2016年6月15日更新

ブリーダーからグレート・デーンを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

巨体ですが愛想は良く優しく、子供とも仲良く出来るグレート・デーンは、ドイツ原産の犬種です。その堂々とした態度と足も長く、体高も高い姿に、憧れを抱く方も多いのではないでしょうか?

今回は、グレート・デーンをブリーダーから迎える時の選び方やメリットなどをお伝えしていきます。

 

グレート・デーンのブリーダーとは?


グレート・デーン自体が超大型犬ですので、ストレスなく育てるために広々とした敷地でブリーディングを行っています。ショーに出るようなグレート・デーンを育てていたり、逆に外見ではなく性格重視で育てているブリーダーもいて、個性豊かです。

ブリーダーからグレート・デーンを購入するメリットは沢山あります。まず親犬が明確になっているので、どういう性格なのか、成犬になった時の体格はどうかなど、ある程度予測をつける事が出来ます。

優良なブリーダーであれば遺伝疾患や恐ろしい感染症の管理などもきちんとしているので、買ってすぐに子犬が病気になったとか亡くなってしまったなどという事はほとんどありません。

また、ペットショップと違い間に複数の業者が入りませんので中間マージンがかからず、安価で良い子犬が手に入る事、購入後も困った時はブリーダーへ相談出来るなどです。

優良ブリーダーはまるで我が子のようにグレート・デーンを飼育していますので、愛情いっぱいに育った子犬は扱いやすく、家庭に来てからも良い伴侶犬となってくれる事でしょう。

グレート・デーンをブリーダーから迎える時の注意点

まずは優良なブリーダーを見つける、という所から始まります。実際にブリーダーの元へ見学に行くのが一番でしょう。

中には、「パピーミル」と呼ばれるようなとにかく子犬を量産して利益を得ようとする悪質なブリーダーも存在しています。そのようなブリーダーは見学を断ることがありますので、きちんとした理由もなく見学を断るブリーダーとは付き合わない方が良いでしょう。

見学に行く際には、必ず事前にブリーダーへ連絡を取り、訪問する日時を決めるようにされてくださいね。アポなしで行っても、ブリーディング上都合が悪く、せっかく行ったのに見学出来ない、という可能性もあります。

また、感染症などを防ぐために、1日に複数のブリーダーを回ったり、ペットショップに行ってからブリーダーをたずねる、という事も避けた方が良いです。

マナーを守ってストレスのない見学をしたいものですね。ブリーダーも自分が育てた可愛いグレート・デーンをどういう人が飼うのか見ているはずなので、あまりに無神経だと譲渡を断られてしまうかもしれませんよ。

 

グレート・デーンのブリーダーの探し方


優良なグレート・デーンのブリーダーはどのように探したら良いのでしょうか?
ここでは、優良ブリーダーや、優良ブリーダーを集めて紹介しているサイトをいくつかご紹介します。

愛情を持ってグレート・デーンを育てているブリーダーばかりですので、是非チェックされてみてください。

ロイヤルエスコートケンネル
みんなのグレートデンブリーダー
子犬の利根リバーサイド
WAREHOUSE

どれも良いブリーダーばかりです。ご自身に合ったブリーダーを探してみてくださいね!!

ブリーダー以外の探し方

ブリーダーからグレート・デーンを迎えるメリットは沢山あるとお話しましたし、肉体的にも精神的にも健全な子犬を迎えることは生活に潤いを与えてくれ、素晴らしい伴侶犬になってくれることと思います。

ブリーダーからグレート・デーンを迎える方法の他に、「里親」という手段もある事を頭の片隅に置いておいてください。

そうは言ってもグレート・デーンは日本では頭数が少ない犬種ですので、そう多くは里親募集情報が出ていないのが現状でもあります。

グレート・デーンの里親になる方法は下記のリンクに記載してありますので、ご興味のある方はご一読されてみてください。

グレート・デーンの里親になる方法

良いグレート・デーンとのご縁がありますように!!

 
 

関連カテゴリ