2016年6月29日更新

【獣医師監修】犬のアジソン病〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬のアジソン病の原因
  • 犬のアジソン病の症状
  • 犬のアジソン病の対策
  • まとめ

犬のアジソン病という病気をご存知でしょうか。

アジソン病は腎臓の上の部分にある小さな器官、副腎で合成・分泌される副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。副腎がどういう機能を果たしているのか、また副腎皮質ホルモンがどれほど重要なものなのか知らないという人も多いと思いますが、アジソン病は犬の命にかかわることもある危険な病気です。

今回はそんな副腎皮質ホルモンの分泌異常がもたらすアジソン病について詳しくご紹介しましょう。


犬のアジソン病の原因

アジソン病は副腎から分泌される副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで起こる病気です。

副腎皮質ホルモンは糖の代謝や体内でのタンパク質の利用、血液の電解質レベル、免疫反応、炎症の制御など幅広く働く重要なホルモンです。

アジソン病を引き起こす原因には副腎自体の異常によるものと何らかの影響で副腎がうまく機能しなくなるものとに分けることができます。

副腎自体の異常によるもの

副腎自体が何らかの異常をきたすことで副腎皮質ホルモンの分泌量が低下し、アジソン病を発症することがあります。主な原因には自己免疫疾患や感染症、出血、悪性腫瘍などによる副腎の破壊があります。

何らかの影響で副腎がうまく機能しなくなるもの

体のほかの部分で起こっている疾患などが副腎に影響を与えることによってホルモンの分泌量が低下してしまうことがあります。

 
 

人気の記事