2016年6月20日更新

バーマンをお迎えしたい人に知ってほしい、バーマンのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

バーマンは、その特徴的な靴下を履いたような手足です。とても可愛らしい特徴ですが、残念ながら全てのバーマンがあるわけではありません。靴下の有無によって値段も上下するでしょう。

バーマンをブリーダーからお迎えする際に注意点はあるでしょうか?

 

ブリーダーについて


ブリーダーから購入するメリットは、精神的にも肉体的にも安定した健康な子猫を譲り受けることができる点です。

ブリーダーの下で、家庭の一員として産まれ育った子猫は、別の家庭に行っても同じように家庭の一員となれるでしょう。
生後間もなく母猫や兄弟から社会性を学び、精神的にも安定します。成猫になった際にも、飼いやすく人間にも懐きやすいでしょう。

また、ペットショップのように子猫の頃から遠距離で移動したりすることがないので、感染症の心配もありません。
心身ともに健康で、純血種の子猫を希望する場合には、ブリーダーが良いでしょう。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

バーマンはペットショップなどでも取り扱いが稀な猫種ですので、ブリーダーの数も多くはありませんが、諦めずに時間をかけて探しましょう。

見た目だけで猫を選んでしまうと先天的疾患があったり、目には見えない異常があるかもしれません。
必ず信用のできるブリーダーを探しましょう。

信用のできるブリーダーかどうかを見極めるためには、動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか問い合わせてみましょう。
日本で繁殖、販売をするためには、上記の登録が必須です。
それから、バーマンについての知識はしっかりとあるでしょうか?かかりやすい疾患や、生活する上での注意点などを説明してくれたでしょうか?

なにより、バーマンに対する愛情は感じられましたか?
愛情があれば、負担がかかったり異常が現れるような、繁殖はしないでしょう。

 

バーマンのブリーダーを探すには?

あまり有名な猫種ではないバーマンのブリーダーは、そう多くはないかもしれません。全国のブリーダーを紹介しているサイトでも、掲載されている子猫はとても少ないようでした。

バーマンのブリーダーは個人HPを持っている方が多いので、個人HPより問い合わせを行うと良いでしょう。
都道府県によっては、バーマンのブリーダーが存在していない可能性もあります。

キャッテリーを名乗ることができるブリーダーは、公的な機関から認証を受けたブリーダーだけ名乗ることができます。つまり、キャッテリーを名乗っているブリーダーは信用ができます。

下記サイトは、バーマン専門のキャッテリーです。
専門という点からも、バーマンについての知識が豊富で安心して譲り受けることができるでしょう。

Shwetsun Birmans

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダーについて紹介しましたが、他にもお迎えする方法はあります。

ペットショップは一番手軽で希少な猫でも取り寄せてくれるなど、人間にとってメリットは多くあります。
しかし、出産間もない頃に母猫から引き離されてしまうなど、猫にとっては幸せなことばかりではないかもしれません。

里親になるという方法もあります。
ハードルが高く感じてしまうかもしれませんが、ブリーダーを探すことと大差ありません。是非それぞれのメリット、デメリットについて理解できると良いでしょう。

バーマンの里親について知りたい方はこちらの記事も参考にしてください。
バーマンの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

バーマンをお迎えするために


それぞれのお迎え方法は一長一短です。お迎えする子猫に何を求めるかによって、正解も異なるでしょう。
絶対条件を挙げて、それに合致するところからお迎えができると安心です。

 
 

関連カテゴリ