2016年6月14日更新

【獣医師監修】犬の慢性肝炎〜原因・症状と対策

 
 

    目次

  • 犬の慢性肝炎の原因
  • 犬の慢性肝炎の症状
  • 犬の慢性肝炎の対策
  • まとめ

犬が発症するととても危険な病気の一つに慢性肝炎というものがあります。

慢性肝炎は肝臓が長期にわたって炎症を起こしている状態を指します。徐々に症状が出るようになって長期間に渡り症状が続くものなので、体が麻痺してくることもあり、飼い主が気付けないこともよくあります。

肝臓は体の中でも重要な役割を担っている器官で症状が悪化すると取り返しのつかないことが起こることもあります。


犬の慢性肝炎の原因

肝臓は体の中でも重要な役割を担う器官で、ビタミンやホルモンの生成、炭水化物、脂質、たんぱく質の合成や分解、消化酵素の生成、体内の毒素の解毒などさまざまな働きを行っています。慢性肝炎はその肝臓で起こる炎症で、急性肝炎が長期化して慢性肝炎に発展したり、遺伝的に発生したり、有害物によって発生したりとさまざまな要因で発生してしまいます。

遺伝的要因によるもの

若齢で慢性肝炎を発症する場合、遺伝的要因により発症していると考えられています。

慢性肝炎を好発する主な犬種にはアメリカンコッカースパニエル、イングリッシュコッカースパニエル、ラブラドールレトリバー、ドーベルマン、スカイテリア、スタンダードプードルなどがあります。

中毒によるもの

何らかの有害物質が体に入ることで、時間をかけて徐々に肝臓にダメージを与える結果、慢性肝炎を引き起こしてしまうことがあります。

主な毒物には銅、抗痙攣薬、ヒ素、硫酸トリメトプリム、水銀、鎮痛剤、ホルモン製剤、ジメチルニトロサミン、オキシベンダゾールなどがあります。

感染症によるもの

ウィルスや細菌によって引き起こされた急性肝炎がうまく完治せず、長期に渡り炎症が続いた結果、慢性肝炎に発展してしまうことがあります。

 
 

人気の記事