2016年5月3日更新

【動物看護士が解説】困ったあの症状に役立つのは、薬じゃなく食事?

病気というほどではないけれど、気温の変化でお腹の調子を崩したり、猫であればお腹に毛玉が溜まってしまったり。避妊去勢手術をしたら、丸々と太ってしまった、なんてことありませんか?もしかしたら、食事が強い味方になってくれるかもしれませんよ。

病気じゃないけれど…

人にもなんとなく気分が悪い時や、身体がだるい時ってありますよね。その度に病院へ行って、治療してもらっていますか?病院へ行かないのは何故ですか?多くの場合は病気と呼べるほどのものではないからですよね。

犬や猫も同じで、毎日健康で快適に過ごせているわけではありません。ちょっと食欲がなかったり、お腹がうずうず痛かったり、そんな時に役に立つのが薬ではなく、食事なのです。

毛玉が溜まってる?

食欲がいつもよりなくなって、吐きそうだけど吐かないことや、胃液ばかりを吐いているということはありませんか?原因の一つとして考えられるのは毛玉が溜まってしまっているということ

そんな時は、市販で売っている毛玉ケアと表記してあるごはんや、療法食を買ってみましょう。一度食べただけでは効果はありませんので、継続して食べることが大切です。

今まで普通のごはんを食べていて、定期的に毛玉による吐き気が起きている猫は、毛玉ケア系のごはんに切り替えることをおすすめします。

便秘気味?

猫に多いのが便秘。水分を積極的に摂らせようと思ってもなかなか難しいもの…

便秘におすすめしたいのは、療法食の”消化器サポート 可溶性繊維”。これは市販では売っておらず、動物病院で購入することができます。

効果はテキメンで、2~3日食べ続ければ便の出は良くなるでしょう。味にこだわる猫で、一袋買うのが不安であれば大抵の動物病院には療法食のサンプルが置いてありますので相談してみましょう。

固い便を出す時にお尻が切れてしまったり、吐き気が出たり、痛くて鳴いたりする猫の飼い主さんは是非検討してみてくださいね。

食欲旺盛で太り気味…

ダイエットをしたいけれど、ごはんを減らすと足りないと要求してくる犬におすすめなのが、体重管理用のごはん。市販でも肥満用は売っていますが、やはり効果がきちんと期待できるのは療法食です。とにかく量を食べたくてカロリーを落としたい犬には”満腹感サポート”がおすすめです。

そのほかにもダイエット用の食事はたくさんあり、小型犬でも食べられる小粒のごはん”r/d”や、美味しく痩せられる”メタボリックス”など、たくさんの種類があります。それぞれ特化した特徴がありますので、試してみたい方はかかりつけの動物病院に相談してみて下さいね。

避妊去勢手術後、太り始めた?

避妊去勢後に太り始める犬猫は結構いるもの。ホルモンの関係で太りやすくなってしまうことが原因です。市販でも、療法食でも、避妊去勢後のカロリーを落としたごはんとして売り出されているものがありますので、それらの表記がされてあるものに切り替えるのが良いでしょう。

猫の療法食であれば、”メールケア””フィーメールケア”、犬の療法食であれば”ニュータードケア”などの種類があります。味や食べ応えに好みがありますので、色々と試してみるのが良いでしょう。

シニアはいつから?

シニアの仲間入りをすると、若い頃に比べて活動量が減るので、いつも通りごはんを食べていると太りやすかったり、消化機能が低下しているので便の様子が変わったりします。

シニア用フードはそれらのサポートをするごはんなので、大体7、8歳になったらシニア用に切り替えることをおすすめします。まだまだ外見的に若く見えていても、体の中から老化は始まっています。フードの外装に◯歳から、と書いてあるものもありますので、それを参考にしてみるのが良いでしょう。

犬猫に合ったものを

このように、犬猫のごはんと一口にいっても、様々な種類があることがわかりますよね。最近では犬種別のごはんも出ていて、そのごはんを食べて調子が良いのであれば続けるのが良いでしょう。

市販と療法食を比べると、目に見えて効果があるのは、やはり療法食です。少し値段は高くなり、買いに行く手間もかかりますが、快適な生活をさせてあげるためにも検討してみるのも良いかもしれませんよ。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

意外と多い『春先の熱中症』について獣医師が解説!!

