2016年5月5日更新

【動物看護士が解説】度重なる老犬の粗相。正しい改善策は?

 
 

    目次

  • 完璧は、もう無理と捉える
  • 対策
  • 粗相をしてしまったら
  • とにかく褒める

若い頃はきちんと決まった場所で排泄出来ていたのに、シニアの仲間入りをしてから粗相が増えた、なんてことありませんか?「認知症かしら?」と思う方もいると思います。実際に、認知症になってしまいトイレがわからなくなってしまうこともありますが、それ以外の理由で粗相が増えることもあるのです。

今回は、それ以外の理由にフォーカスを当てて対策をご紹介していきます。


完璧は、もう無理と捉える

いきなり諦めろ、となってしまいますが、やはり老犬に粗相はつきものです。人間も高齢になればオムツやライナーを使用している方もおられますよね。

筋力が低下し、尿意を感じることもだんだん鈍くなり、トイレが間に合わなくなってきますので、ある程度漏らしてしまう、所定の場所で出来ないのは仕方ないことだと理解して下さい。

ただし、毎回毎回粗相の片付けに付き合うのも疲れてしまいますよね。ある程度粗相があるというのを理解した上で、対策することをおすすめします。


対策

トイレを広くする

犬の場合、いくつかトイレを増やしても新しい場所をなかなか覚えられず結局いつものところでしかしないことがあります。ですので、トイレを増やして粗相を減らそうというのはあまり効果的ではありません。

 
 

動物看護士/トリマー