2016年6月15日更新

ブリーダーからボルゾイを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ロシア原産のボルゾイは、厳しい寒さの中でも自由に体を動かして獲物を追いかけることができる、走ることが得意な犬種です。独特の細い体の線とスラっとした面長な顔、その気品溢れる動きに憧れを抱く方も多いでしょう。

ブリーダーからボルゾイを迎える時の選び方、メリットなどはあるのでしょうか?

 

ボルゾイのブリーダーとは


ボルゾイのブリーダーは、貴族のようなボルゾイの出で立ちのように、誇り高くブリーディングを行っている方が多いように思います。

特に、アメリカのトップケンネルからのボルゾイを飼育している千葉のベリサウルス犬舎は有名です。純白で顔が小さなトップモデルのようなボルゾイが揃っています。

このような優良ブリーダーからボルゾイを迎えるメリットとしては、血統が明確で遺伝性疾患や感染症のリスクが少ないこと、子犬のとって重要な社会化期(周りの犬との関係など社会を学ぶ時期のこと)を親・兄弟と一緒に過ごしているので落ち着いた犬が育つこと、

ペットショップのように中間マージンがないので比較的安価で良いボルゾイが手に入ること、購入後も困った時はブリーダーに直接相談ができること、などが挙げられます。

ボルゾイをブリーダーから迎えるときの注意点

注意点としてはまず、「信頼できる優良なブリーダーをみつけること」です。そのためには必ず、見学に行くことが大切です。

実際に行って犬舎の様子や犬を見て、ブリーダーとも話して信頼出来るか否かを確認することが大切です。

見学を断るブリーダーは悪質なブリーダーの可能性がありますので、それ以上おつきあいしなくて大丈夫です。見学を歓迎してくれる、丁寧に対応してくれるブリーダーを選んだ方が良いでしょう。

ブリーダーの元に見学に行かれる時は必ず事前に連絡を入れることと、感染症のリスクを高めないために、同日に他のブリーダーやペットショップに行ってから見学に行かないことを心がけてください。

 

優良なブリーダーの探し方


それでは、優良なボルゾイのブリーダーは、どのように探せば良いのでしょうか?ここでは優良ブリーダーや優良ブリーダーばかりを集めた紹介サイトをいくつかご紹介致します。

是非ご自身の目で見て、フィーリングの合いそうな良いブリーダーを見つけられてください。

ブリーダー以外の探し方

ブリーダーからボルゾイを迎える方法としては、「里親」という手段がありますが、ボルゾイは日本での飼育頭数が少ないこともあり、里親募集がされることはあまりないと言って良いでしょう。

ですが、根気よく探せば出会える可能性はゼロではありません。詳しいボルゾイの里親になる方法は下記のリンクに記載されていますので、ご興味のある方は是非ご覧になってみてください。

ボルゾイの里親になるにはどうしたらよい?

 
 

関連カテゴリ