2016年6月20日更新

ペルシャをお迎えしたい人に知ってほしい、ペルシャのブリーダーについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ペルシャは猫の王様とも呼ばれ、瀬角も穏やかであまり鳴かずにマンションなどでも飼いやすいので人気もあります。しかし基本的にマイペースのため、人間に構われすぎるのは好みません。一人暮らしで忙しくても、一緒に暮らしやすいでしょう。

そんなペルシャをブリーダーからお迎えするためには、どんなことに注意が必要でしょうか?

 

ブリーダーについて


まず、ブリーダーからお迎えするメリットはどんなところにあるのでしょうか?

ブリーダーは、一般家庭で開かれている場合がほとんどです。ブリーダーで産まれた子猫は産まれた時から家庭の一員です。
そのため、一般家庭に迎えた際にも家族の一員として馴染むことができる点は、メリットでしょう。

それから、心身ともに安定した子猫をお迎えすることができます。
ペットショップで販売されている子猫も、元々はブリーダーで産まれた子猫です。しかし、生後間もなく母猫や兄弟と離され、社会性を学んだり、他の猫との関わり方を学ぶ機会がなく、また長距離の移動によってストレスも感じてしまいます。

ブリーダーでは、移動もなく母猫や兄弟と過ごす時間もたっぷりとあり、社会性を身に着けることができるでしょう。ケージなどに入らず、自由に遊びまわることもできるためにストレスも最小限で済むでしょう。
ブリーダーからであれば心身ともに健康な子猫をお迎えできるのではないでしょうか。

ブリーダーからお迎えする時の注意点

ブリーダーの中には、金銭目的のため近親交配や遺伝的な疾患を考慮せずに、交配している場合もあるでしょう。
悪徳ブリーダーからお迎えしないために、まずは動物取扱業と動物取扱責任者の登録がされているか確認してください。

ペルシャについての知識は豊富か?飼育上の注意点や、ペルシャの性格や個性について説明はしてくれるか?なども確認するとよいでしょう。
人柄ももちろん重要です。ペルシャに対する愛情が感じられれば、信用できるのではないでしょうか。

見学に行った際には、猫の生活環境も注意して見てください。清潔に保たれていますか?いつでも新鮮な水が飲めるように配慮されているでしょうか?
母猫や兄弟の様子も見てみましょう。

 

ペルシャのブリーダーを探すには?


ブリーダーを探すために、一昔前は新聞などに掲載された広告から問い合わせをする必要がありました。
昨今ではインターネットで簡単に探すことができます。

しかし、ブリーダーの中には個人のHPを持たない方もいます。そのため、まずは下記のようなサイトでペルシャを取り扱っているブリーダーを探しましょう。
タイミングが悪ければ、子猫がいないこともあります。それでも、まずは問い合わせをしてみることをお勧めします。次回の出産予定などを教えてくれるでしょう。

みんなのペルシャ子猫ブリーダー

ブリーダー以外のお迎え方法

ブリーダーについて説明しましたが、お迎えする方法は他にもあります。
一番簡単にお迎えできる方法は、ペットショップでしょう。取り寄せなどを行っている店舗もあります。

最近では、里親としてお迎えする方も増えています。
里親募集はツイッターやフェイスブックなどでも掲載されていますし、専用のサイトもあります。ペットショップほど簡単ではありませんが、ブリーダーを探すのと大差ないでしょう。

一度、里親について知ってみてはいかがでしょうか?
ペルシャの子猫の里親になる方法と里親を探す方法

ペルシャをお迎えするために

インターネットのお蔭で様々な方法について簡単に知識を得ることができるようになりました。是非、それぞれのメリット、デメリットを知ってください。

そのうえで、自身の求める子猫がどこにいるのか考えてお迎え方法を決めましょう。

 
 

人気のドッグフードは?獣医師おすすめの「ドッグフード」ランキング

特に近年日本で注目されているドッグフードは「人が食べるご飯の様に高品質なプレミアムドッグフード」です。獣医師がおすすめする高品質なプレミアムドッグフードをランキング形式でご紹介!

ドッグフード

おすすめのグレインフリーキャットフード15種をランキング!評判の良いキャットフードは?

猫のフードで最近人気なのが「グレインフリー」。グレインフリーのキャットフードにはどのようなメリットがあるのでしょう?おすすめのグレインフリーキャットフードをランキング形式で紹介!

ドッグフード