寒かった冬も終わりが近づき、暖かい日が増えてきましたね。実は春先は、『熱中症』を起こしてしまう愛犬が増えてくる時期でもあります。熱中症は、暑い夏だけの問題ではないのです。今回は、意外と多い、……

【獣医師が教える!】愛犬の状態に合ったドッグフードの選び方

近年、ペットの健康維持への関心が高まってきていることもあり、量販店や動物病院、インターネット通販などで、驚く程たくさんの種類のフードが販売されています。ずらりと並んだ多種多様なフードの中から……

自宅で出来る愛犬の手入れのポイント、動物看護士が教えます!

愛犬のシャンプーや爪切りなどの手入れは月にどのくらい行っていますか?毎回トリミングサロンにお願いしていますか?出来ればもっと頻繁にトリミングサロンにお願いしたいけど、お金のこともあるし、回数……

【獣医師監修】犬の回虫症〜原因・症状と対策

犬の回虫症は、イヌ回虫もしくはイヌ小回虫によって引き起こされる犬の病気です。主に犬に感染して問題となるのは、病原性がより強いイヌ回虫に感染した場合です。また、イヌ回虫は人に感染する危険性もあ……

ストレス?換毛期?病気?犬猫の抜け毛について獣医師が詳しく教えます!

春に増える、犬や猫の抜け毛。犬種・猫種によっては、ごっそり大量の毛が抜けることもあり、家の中が毛だらけで毎日の掃除が本当に大変、という方もいるでしょう。春は換毛期といって、犬や猫の毛が生え変……

預けるべき? 連れて行く? 獣医師が教える、家族で遠出するときのペットのベストな対応法

ペットを飼っている人にとって、家族全員で帰省や旅行をする際、ペットをどうするかということは大きな悩みのタネです。預けるべきか、連れて行くべきか、預けるとしたらどんなペットホテルがいいかなど、……

【トラブルと対処方法】外出、外泊でおきた体験談。

だんだん暖かくなってきて、ペットと一緒のおでかけをする方も増えてくる季節です。今回は外出、外泊でおこったトラブルの体験談を集めてみました。獣医師さんのコメント付きなので、外出・外泊を計画中の……

愛犬のための手作りごはん教室を開催!見た目も可愛いワンコごはんが完成♪

10月18日、講師に犬ごはんの料理教室【wanbino】を主宰している水野雪絵先生をお招きし、『愛犬のためのワンコイン料理教室』を開催しました!! 犬や猫の平均寿命が30年前と……

【動物看護士が解説】老犬の『食事介護』正しい方法を解説します

犬が高齢になり、顎の力が弱まったりすると今まで食べていたドライフードを食べられなくなることがあります。そのまま丸呑みをしても大丈夫ですが、歳とともに消化機能も落ちていくため、本来ならば年齢に……

クスッと笑えてほっこり温かい癒し系ねこマンガ『ずぅねこ』とは?

画像出典:PR TIMES 9月19日発売の、動物園で暮らす猫たちと動物や職員たちとのふれあいを描いた癒し系コミック『ずぅねこ ~とくがわ東どうぶつ園日記~』!!人気急上昇で、発売後たちま……

【獣医師が教える!】愛犬・愛猫のライフステージ別ペットフードの選び方

愛犬や愛猫の健やかな暮らしには、健康的な食習慣が欠かせません。最近では、各メーカーからとてもたくさんの種類のフードが販売されています。 ずらりと並んだたくさんの種類のフードの中から、ど……

ドッグトレーナー直伝!外でしかトイレをしない愛犬…雨の日のトイレ対策

「トイレを外でしかしないので、雨の日も散歩が必要!」そんな声を耳にしたことがあると思います。まもなく梅雨がやってきます。今回は、雨の日のトイレ対策についてお話いたします。 外でしか排泄……

ペットロスになった飼い主さんを救う。『虹の橋』の物語とは…?

画像出典:PR TIMES 世界中で語り継がれている【虹の橋】というお話を知っていますか? 原作者不詳のまま世界中に広まり、様々な言語に翻訳され世界各国の人々をペットロスから救っ……

猫のニュース

獣医師に聞いた! 絶対にワンちゃんに「やってはいけない」しつけかたとは?

飼っている犬が、手をかんだときや家具をかじったとき、どの程度叱ればいいか悩むことがあります。「しつけの方法や叱るべき範囲は犬によって異なりますが、どの犬にも共通のNG行為はあります」と話すの……

【動物看護師が徹底解説!】薬とフードの相性ってあるの?

我々人間は、病院や薬局に行くと他に飲んでいる薬やサプリメントはないか、薬を飲むときに特定の飲み物は避けてほしいなど薬の飲み合わせに関して、様々な決まりがありますよね。病気を治すための薬ですか……