2016年5月13日更新

【ゆめねこ譲渡会/第一部】猫が譲渡会に出るまでの道のりをご紹介します。

東京近郊で活動している、「ゆめねこ譲渡会」をご存知でしょうか?多くの猫を里親さんの元に送り出している譲渡会です。今回は「ゆめねこ譲渡会」の保護活動や猫が里親さんの元に行くまでを、三部構成でご案内します。第一部ではゆめねこ譲渡会の活動を通して、猫が譲渡会に出るまでの道のりをご紹介します!

ゆめねこ譲渡会の活動

「ゆめねこ譲渡会」とはどういう活動をしているのかお伺いしてきました。

ゆめねこ譲渡会とは

Q.ゆめねこの活動内容や発足理由は?

A.動物愛護精神の元、拾った子猫の貰い手を探す活動から始まりました。今では飼い主のいない猫の避妊手術の推進活動と、新しい飼い主の募集活動をしています。また東京都動物愛護センターから乳飲み子・負傷猫も引き取り、殺処分ゼロへの活動もしています。

Q.猫の譲渡会とはどのようなものですか?

A.譲渡会は、猫を飼いたい人と、新しい飼い主募集猫とのお見合いの場で、どなたでも参加することができます。

  • 動物愛護センターで殺処分されるのは、子猫がほとんどで、里親さんの元に送り出すことで確実に殺処分される子猫が減ります。
  • 殺処分される事が多い子猫が産まれないように避妊去勢をし、今生きている一代限りの猫を見守る「地域猫活動」と呼ばれる活動も行っています。

  

猫が譲渡会に参加するまで

猫1_1

譲渡会に参加する猫は、外で保護された猫か、動物愛護センターから引き取られた猫のため、どこにでもいるなんの変哲もない猫たちです。しかしそのまま譲渡されてしまえば、持病を持っている事や、人が怖くて全く懐かない猫が出てきてしまいます。ここでは猫たちが、ゆめねこ譲渡会に参加するまでをご紹介します。

猫がどこからきたか

Q.譲渡会に参加している猫はどこから来た猫?

A.捨て猫、地域の避妊活動で保護された外猫、動物愛護センターから引き取った猫などです。

  • 元々外猫だった猫が保護されるのは、危険な場所と判断された場合や、人懐こい場合などがあります。
  • 動物愛護センターにいる猫は、飼い主によって持ち込まれたケースも多くあります。

  

譲渡会の前に必ずしていること

猫1_a

Q.譲渡会にでる猫はどんな猫?どのような医療処置を受けていますか?

A.譲渡会へ参加できるのは、人馴れしている猫で、だっこができなくても撫でることができる猫です。必要な医療処置は、内外の駆虫、便検査、ワクチン、生後4ヶ月以上はウィルス検査(エイズ・白血病)、生後6ヶ月以上は不妊・去勢手術です。

Q.獣医師での診察で確認するべき必須項目は?

A.性別、便検査、ウィルス検査(エイズ・白血病)、生後6ヶ月以上は不妊・去勢手術、目やに鼻水など症状がないか必ずチェックしています。

Q.ゆめねこ譲渡会の開催にあたり気を使う点は?

A.不幸な猫が新しい家族を見つけて幸せになるための出会いの譲渡会です。内外共に清潔な猫として、医療処置、シャンプー、爪切り、耳掃除などは必須です。

外猫が家猫になるには長期間かかることもあり、その間に健康チェックやワクチンを済ませ、良好な健康状態で譲渡できるようしています。また、シャンプーや爪切りは猫同士の感染症を防ぐ目的もありますが、見学にくる里親希望の方が快適に見学できるように工夫しているようです。

譲渡会当日

譲渡会当日は緊張している猫が多いです。なるべくリラックスできるように布をかけて、外を見せないようにしたり、大きな音をたてないように気をつけているそうです。大きな音をたてたり、ゲージを無断で開けたりするのは絶対やめましょう。

猫が譲渡会に出るまで

猫が譲渡会に出るまでの流れをお伺いし医療処置の徹底や、譲渡会への気配りなど、猫と人どちらにも配慮された譲渡会と感じました。第二部では実際譲渡会に行ってみた時にどのようなことに気をつけて見学すればいいかをご紹介します。
第二部は【ゆめねこ譲渡会/第二部】譲渡会で運命の猫との出会い方ご紹介します。こちらからどうぞ!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】猫は外に出たがっている?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!猫は外に出たがっている? 外で飼う人もまだまだ……

猫のニュース

猫モチーフがキュート!スマホをしっかりホールドできるMallowのスマホリング

画像出典:PR TIMES 調べによるとスマートフォンの普及率は全世代を通じて68.7%なのだとか(総務省調べ)。電車や街中でもスマートフォンを片手にLINEやゲームをしている人をたくさん……

猫のニュース

【ニャンフェス3】力強く描かれた猫が魅力の「鯵ぽた屋」の器を絶対チェックすべき!

