2016年5月15日更新

【体験談】オモチャどう使ってる?壊れやすい使い方、壊れづらい使い方調べました。

家の中で遊ぶ時に使うオモチャ。人によって色々な使い方があるのではないかなと思い、体験談を調べてみました。使う時のちょっとしたコツも聞いてみましたのでぜひぜひ参考にしてみてください!!

ダンボールに穴があいていて、もぐらたたきのようにじゃらすオモチャの場合

素材_shutterstock_61925275
段ボールで出来た上部に穴の空いたおもちゃ。用途としては飼い主が穴から指を出して猫がもぐらたたきのようにして遊ぶように出来てます。

穴から指を出すより猫じゃらしを出す方が猫の興味をひくかと思い、猫じゃらしを出していたら猫パンチで棒の傾きで段ボールに大きな穴が空いてしまいました。猫の爪でひっかかれて怖いなーというかたは柔らかい素材を使って遊ぶと良いかも!!

また猫同士で遊ばせる場合は猫の爪を切ってあげてから遊ばしてあげることが大事です!暗くして下から懐中電灯などで明かりを照らしてあげると猫の反応が面白いのでオススメです!!笑穴が大きくなってしまったらいっそもっと大きくして猫を中に入れてあげて上からおやつあげる遊びも楽しいですよー!(30代/男性)

球体の形をしたボール、ぬいぐるみ、布製のボール、ひもやロープのオモチャ

素材_shutterstock_115925875

球体の形をしたボール、ぬいぐるみ、布製のボール、ひもやロープ、綱状のものを使用しました。どれも一見頑丈そうに見えるものを基本的には購入。安いものだと犬の唾液で匂いがついてしまうので、出来れば洗濯や水洗いが出来るものを選びました。

犬だけで遊ばせていると、ひたすら噛み続けたり、同じところを噛んでいるのでチカラを与えると弱い部分が出来てきます。我が家の犬だけなのかわかりませんが、なぜか、その弱い部分を噛むのが好きで壊れるケースがほとんどでした。なので基本的には、人間が声をかけて一緒に遊ぶスタイルでした。ボールなどは一時的に預かって投げたり、隠すなど小細工をして犬が噛む事だけに集中しないよう気を紛らわせているといった感じです。なるべく引っ張る動作にしないのがポイントでした。(30代/女性・犬種:ラブラドール)

手のひらサイズの鼠のオモチャの場合

素材_shutterstock_283066877

手のひらサイズの鼠のおもちゃを買いました。全体が毛で覆われていてにネジを回すと大きな音を立てて走り出す仕組みです。

畳やフローリングならちゃんと走るのですが、毛足の長い絨毯など、滑りの悪い所では全く機能を果たさず、走りません。その止まったままの鼠のおもちゃの毛に反応した猫が、鼠に噛みついて、あっと言う間に、身ぐるみを剥がされたように無機質な鼠にしてしまいました。その後はネジを回してフローリングで動かしても怖がってしまって、逃げていく始末。もう少しはやく毛を剥がされる前に取り上げて根気よく遊べばよかったなと思います。(40代/女性)

テディベアのような熊の形をしたぬいぐるみのようなオモチャの場合

素材_影絵_shutterstock_170459420

テディベアのような熊の形をした、素材はナイレックスという比較的毛足が短い生地でボア系の生地のような毛羽立っているという感じではありません。大きさが全長10センチくらいで、中央で両手にバラの花束を持っているぬいぐるみのようなおもちゃです。

ぬいぐるみ系のおもちゃを与える時に注意していることが、胴体部に対して小さいパーツがついていないかどうかを確認します。(うさぎのしっぽのようにお尻に小さい丸いパーツがついていると、そこを口でくわえて犬がぶんぶんを振り回して、そこからぬいぐるみの縫合がとけて敗れてしまうため。)問題もなさそうなのでそのまま与えました。すると犬がそばに寄り添うようにして落ち着いて遊んでいたため安心して私は夕飯の支度へキッチンに。

1時間ほど目を離してから犬の方をふと見ると、さっき与えたぬいぐるみの縫合が破れて中の綿が見え始めていました。慌てて犬から取り上げて何が悪かったのか確認してみると、ぬいぐるみの背中についていた小さなタグ(キャラクター名と素材などが記載)の部分から縫合が外れていました。どうやらそのタグを口に含んでぐるぐると振り回してしまったようです。

縫合が外れそうなパーツの有無確認のみならず、タグがもしあった場合は口に含めないように縫合ぎりぎりのところをハサミでカットするべきだったなと思います。(20代以下/女性・犬種:チワワ

先に毛が付いた猫じゃらし棒のオモチャの場合

素材_shutterstock_157989458 (1)
猫じゃらし棒大好きなうちのネコさん、普通に遊んでる時も喰らいつくと意地でも離さないぐらい玩具大好き。くわえて走り回ったり、1匹でも遊びまわる元気な子です。一人遊びに飽きると人間の下に持って来て再び遊ぶことをねだるか遊ぶこと自体に飽きたらその辺に放置してしまいます。留守中でも一人で遊ぶと思って出掛けに部屋に放置してったのが間違いでした・・・。どうやら一人遊びに飽きたところで先の毛部分をガジガジとかじって中の皮がふやけたところを更にかじって細かくボロボロにしてしまってました。私が帰って来たころには先の毛部分は3分の1ぐらいしか残ってない酷い状態に・・・この手の玩具は人間がいない間は放置してはいけませんね。(40代/女性)

サッカーボールの模様が入っているボールのオモチャの場合

パピヨン
ピンク色でサッカーボールの模様が入っているボールです。ポリ素材で出来ており、小型権に与える握りこぶしより小さめの直径です。また、笛のようなものが一つ側面についており、歩くと音がするサンダルのように犬が噛むことで音が鳴ります。

犬の歯がちょうど生えてきている頃に遊び道具として与えたため、歯のあたりが気持ち悪いのかボールを噛み千切ってぼろぼろにしてしまいました。叱っても目を放した隙に完全にボールとしての形が分からなくなるほどにばらばらにしてしまったため1ヶ月もたたず捨てました。しつけをするのも大切ですが、歯が生え始めて気持ち悪いと感じているならばガムのようなもので代替できるようにしてやればよかったのではと思います。もしくは歯が生え揃ってからおもちゃを与えればよかったかもしれません。(20代以下/女性・犬種:超小型犬のパピヨン

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

愛犬、愛猫の名前を星に付けられる!愛するペットを永遠に輝かせるスターネーミングライツとは?

