2016年6月6日更新

穏やかさと優しさが魅力的!ラブラドール・レトリーバーの世界

ペット生活

編集部

 
 

大きな体と穏やかでゆったりとした雰囲気が魅力的なラブラドール・レトリーバー。安定感のある骨太の体つきと優しく穏やかな表情が、見る人を落ち着いた気持ちにさせてくれます。でもラブラドール・レトリーバーの魅力は見た目だけではありません。ラブラドール・レトリーバー の魅力的な世界を少しご紹介します。


盲導犬としても活躍!訓練次第で名犬に

ラブラドール・レトリーバーと聞いて1番に思い浮かぶ姿は、盲導犬や介助犬として働いている姿かもしれません。

ラブラドール・レトリーバーの起源はカナダのニューファンドランド諸島で生活していた、水中回収犬だといわれています。当時はラブラドール・レトリーバーとは呼ばれておらず、ニューファンドランド犬の1犬種だったようです。中型で短毛のこの犬種は、水に関係する仕事に対して万能な能力を発揮し、猟師たちにとても重宝されたようです。

その後この犬たちはイギリスへと持ち込まれ、他のレトリーバー犬と掛け合わされることで、現在のラブラドール・レトリーバーが誕生したといわれています。ラブラドール・レトリーバーは水中でも陸上でも驚異的な回収能力を見せ、イギリスで人気を博します。ラブラドール・レトリーバーの能力の高さをうかがわせますね。

ラブラドール・レトリーバーの性格は基本的には穏やかで、人への攻撃性の少ない犬種だといわれています。人に喜んでもらうことが好きで、とても人懐っこい性格をしています。そしてなにより聡明で飼い主の指示に従順なので、とても訓練性の高い犬種だといわれています。

現在は警察犬や災害救助犬、麻薬捜査犬などの犯罪や災害の現場で活躍している犬や、介助犬、盲導犬、セラピー犬など人の生活に欠かせない仕事で活躍しているラブラドール・レトリーバーも多くいます。特に盲導犬や介助犬の場合は、ラブラドール・レトリーバーの優しく穏やかな見た目が人に受け入れられやすいとして、ラブラドール・レトリーバーが採用されることが多いようです。

盲導犬や介助犬などは複雑な仕事を覚えるだけでなく、パートナーとなる人の癖や動きを理解して自分の動きを決めていく適応力がとても大切です。そのような高度な知能を必要とする仕事もこなすことができるラブラドール・レトリーバーは、訓練次第でさまざまな可能性を秘めている犬種です。しっかりと訓練をすれば、自分たちのライフスタイルにぴったり合った素敵な伴侶犬になってくれるのも、ラブラドール・レトリーバーの魅力ですね。

 

ペット生活

編集部

 

人気の記事