「鯵ぽた屋」では、マグカップやお皿など猫の絵付けがされた器が販売されていました。 とても猫が力強く描かれているため、他とは少し毛並みが異なる印象を受けます。このお皿でお魚食べたら、魚を器の……

猫のニュース

安全で効果抜群!ペットの飼い主さんなら1本常備しておきたい除菌・消臭水「エヴァテック ウォーター」

画像出典:@Press ペットを飼っている家庭で共通する悩みはペットの臭いではないでしょうか。特に室内にペット用のトイレを設置している家庭では、普段の生活は当然のこと、来客を気にする人も少……

犬のニュース

リンレイと岐阜大学の研究でわかった!「すべり止め床用コーティング剤」には犬の脚のトラブルを防ぐ効果が

走るのが大好きな犬のイメージにはそぐわないかもしれませんが、最近、脚の脱臼や関節炎などに悩まされる犬が増えています。その原因のひとつがフローリングなどのすべりやすい床。つるつるに磨かれた床は……

犬のニュース

【ニャンフェス3】猫好きさんを魅了するグッズがたくさんの「Bibitail」

猫がかわいいのは当たり前ですが、「Bibitail」の猫グッズは可愛いんだけじゃないんです! きっと猫好きさんなら気持ちを分かってもらえる、どれも欲しくてしょうがない!猫グッズばかりでした……

猫のニュース

【悲報】噛み付いた後に舐めるのはなぜ?!実は知りたくなかった猫の気持ち

仕事をしている横であからさまにつまらなそうな「ため息」。玄関を開けた途端に「にゃ~ん」 寂しかったよ!と言わんばかりのお出迎え。噛み付いた後のペロペロ…。 あ~、うちの猫ってば本当に……

猫のニュース

岩合光昭の猫の写真展が全国で開催!会場限定オリジナルグッズも見逃せない!

画像出典:PR TIMES 猫好きなら知らない人はいない写真家岩合光昭氏。アフリカなど世界中で野生の動物達を撮影するアクティブな活躍が知られていますが、中でも身近な猫の姿を捉える番組や写真……

猫のニュース

猫好き必見!2017年1月27日(金)から「ねこ休み展」@浅草橋、開催します!

画像出典:@Press:アットプレス 空前の猫ブームの中、猫の写真展や物販イベントはどこも猫好き達で満員御礼。会場は猫を身近に感じたり猫グッズをあれこれ選んだりする人達の幸せオ……

猫のニュース

猫のトイレや尿の臭い(泣)猫との暮らしで困ってしまう問題【後編】

困るのが突然の来客。普段猫と暮らしていると鼻が麻痺してしまいますが、猫を飼っていない友人は、閉め切った室内に招き入れると 「ナニこの匂い!」 と思うようです。猫はほとんど体臭はあ……

猫のニュース

黒猫・サビ猫をとびきり可愛く撮ってみよう!

我が家には黒猫「かりんとう」と、サビ猫「ざらめ」という、写真が撮りにくい2大巨塔がいます。 今のスマホのカメラ機能は処理能力がすごく優れていますが、ひと昔前のスマホではお手上げ。細かい設定……

猫のニュース

【minne作家インタビュー】リンゴで遊ぶ猫さんモチーフのiPhoneケース作家さんにインタビュー!

「minne」で販売されているリンゴのマークが気になる猫さんが可愛いiPhoneケースのクリエイターSasaさんにインタビューしました! 作品作りを始めたきっかけ・時期は? 元々……

猫のニュース

なんの役に立つかはわからない?!知って楽しい猫のトリビア

なんの役にたつのかわからない知識なんて知ってどうなるの?と思うかもしれません。 役立つ知識を紹介する方が人のためにはなるでしょう。 しかし知っていても役にたつのかわからない知識は、人の興……

猫のニュース

猫にも「食べ物アレルギー」がある!気をつけたい猫の食べ物の悩みとは

なぜか顔まわりを激しく引っ掻く。自分の体を噛んでグルーミング…。 猫が自分の体を(特に顔まわり)を激しく痒がる場合、それは「アトピー性皮膚炎」かも知れません。 アトピー性皮膚炎の……

猫のニュース

「吉祥寺ねこ祭り」猫好きが集まって今年も好評開催中!

「吉祥寺ねこ祭り」は毎年10月に吉祥寺で行われている猫好きのためのプロジェクト。吉祥寺周辺の施設や公共スペース、協力店舗などで実施される地域型のイベントです。開催6回目を迎える今年は猫が登場……

猫のニュース