2016年12月25日更新

猫の飼い主さんが回答。ペットの成長を実感し寂しくなる瞬間は?

愛護週間には毎年テーマが設けられますが2015年のテーマは「飼う前も飼ってからも考えよう」でした。アイペット損害保険株式会社が「ペットを飼い始めた時と現在の違い」についてのアンケートを実施。アンケートへの回答は、飼い主さんが苦労や問題はあるものの、ペットに対する深い愛情をもっていることが分かる結果となりました。

飼い始めの悩みと現在解決したことは?

「ペットを飼い始めてから1年間で悩んだこと」について飼い主さんに尋ねたところ、一番の悩みは「トイレのトラブル」でした。決められた場所で排泄できないペットの癖は確かに飼い主さんにとって深刻な悩みになることでしょう。他の悩みとしては「無駄吠え」「お留守番ができない」などしつけがうまくいかないことや、「食欲がない」「健康に不安がある」など体調面があがりました。

飼い始めて1年間はさまざまな悩みもあるようですが、解決した問題も少なくなかったようです。悩みNO.1だったトイレの問題もその後の飼育過程で半数以上が解決したと答えています。また「なついてくれない」という悩みを抱いていたケースでも、その後多くが解決へ。時間をかけて可愛がることでペットが馴染んでいったのでしょう。多くの飼い主さんが悩みながらも問題をクリアしていったのですね。

画像出典:PR TIMES

  • 昔悩んでいたこと(n=381)、今は解決したこと(n=458)*悩んでいなかったものの現在は「解決した」と回答した人が含まれています。

ペット飼育の悩み、どうやって解決した?

それでは飼い主さんはペットの悩みをどのように解決したのでしょうか?解決方法を質問したアンケート(n=319)の回答でもっとも多かったのは「辛抱強く繰り返し教えた」という答えで57.7%。多くの飼い主さんが繰り返し何度も何度も教えてペットをしつけていることが分かります。飼い主さんの中にはネットや本で調べたり、ペットを飼っている知人に相談したり、専門家に相談するなど自らが学んだ人も少なくなく熱意が感じられます。

その反面、ペットが成長するに従って解決したという回答も32.6%あり、ペットが大人になるに従って自ら学んでいくことも多いかったことが分かります。ペットと飼い主さんの両方が解決のために頑張っていることがうかがえる結果でした。

画像出典:PR TIMES

ペットの成長に寂しさを感じる?

「ペットの成長に寂しさをかんじたことがあるか?」という質問(n=564)に対しては面白いことに意見が分かれました。「寂しさを感じたことがある」と答えた飼い主さんが若干、上回ったもののほぼ半々。これは質問した時期のペットの年齢にもよるかもしれません。そこで、どんな時に寂しさを感じたのかを質問したのが次の項目です。

画像出典:PR TIMES

ペットの成長を実感し寂しくなる瞬間は?

「ペットの成長と実感し寂しくなる瞬間」を聞いたところ(n=289)、もっとも多かったのは「物事に対するリアクションが少なくなった」という答えでした。若いときには元気で飛び回っていたペットが年を取ってリアクションしなくなる姿に寂しさを感じるのは当然かもしれません。次点の「遊んでいたおもちゃで遊ばなくなったとき」をあげた飼い主さんにも同じ想いが感じられます。

上記よりは少ないものの「後ろ姿が大きくなったとき」「人見知りしなくなったとき」という答えも。恐らくペットはまだ若いのでしょうが、子犬、子猫だった頃と比べて成長し、飼い主さんべったりでなくなる姿に寂しさを感じているのでしょう。

「ペットに期待したこと」と「現在のペットの存在」は?

次に「飼い始めた当初にペットに期待したこと」と「現在、あなたにとってペットはどんな存在か?」を訪ねたアンケートです。飼い始めた頃、現在ともにトップは「癒しや慈しみの対象」という答えで70%以上。ほとんどの飼い主さんが癒されたいと考えてペットを飼い始め、その通りに癒されていることが分かります。

さらに「家族関係に良い影響がある」と答えた飼い主さんは「現在」が「飼い始め」を上回る結果に。いずれにせよ、ペットによって心が豊かになっている飼い主さんが多いということが分かります。

画像出典:PR TIMES

「やっぱり“うちの子”しかいない!」

最後に「やっぱり“うちの子”しかいないと思うか?」を尋ねたところ(単純回答n=563)何と91%がYESの答え。「そばで安心して寝ている姿」や「帰宅時に喜び一杯で迎えに出てくれる健気な姿」「悲しいときに寄り添ってくれる優しさ」を見たとき、自分のペットに特別な愛情を感じるようです。そこには単に動物好きを超えた家族への愛情があると言って良いでしょう。

画像出典:PR TIMES

飼い始めだけでなく、飼ってからも愛情を注いで

「飼う前も、飼ってからも考えよう」は2015年の動物愛護週間のテーマでしたが、この期間だけでなくペットが生きている限りはペットのことを考えてあげることが大切です。ペットと一緒にいられること、ペットが与えてくれる幸せに感謝し、たとえトラブルや問題があっても乗り切ってくださいね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

人間が食べてもOK!? ドッグフード「DELI STYLE~愛犬のお惣菜」が全国一斉発売!

画像出典:PR TIMES 「食べたものが体を作る」と言われますが、これは人間だけではありません。犬だって食べ物次第で健康にも病気にもなるのです。最近では、フードの大切さに気付いて愛犬にこ……

犬のニュース

【ドッグマナー協会理事が解説】犬に優しくない日本は2020年東京オリンピックまでに何か変わるのか?

日本は本当に犬に優しくない国です。 特に電車で移動する際には強く感じます。 電車の規制が厳しいのでケージに入れて運べる小型犬じゃないとまず無理です。それに心なしか周りの目が冷ややかだ……

犬のニュース

2016年6月4日(土) 犬部フェスタin幕張ハウジングパーク

イベント内容 内容 ドッググッズマーケット ドッグカフェ グルメコーナー ビンゴゲーム デンタルケア 愛犬身体測定 ♪ハピマナ♪ザ★スーパ……

犬のニュース

犬を飼う前にぜひ読んでほしい『犬を飼うってステキです―か?』

多くの飼い主さんはいま、犬を飼う悦びを感じ、犬を大切にしていると思います。しかし、実際には犬の世話や犬の起こすトラブルに頭を悩ませている飼い主さんもいることでしょう。 犬を飼うのは洋服……

犬のニュース

獣医師が教える!ぽっちゃり気味の犬猫さんへお届けする安全なダイエット

犬や猫も肥満になります。肥満になると、関節障害や心臓疾患、糖尿病、猫であれば泌尿器疾患にもかかりやすくなります。今回は、前半で犬や猫のダイエット方法を、後半で健康を害さないために大切な点と、……

犬のニュース