2016年12月26日更新

ペットのマナーについて飼い主さんが感じること、飼っていない人が感じること

ペットと出かけることが珍しくなくなった最近。飼い主さんがペットと一緒に交通機関や公共の場所を利用する機会も増えてきました。飼い主さんにとっては便利ですが、ペット連れていない一般の人にとっては迷惑だと感じる瞬間もあるようです。アイペット損害保険株式会社はこの現状を調査するため、ペット同伴で公共交通機関を利用する時のマナーについて飼い主さんと一般の人の両方にアンケートを行いました。

飼い主さんに質問!ペットと一緒に利用した交通機関は?


飼い主さんにペット同伴で利用した移動手段について尋ねたところ、自分の車を使っていると答えた割合が73.7%に上りました。やはり、多くの飼い主さんが移動手段として自由が利き、人に迷惑をかけない自家用車を利用しているようです。(複数回答n=559)

公共交通機関の利用率では電車、タクシー、バス、新幹線などが続きますが利用割合はいずれもそんなに多くはありませんし、交通機関を利用したことがないと答えた飼い主さんも全体の1/5いました。

画像出典:PR TIMES

ペット同伴で公共交通機関を利用する際のマナーが気になる?

imasia_6077178_S
「ペット同伴で公共交通機関を利用している飼い主さんのマナーが気になるか?」という質問をペット飼育者とペット未飼育者の方の両方に行ったところ、ともに3割以上が「気になる」と答えました。

特にペット飼育者の方が他の飼育者のマナーが気になると答えた割合が高かったのは注目すべきポイントでしょう。ペットを飼っている人の方が他の飼育者のマナー違反に気づきやすいということかもしれません。

画像出典:PR TIMES

ペット同伴の公共交通機関利用に不快を感じたことは?


ペット同伴で交通機関を利用している際に感じた不快な点について、同じくペット飼育者とペット未飼育者の方両方に尋ねました。その結果、ペット未飼育者にもっとも多かったのは「マナー違反をしても飼い主が平気な顔をしている」という答え(60.9%)。

ペットが迷惑なのはまだしも、それに対して保護責任のある飼い主が平気な顔をしているという点が未飼育者である一般の方々を不快にしているようです。その他にも「鳴き声がうるさい」「座席の上にケージを置いている」「においが気になる」などが不快な点としてあげられました。

逆にペット飼育者が気になる他の飼育者のマナー違反で最も多かったのが「ケージから出している」、次が「鳴き声がうるさい」でした。同じペット飼育者だからこそ、マナー違反には厳しい目をもっていることが分かります。

  • ペット未飼育者(n=69)、ペット飼育者(n=216)


画像出典:PR TIMES

マナーを守ればお互いが気持ちよく公共交通機関を利用できる?

それでは、マナーを守ればペット同伴での公共交通機関の利用に、お互いの理解が得られるのでしょうか。前項で「ペット同伴の交通機関利用に関して不快な経験がある」と答えた未飼育者に「マナーを守ればお互いに気持ちよく交通機関を利用できるか?」について尋ねたところ、84.1%がYESと答えました。マナーを守り、他の乗客に充分に配慮すれば、両者が歩み寄れることをこの結果は示しています。

画像出典:PR TIMES

ペットの飼い主さんに聞いた!ペットとのおでかけは楽しい?

犬_素材
反対にペット飼育者はペットとのおでかけについてどう思っているのでしょうか?多かったのは「ペットとの楽しい思い出が増えた」(61.5%)、「ペットがいることで家族の仲が良くなった」(35.7%)という答えで、やはり飼育者はペットと過ごす時間を楽しんでいることが分かります。「ペットを残していく不安がなくなった」と答えた飼育者もいて、犬を残していくことに後ろめたさを感じる飼育者も多い実情がうかがえます。

他の飼い主さんのためにもマナーは守ろう

犬_素材dog-1258102_640
飼い主さんがペットを連れておでかけする傾向は年々高まり、それに対応する施設も増えてきています。ペットの市民権が向上しつつあるいま、この傾向に歯止めをかけないためには飼い主さんのマナーが大切です。ペット同伴の利用者はまだまだ少数派。飼い主さん一人ひとりがマナーに気をつけ、非飼育者の方々に気持ちよく認めてもらうことが大切なのです。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

子犬を飼い始めたころの食事の注意点とは?子犬の食事の与えた方について

子犬は産まれてからの期間が浅く、成長期にあたるため、成犬よりも食事に気を使ってあげなければなりません。また栄養面だけではなく、体が成犬よりも弱いため、健康面にも配慮してあげる必要があります。……

犬のしつけ

犬のしつけ・トレーニングをする際に効果的なご褒美の与え方

新しい行動を犬に教える時(トレーニングをする時)にはご褒美がとても有効です。私たち人間がそうであるように、犬も報酬が出ることに対してはモチベーションが上がるのです。そこで今回は、どのようにご……

犬のしつけの基礎

犬の飛びつきは危険!防止策とトレーニング方法について

皆さんは犬に飛びつかれた経験はありますか?相手が小型犬であれば足元でぴょんぴょん飛ぶ姿が愛らしく、つい構ってしまいがちですね。 しかし実はその行動、「飛びつき」という問題行動の一つなの……

犬のしつけ

犬のおもちゃ 投げて飼い主も一緒に遊べるボールタイプ10選

犬のおもちゃといっても、様々なタイプのおもちゃがありますね。今回はボールタイプのセレクションです。ボールタイプが好きな愛犬にどうぞ!屋外型、室内型、素材なども様々なものを選んでいます。 ……

犬のストレス

愛犬を叱るときに気をつけるべきこと。好きだからこそ、叱ることも大事です。

犬をしつけるには、犬の喜ぶことばかりでなく、犬がいやがることもしつけないといけません。いやがることを、嫌だと思わせないように教えるのが、上手なしつけということです。 さて、ここでは、犬……

犬のしつけ