2016年6月17日更新

ブリーダーからブルドッグを迎える時の選び方、メリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「お前は走らなくていい!!」と言われたかどうかは分かりませんが、走る事を求められなかった犬、ブルドッグ。その為に体はどっしりと重量感があり、その体を左右に揺らしながらの独特なフォームで歩きます。

昔は牛をいじめる役割があったので獰猛でしたが、その後の交配で今のような素直でおどけた、おっとり系の犬になりました。ブルドッグをブリーダーから迎える時は・・・

 

ブリーダーとは?

ブルドッグのブリーダーとは、平たく言えば「ブルドッグの繁殖をし、その世話やしつけを行って流通させる仕事」です。

ですがもちろんそれだけではなく、優良なブリーダーはブルドッグに惚れ込んで、ブルドッグのスタンダード(基準となる体重・体高・体の部分の形など)をきちんと理解して、それに近づけるブルドッグを生み出そうと日々努力を続けています。

その為に繁殖学はもちろんのこと、他にも、獣医学・行動学・遺伝学などを学び、幅広い知識と経験を積み重ねています。

このような優良ブリーダーからブルドッグを迎える事には沢山のメリットがあるのです。具体的には、どのような親犬から産まれた子犬なのかが明確に分かる事。遺伝性疾患や感染症の管理をしっかりと行っている為に、ほとんど病気の子犬がいない事です。

ペットショップですと血統が分かりにくかったり、購入後1ヶ月以内で病気の為に亡くなってしまった、なんて話もないとは言えません。また、ペットショップの場合は大抵間に中間業者が入っているので、その分中間マージンがかかり、店頭に並ぶ頃には高額になっている場合がほとんどです。

その点ブリーダーからの直接購入であれば中間マージンがありませんので市場価格よりも安価に、良い子犬が手に入ります。購入後も困った時はブリーダーに直接相談が出来るのも魅力的ですね!!

ブルドッグをブリーダーから迎える時の注意点


ブルドッグをブリーダーから迎える時はまず、「信頼出来るブリーダーを見つける事」です。というのも、世の中のブリーダーは自分の仕事に誇りを持った優良ブリーダーがほとんどなのですが中には、利益優先で母犬の負担は考えずにとにかく子犬を量産するような「パピーミル」と呼ばれる悪徳なブリーダーも存在しています

子犬を決める前に必ず、ブリーダーの元を訪れて、犬舎を見せて貰うようにされてください。衛生状態や犬の扱い方はどうかなど、見て分かる事は沢山あるはずです。

それにブリーダーと直接話をする事で信頼出来るブリーダーなのかそうではないかを確認する事ができます。繁殖計画についても聞いてみると良いでしょう。

優良ブリーダーは良い子犬を生み出すのが目標ですから、母犬に無理をさせて産ませる、なんていう事はないはずです。繁殖計画を聞いて、繁殖期ごとに出産させているようなら、そのブリーダーとのおつきあいは止めておきましょう。

そのようなブリーダーの元で産まれた子犬は健康管理がきちんとされているか疑問ですし、モラル違反をしているのであまりオススメは出来ません。

 

ブルドッグのブリーダーの探し方

では、優良ブリーダーはどのように探せば良いのでしょうか?やはりネット検索で探すのが一番効率が良いでしょう。ここでは、優良なブルドッグのブリーダーばかりを集めたポータルサイトをご紹介致します。

みんなのブルドッグブリーダー

こちらのサイトは独自の基準でブリーターを登録しており、口コミなども掲載していますので、良いブリーダーに出会える事間違えなしでしょう。

このサイトを通して子犬を購入した場合には、様々な特典も設けられているようですので、是非チェックされてみてくださいね!!

ブリーダー以外の探し方


これまで、ブルドッグをブリーダーから迎えるメリットなどをお伝えしてきましたが、「里親」という選択肢も入れておいて頂きたいのです。里親になる場合には、子犬ではないかもしれませんが生体代がほとんどかからない、というメリットがあります。

それになんと言っても、飼い主のいないブルドッグを幸せにしてあげる事が出来るのです。

里親になる方法は下記のリンクからご覧になれますので、是非ご一読ください!!

ブルドッグの里親になる方法