さんならよく知っているでしょう……

犬の心を読む訓練

香水やアロマはOK?  ​「犬の嗅覚」の疑問に獣医師が答える!

香水をつけていたら、近付いてきた友人の犬に逃げられたことがあります。みなさんもそんな経験はありませんか? 「犬は人間よりにおいを嗅ぎ分ける力が優れています。犬にも香りの好き嫌いがあり、その犬……

あなたの愛犬にも可能性が?!犬がもつ驚くべき能力に迫る!

太古の時代から類まれな能力で人間の暮らしを助けてきた犬。においを感じる能力と脚力で狩猟に同行し、家畜を追ってきたのはよく知られるところですが、最近では犬の新たな能力が発見され、活躍の場が広が……

犬の習性

獣医師に聞いた! 愛犬の脳を活性化する「においかぎ当て」トレーニングとは!?

犬と暮らしていると、うれしい、楽しい、寂しいなどの感情表現が豊かで、知能の高さに感心させられます。その能力をさらに高める方法はないものでしょうか。「犬が得意とする『においをかぐ』力を磨くこと……

犬の鼻・嗅覚