2016年5月5日更新

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイレがわからなくなってしまうこともありますが、それ以外の理由で粗相が増えることもあるのです。

今回は、それ以外の理由にフォーカスを当てて対策をご紹介していきます。

完璧は、もう無理と捉える

いきなり諦めろ、となってしまいますが、やはり老犬に粗相はつきものです。人間も高齢になればオムツやライナーを使用している方もおられますよね。

筋力が低下し、尿意を感じることもだんだん鈍くなり、トイレが間に合わなくなってきますので、ある程度漏らしてしまう、所定の場所で出来ないのは仕方ないことだと理解して下さい。

ただし、毎回毎回粗相の片付けに付き合うのも疲れてしまいますよね。ある程度粗相があるというのを理解した上で、対策することをおすすめします。

対策

トイレを広くする

犬の場合、いくつかトイレを増やしても新しい場所をなかなか覚えられず結局いつものところでしかしないことがあります。ですので、トイレを増やして粗相を減らそうというのはあまり効果的ではありません。

一つ目の対策としては、トイレの範囲を広くすることです。若い頃はペットシーツをむき出しにしているとかじったり、やぶったりして遊んでいた犬も、老犬になるとシーツを見向きもしないことが多いので、ペットシーツを数枚並べて広く起き、滑り止めやテープなどを貼ってトイレを広くしてあげてください。これで体の位置を間違えて、排泄がトイレから外れてしまったりするのを防ぐことができます

また、老犬は1回の尿量が減り、回数が増えることがありますので、同じシーツに何度も排泄することができない綺麗好きの犬にも対応することができます。

留守番中や、ちょっと目を離している隙に1回目の排泄をしていて、気づかずに放置していると2回目をどこでするか迷い、結局違うところでしてしまった、ということもなくなるでしょう。

距離を縮める

老犬は寝ていることが多く、起床したあとに排泄することがあります。尿意を感じるのも鈍く、尿路を締める筋肉も衰えていますので、起きがけでトイレが遠いと途中違うところでしてしまうことがあります。

対策として、いつも寝ている場所やベッドの近くにトイレを移動しましょう。そうすればすぐにトイレに行って正しく排泄することができるでしょう。

おむつをする

かなり高齢になってくると、歩いたり、起き上がったりするだけで尿がポタポタと垂れてきてしまうことがあります。そうなると寝床や床が不衛生になってしまうので、尿漏れが始まったらおむつをつけるようにしましょう。

しかし、四六時中付けていると群れて皮膚炎を起こすこともありますので、飼い主さんが見ていられる時間や、細かくお世話ができる時間は外してあげるようにしましょう。

粗相をしてしまったら

粗相をしてしまったとしても、決して叱らないでください。もう何年も飼い主さんと一緒にいるので、子犬の時のトレーニングのように、叱っているのに遊んでもらっていると勘違いするからではありません。

怒られていると理解しているからこそ、排泄したことで怒られていると判断し、飼い主さんがいる前で排泄をしなくなってしまうことがあります。一緒にいる時間は一生懸命我慢するので膀胱炎になることもあります。排泄の様子をチェックできないと、飼い主さんも犬の体調の変化を受け取ることが出来ず、病気の発見が遅れることがありますので、排泄を我慢させることは非常に危険です。

粗相をしてしまったら、黙って後片付けをして、匂いが残らないようにきちんと掃除をしてください。例えばブランケットやクッションなど、場所が移動できるものに粗相をしてしまった場合は、もう犬の近くに置かないのが無難でしょう。洗濯や除菌をしても、犬の嗅覚にはわかるわずかな匂いが残っていると、また粗相をしてしまう原因となります。

とにかく褒める

子犬の時のように、トイレが成功したらたくさん褒めてあげてください。そうすれば、ここでトイレをすればたくさん褒めてもらえる、と再認識し、粗相をすることも少なくなるでしょう。

身体的な原因の粗相は減らすことは出来ませんが、決まった場所でトイレをする理由がボヤけてしまったり、粗相を繰り返すことによってトイレはどこでもいいんだ、と思ってしまうことなどの意識的な粗相はしつけや飼い主さんの働きかけで改善していくでしょう。犬は一生学習していく生き物ですので、老犬になってからも時間はかかりますが、しつけし直すことができますよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

写真集『うさぎのモキュ様』その②【うさぎのモキュ様ブログ】

ブログ更新を理由に、子供を幼稚園に送った後 スタバで ウマスウマス^q^するのが目的になってきているwww モキュ様のおかんですw 今日は、新作ストロベリーディライトフラペチーノ!……

ブログ

【獣医師監修】犬の動脈管開存症~原因・症状と対策

犬の動脈管開存症は、動脈管という血管が原因で起こる先天性の心疾患です。動脈管は犬が胎児のときに心臓の大動脈と肺動脈をつないでいた血管で、通常は生後しばらくすると閉鎖します。しかし動脈管開存症……

【獣医師監修】痩せているようでも肥満?愛犬の健康は体重ではなく体脂肪率で測ろう

人間の検診では体重とともに体脂肪率を測ることはごく当たり前のことになりました。同じ体重でも重い筋肉が占める割合が多い場合と、軽い脂肪が占める割合が多い場合とでは体の組成や健康状態がまったく違……

望まない妊娠を防ぐため。発情期の雌犬について獣医師が詳しく教えます!!

避妊をしていない雌犬の多くは、年に2回の発情期を迎えます。避妊をしていない雌犬が避けては通れない、発情期のケアについて一度見直してみませんか?発情期を迎えた雌犬には、発情出血が見られたり、神……

むやみに触ってはいけない? 獣医師に聞いた犬・猫の「しっぽ」のヒミツ

犬や猫の「しっぽ」は、ヒトにはないだけに謎の器官です。子どもの頃、よく大人から「犬・猫のしっぽをさわったらダメ」と言われたものですが、何か理由があるのでしょうか。獣医師で、とよす動物病院(東……

猫の雑学