愛犬や愛猫との生活にはいずれ別れが来ます。一緒に過ごした証に何か想い出になるものを残しておきたいと思ったことはありませんか? 最近では猫の髭や毛玉を残すボックスや遺骨を持ち運べるペンダ……

犬のニュース

【愛犬と過ごすハロウィン!】愛犬のためのワイコイン料理教室

当イベントは大好評にて終了いたしました。ご参加いただいたみなさま、まことにありがとうございました。 当日の様子はよろしければこちらからご覧ください♪ http://pet-seikats……

犬のニュース

秋田犬、甲斐犬など日本犬は天然記念物。保護運動によって救われた日本犬の話

秋田犬、甲斐犬、紀州犬、柴犬など日本犬は天然記念物に指定されているのをご存知でしょうか?日本犬がペットショップで売られていないのは天然記念物として保護されているからなのです。今でこそ日本犬は……

犬のニュース

飼い犬が減っているのに飼い猫は微増しているのはなぜ?猫を飼う人が増えている4つの理由

日本ペットフード協会が平成25年度に行った調査によると、犬の飼育頭数は10,872,000頭、猫は9742頭。実はこの時点で犬を飼う人の数は年々減っているのに対し、猫を飼う人は微増ですが増え……

犬のニュース

インテリアとしてもオシャレ!職人手作りのペットハウス「KAMAKURA」発売!

画像出典:@Press:アットプレス 犬や猫を飼っている家なら大抵置いてあるのがペットハウスです。ペットがくつろぐことができ、寝場所としても最適なペットハウスですが、巷で売られているペット……

犬のニュース

尻尾を振るのはバカにしているから?知っておきたい犬と猫の気持ち

犬と猫、大きな違いは「喜怒哀楽」のアピール力。尻尾の動きの激しい犬は気持ちがわかりやすく、あまり尻尾を動かさない猫はミステリアスだと思いませんか? 犬や猫の気持ちを表す大きな手がかりと……

犬のニュース

ペットの種類で飼い主の○○が分る(笑)アメリカの研究が結構凄い【後編】

それでは後編ではいよいよ飼っているペットで分る、飼い主の㊙︎事情をご紹介しましょう。これはアメリカの調査報告によるものですが、例えばウサギを飼っているかたは、他のペットを飼っている人の中で最……

犬のニュース

あなたの愛犬、愛猫の名前はランクインしてる?2015年ペットの名前ランキング発表!

いまや家族の一員として家庭で大切に育てられているペット。当然のことながら名前を付けるにあたっても、熟考し特別な想いで名前を選ぶ飼い主さんが増えてきているようです。「ハートのペット保険」で知ら……

犬のニュース

これなら勉強も楽しくなる?ウチのペットが学習帳の表紙になる!

画像出典:PR TIMES 大好きなペットの写真を使って愛犬、愛猫グッズをオーダーメイドできるサービスは、飼い主さんの間で根強い人気があります。トートバッグやクッション、Tシャツ、マグ……

犬のニュース

愛犬と一緒に行きたいこだわりのドッグカフェ&レストラン ~ 茨城編

犬を同伴できる飲食店にもさまざまなスタンスがあり、受け入れ態勢はお店によってかなり異なります。愛犬の同伴をメインに考えた犬コンシャスなお店から、一般のお客さんが多い人気のレストランでありなが……

犬のニュース

大好評!愛犬とのお花見に持って行きたい手作りわんごはん♪「愛犬のための料理教室」開催レポート!

暖かくなってきたこの頃、もうすぐお花見シーズンですね! さてペット生活では3月20日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし「お花見」をテーマに愛犬……

犬のニュース

あの有名な犬や猫に会える!2月18日と19日、ナゴヤドームで東海地区最大級のペットイベント開催

画像出典:@Press 犬や猫のイベントが数多くありますが、そのほとんどが関東地区で行われます。関東まで距離があるエリアに住んでいる人たちにとっては「行きたくてもなかなか行く機会がない」の……

犬のニュース

飼い主ショック!? 愛犬とは「アイコンタクト」できないってほんと?

「目は口ほどにものを言う」のことわざ通り、意思の疎通に重要な「目」。スポーツの世界では「アイコンタクト」が使われるように、信頼関係があれば「言葉」なしでも通じ合えるようになりますが、残念なが……

犬のニュース

【きっと選びきれない!】かわいいわんこのLINEスタンプおすすめ9選

今や幅広い年代に利用されている「LINE」。かわいいスタンプがあるのは知ってるけど、なかなか探せないと少し残念ですよね。うちのペットに似たスタンプなんてないのかしらと思うことも!今回は愛犬の……

犬のニュース

社会人に聞いた!もしも一緒に暮らすなら『犬』『猫』どっち!?

ペットと一緒に暮らすと、精神的なストレスが軽減されるそうです。犬や猫をなでているだけで癒やされますからね。実際、日本でもペットを飼う世帯は増加傾向にあります。今回はペットと一緒に暮らしたいか……

犬のニュース