2016年6月15日更新

ブリーダーからサモエドを迎える時の選び方やメリットは?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

真っ白な被毛とサモエドスマイルを呼ばれる笑顔が印象的な犬種です。性格はいたって温和で誰とでも仲良くなれますが、頭が良い分いたずらを考えつくのも得意なので、退屈をさせると何か仕掛けてくるかもしれませんよ!?

サモエドをブリーダーから迎える時は、選び方やメリットなどはあるのでしょうか?

 

サモエドのブリーダーとは


サモエドは活発でそれなりの運動量が必要な犬種ですので、広大な広場を持ち、晴れた日中は思いきり遊ばせているブリーダーが多いです。健康で健全なサモエドを繁殖させるには、やはり運動が不可欠なのでしょう。

オーストラリアの検査を通っているので、先天性の失明のリスクが100%ないサモエドを飼育している、というブリーダーもいます。

また、優良ブリーダーはどのブリーダーも愛情たっぷりに家族だと思って育てています。せっかく見学に行っても、サモエドを飼う環境にふさわしくないと判断されたり、興味本位で行ったりすると、子犬の譲渡を断られてしまうこともあるようです。

やはり、それなりに運動をさせられるのか、最後まできちんと責任を持って飼ってもらえるのかなど、ブリーダーにとっては我が子を預けると同じことですから、重要な問題なのでしょう。

このような優良ブリーダーからサモエドを迎えることには沢山のメリットがあります。例えば、大切に育てられていますので遺伝性疾患や感染症のリスクが少ないこと、子犬にとって重要な社会化期(他の犬との関係性などを学ぶ時期)を家族と過ごしているので落ち着いた性格の犬になるなどです。

他にも、中間マージンがないのでペットショップよりも安価に良い犬が手に入ったり、購入後も困った時にはブリーダーに直接相談が出来るなど、良いことずくめですね!!

サモエドをブリーダーから迎える時の注意点

信頼出来るブリーダーをまずは探すことが必須です。そのためにも必ず見学に行かれてください。よほどのことがない限り、優良ブリーダーであれば見学を断ることはないはずです。

逆に、どういう人が可愛いサモエドを飼うのかを確認することが出来るので歓迎してくれるはずです。悪質なブリーダーであれば見学を断ることもありますので、そういう場合は止めた方が良いでしょう。

良さそうなブリーダーが見つかったら、見学に行く前に必ず連絡を入れるようにされてください。ブリーディングの都合上、突然行っても見れないこともありえます。

あとは、感染症を防ぐために、同じ日に他のブリーダーに行ったり、ペットショップには行かないようにされてください。

犬の感染症は強力で、1匹がかかるとその犬舎全滅、なんてことも考えられます。充分に注意して見学に行かれるようにしてくださいね。

 

優良ブリーダーの探し方


ではサモエドの優良ブリーダーはどのように探したら良いのでしょうか?ここでは、良いブリーダーが掲載されているサイトをいくつかご紹介致します。

どなたも優良なブリーダーばかりなので安心です。ご自身に合った方が見つかると良いですね!!

ブリーダー以外の探し方

サモエドをブリーダー以外で手に入れようとしたら、「里親」という選択肢があります。ただ、サモエドは日本での飼育頭数がそこまで多くありませんので、里親募集されているサモエドを見つけるには少々根気が必要かもしれません。

詳しい情報は下記のリンクに記載されていますので、ご興味のある方は是非ご一読ください。

良いサモエドとの出会いがありますように!!

サモエドの里親にはどうやってなるの?

 
 

関連カテゴリ